JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > なでしこジャパン > 2019 SheBelieves Cup TOP > 最新ニュース一覧 > 実戦を見据えた紅白戦でアメリカ遠征前キャンプの最終仕上げ ~なでしこジャパン 2019 SheBelieves Cup(2/27-3/5@アメリカ)

ニュース

実戦を見据えた紅白戦でアメリカ遠征前キャンプの最終仕上げ ~なでしこジャパン 2019 SheBelieves Cup(2/27-3/5@アメリカ)

2019年02月24日

実戦を見据えた紅白戦でアメリカ遠征前キャンプの最終仕上げ ~なでしこジャパン 2019 SheBelieves Cup(2/27-3/5@アメリカ)

福島県のJヴィレッジで行っているなでしこジャパン(日本女子代表)の国内トレーニングキャンプは残すところ2日となりました。前日の午後をオフとしたチームはこの日、午前、午後とみっちりトレーニングに臨みました。

午前はパス&コントロールやポゼッションなど基礎的なメニューを通してなでしこジャパンの戦術を支える生命線となるトレーニングを行い、高倉麻子監督が常々口にする「チームとしての積み上げ」を繰り返します。

午後のトレーニングに向かう選手たちを、同じJヴィレッジでトレーニングをしていた福島県キッズエリートの選手たちがハイタッチで出迎え、選手たちと笑顔でハイタッチを交わしていました。トレーニングでは今キャンプ初の紅白戦を行いました。前後半約30分という本番を見据えた時間となり、選手たちの表情にも真剣さが見て取れます。選手同士の個人的な特徴を知り尽くし、当然チーム戦術も同じなため、紅白戦は長所の消し合いになりがちですが、高倉監督の目指す「観て状況に応じて判断してプレーする」スタイルを実践する選手たちは、お互いに相手の陣形や選手の配置を観ながら、自分のポジションを変えて味方と連動した突破を図ります。そのためには積極的なコミュニケーションが不可欠となりますが、近いポジションの選手間で味方を動かす声がけが多く聞かれました。秋田豊さんから学んだ打点の高いヘディングも見られ、こぼれ球を拾った杉田妃和選手が素早い反転からミドルシュートを決めれば、松原有沙選手が持ち味の強烈なシュートでゴールを狙うなど、見どころの多い紅白戦となりました。

「ボールを受けて前を向く習慣がついて相手が飛び込みにくくなっている。随所にトレーニングしていることが表現されていた」と高倉監督も一定の手応えを感じたな紅白戦となりました。

なでしこジャパンはJヴィレッジで24日(日)の昼で国内の活動を打ち上げて同日アメリカに向かいます。

選手コメント

DF #24 宮川麻都 選手(日テレ・ベレーザ)
なでしこジャパンの招集は2018年1月以来、今回で2回目です。1回目はフィジカルキャンプということであまりボール蹴っていませんので、今回の活動がほぼ初回という感じです。なでしこジャパンには所属している日テレ・ベレーザの選手も多いので、最初は緊張しましたが徐々に慣れてきました。自分は1対1の守備や攻撃参加が持ち味です。なでしこジャパンのアジアでの戦いを見て、こんなにも厳しいものかと驚きました。昨年FIFA U-20女子ワールドカップに出場しましたが、年代別の大会とは全く違うレベルでした。これからアメリカ、ブラジル、イングランドとの試合が待っていますが、相手が世界のトップレベルのチームになったらどうなるのか楽しみです。

MF #9 杉田妃和 選手(INAC神戸レオネッサ)
調子は徐々に上がってきています。今日の紅白戦はキャンプの疲労もあったからかきつかったです。これまでは味方に動かされるプレーが多かったのですが、今日は自分発信でやってみようと思って臨みました。全てがうまくいったわけではありませんが、意識してできたと思います。中盤というポジション的にも主体性を持って取り組みたいです。なでしこジャパンに来ると、普段の試合よりプレスも速いですが、それに応じた判断、特に中盤での球離れなど出来ている気がします。今日の紅白戦でミドルシュートを決めることが出来ましたが、シュートを打つ意識も持てるようになったと思います。

MF #16 松原有沙 選手(ノジマステラ神奈川相模原)
前回の候補キャンプに続いて参加しています。だいぶなでしこジャパンの雰囲気にも馴染めるようになり、少しずつ自分らしいプレーを出せている気がします。今日の紅白戦ではバーを叩くシュートがあったのですが、あのシュートは思いきり蹴ることが出来ました。また、中盤でいい形でボールを受けることができなかったので、もっと顔出したいと思いました。日本は繋ぐサッカーが強みですが、そんな展開の中でも自分の長所であるロングボールも使いたいです。海外のチームはフィジカルも強いので、当たり負けしないようにしたいです。遠征3試合では、やはり世界一のアメリカと戦ってみたいです。

スケジュール

2月20日(水) 17:30 トレーニング(Jヴィレッジ)※一般公開
2月21日(木) 09:15 トレーニング(Jヴィレッジ)※一般公開
15:30 トレーニング(Jヴィレッジ)※一般公開
2月22日(金) 09:15 トレーニング(Jヴィレッジ)※一般公開
15:30 トレーニング(Jヴィレッジ)※一般公開 中止
2月23日(土) 09:15 トレーニング(Jヴィレッジ)※一般公開
15:30 トレーニング(Jヴィレッジ)※一般公開
2月24日(日) 09:00 トレーニング(Jヴィレッジ)※一般公開
2月25日(月) PM トレーニング
2月26日(火) PM 公式練習
2019 SheBelieves Cup
2月27日(水) 19:05 第1戦 vs. アメリカ女子代表(Talen Energy Stadium)
2月28日(木) AM トレーニング
3月1日(金) PM 公式練習
3月2日(土) 13:00 第2戦 vs. ブラジル女子代表(Nissan Stadium)
3月4日(月) PM 公式練習
3月5日(火) 17:25 第3戦 vs. イングランド女子代表(Raymond James Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールや会場は急遽変更になる場合がございます。

2019 SheBelieves Cup

大会期間:2019年2月27日(水)~2019年3月5日(火)
日本戦全3試合をBSフジにて生中継予定
TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー