JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > なでしこジャパン > 2019 SheBelieves Cup TOP > 最新ニュース一覧 > イングランド女子代表との大一番に向けて最後の準備~なでしこジャパン 2019 SheBelieves Cup(2/27-3/5@アメリカ)

ニュース

イングランド女子代表との大一番に向けて最後の準備~なでしこジャパン 2019 SheBelieves Cup(2/27-3/5@アメリカ)

2019年03月05日

イングランド女子代表との大一番に向けて最後の準備~なでしこジャパン 2019 SheBelieves Cup(2/27-3/5@アメリカ)

2019 SheBelieves Cupに出場しているなでしこジャパンは4日(月)、大会最終戦のイングランド女子代表戦に向けて最後の公式練習を行いました。

この日は心配していた雨も明け方には止み、15:30の公式練習開始時には前日に続き気温がおよそ26℃を記録する暑い一日となりました。冒頭15分のピッチ外ウォーミングアップではマーカーを置いてアジリティメニューを行い、その後のピッチ内練習ではサイドからのクロスにゴール前で合わせるトレーニングや、イングランドとの実戦を意識した具体的なメニューをこなして1時間の公式練習を終えました。

試合が行われるスタジアム「Raymond James Stadium」はアメリカンフットボールのタンパベイ・バッカニアーズのホームスタジアムです。バッカニアーズ(=海賊)の名の通り、スタジアム周辺には海賊旗をモチーフとしたチームエンブレムが装飾されていますが、最も驚くべきは、スタジアム内に本物の海賊船が設置されていることで、タンパベイ・バッカニアーズの試合中にはこの海賊船の砲台が火を噴いて会場を盛り上げます。

このスタジアムではSAMURAI BLUE(日本代表)が2014年のFIFAワールドカップブラジル大会前にコスタリカ、ザンビアと国際親善試合を2試合戦った会場としても知られています。それぞれの試合で3-1、4-3と制したSAMURAI BLUEに続いて再びこの会場で勝利を収めることができるか注目が集まります。

2019 SheBelieves Cupの第3戦は、ここまで1勝1分の勝ち点4で首位に並ぶイングランドとの直接対決となり、この試合に勝つとその時点で優勝が決まりますが、仮に引き分けた場合は続くアメリカとブラジルの試合結果を待つことになります。

イングランド女子代表との優勝を懸けた一戦は5日(火)17:25(日本時間翌6日(水)7:25)キックオフ予定で、BSフジで生中継されます。

選手コメント

DF #22 清水梨紗 選手(日テレ・ベレーザ)
ブラジル戦は出場がなかったので、コンディションは整っています。Jヴィレッジでキャンプを始めたことに比べると、チーム内のコミュニケーションの量は徐々に増えてきました。今回のような海外での大会に出場して試合をすると、国内では大丈夫なことでもうまくいかないなど、あらためて分かることがあります。これまで積み重ねてきた経験もありますが、課題が浮き彫りになります。
今大会はワールドカップに向けて残り少ない試合の機会なので、自分にとってもチームにとっても、貴重だと感じています。個人的には相手のサイドハーフの選手とマッチアップすることが多いですが、相手によって全然違います。速いのは多くの選手に共通していますが、様々なタイプの選手と戦えることはいい刺激になります。初戦で戦ったアメリカのRapinoe選手はボールの受け方が上手かったです。ボールを受けた後のプレーが上手い選手は他にもいますが、Rapinoe選手はボールを受けるところからいやらしいと感じました。
残り1試合で、優勝が懸かっていますが、個人的にはまず自分たちができることをピッチの上で表現したいです。その結果として勝てることがベストですが、これまでのアメリカでの大会やアルガルベ・カップなどでも欧米の強豪国に苦戦してきたことを考えると、勝つことで勝ち癖を身につけることができるとも思います。

FW #20 横山久美 選手(AC長野パルセイロ・レディース)
ここまで2試合を終えて、ゴールという結果が出てないので個人的には調子がいいとは言えません。ただ、チームとしては1勝1分と負けていないので、いい状況だと思います。今年はワールドカップがあり、チームとしてひとつになろうという雰囲気は強いです。チーム内に体調不良者が出るなどうまくいかないこともありますが、こういう時だからこそチームでひとつになろうという気持ちで取り組んでいます。
アメリカはリーグの開幕前で、ワールドカップ本番になれば発揮する力も別物だと思いますが、どんな状況であれ引き分けられたことは良かったと思います。もちろん勝ちにこだわらないといけません。イングランドとはワールドカップのグループステージで対戦しますが、だからといって力を抜いていい訳はありませんし、やはり勝つことが大事です。相手の状況や状態に関わらず、それぞれの選手がチームのために自分の仕事をすることがいちばん大切だと思います。

スケジュール

2019 SheBelieves Cup
2月27日(水) 2-2 第1戦 vs. アメリカ女子代表(Talen Energy Stadium)
2月28日(木) AM トレーニング
3月1日(金) PM 公式練習
3月2日(土) 3-1 第2戦 vs. ブラジル女子代表(Nissan Stadium)
3月4日(月) PM 公式練習
3月5日(火) 17:25 第3戦 vs. イングランド女子代表(Raymond James Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールや会場は急遽変更になる場合がございます。

2019 SheBelieves Cup

大会期間:2019年2月27日(水)~2019年3月5日(火)
日本戦全3試合をBSフジにて生中継予定
TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー