JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > なでしこジャパン > なでしこジャパン WORLD MATCH > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン ニュージーランド戦へ最終調整

ニュース

なでしこジャパン ニュージーランド戦へ最終調整

2014年05月08日

なでしこジャパン ニュージーランド戦へ最終調整

来年のFIFA女子ワールドカップ・アジア予選を兼ねたAFC女子アジアカップ(14日ベトナムで開幕)を前に、なでしこジャパンは5月7日(水)、壮行試合であるなでしこジャパンWORLD MATCHのニュージーランド戦へ向けて最終調整を行いました。


7日午後、宿舎でミーティングを行い、その後夕方から試合会場である大阪・キンチョウスタジアムで公式練習に臨み、一部をメディアに非公開した中で、連係面の確認に多くの時間を費やしました。
5日から大阪府内で合宿を続けてきているチームは、初招集の若手選手が5人加わった、これまでとは異なるチーム編成になっています。短期間の準備で選手間の意思の疎通やコンビネーションなど、チームとしての機能性がどこまで発揮されるのかが、ニュージーランド戦のチェックポイントの1つです。
中1日で3試合を戦うアジアカップでは出場8チーム中上位5チームにワールドカップ出場権が与えられますが、初戦のオーストラリア戦に勝利して良い流れを引き寄せることができれば、大会を優位に運ぶことができます。オーストラリアと似通った特長のあるニュージーランドとの今回の対戦が、なでしこジャパンにとって良いテストの場であることは言うまでもありません。
ニュージーランドはFIFAランク23位(日本は3位)。3日に来日後、翌日から大阪市内で調整中のニュージーランドも、7日に試合会場で一部をメディアに非公開として練習を行いました。


佐々木監督体制では2008年北京オリンピック、11年ワールドカップでの対戦を含めて今回が5度目の顔合わせで2勝2分けの成績です。最近の対戦だった昨年6月のキリンチャレンジカップでは1-1で引き分けました。来日したメンバーは20人中14人がアメリカの大学やドイツでプレーしています。
岩清水梓選手は「ニュージーランドはボールをつなぐようになってきていて、スピードも高さもある。今の自分たちを試すにはいい相手だと思う」と話しています。

監督・選手コメント

佐々木則夫 なでしこジャパン(日本女子代表)監督
新しい選手が入っているなか、キャンプ2日目の昨日は攻撃の仕掛けや前線の連携面をメインにトレーニングを行いました。まだ完全に連携が取りきれていない部分はありますが、意識を合わせてアジアカップに向けた、いい準備にしたいと思います。ニュージーランドは組織的で、パワフルな選手が揃ったいいチーム。仮想オーストラリア戦と位置付けていますが、失敗を恐れずに積極的にアクションを起こし、勝負にこだわってやりたいと思います。

宮間あや 選手(岡山湯郷Belle)
準備期間は短かったですが、大会に向けて少しずつ一丸となれています。明日はアジアカップ初戦のオーストラリア戦に向けた、いい準備であり、このチームで初めての試合となります。トレーニングでも行っているように、攻撃の仕掛けの部分は私たちにとって一番必要だと感じています。すべてが成功するわけではないですが、トライしていきます。個人的には、得点に関わるプレーを出したい。新しいメンバーで明日の試合、そしてアジアカップに挑みます。難しい部分もあると思いますが、一丸となってやっていきます。

髙瀬愛実 選手(INAC神戸レオネッサ)
新しく選出された選手や経験の浅い選手とのギャップはありますが、ミーティングやピッチのなかでのコミュニケーション、コーチングを通じてここまで進めてくることができました。いい雰囲気だと思います。個人的には前線でボールをおさめるだけでなく、しっかりとアクションをしていくことが大事です。アジアカップでワールドカップの切符を手にしなければいけないので、大会へといいかたちでつなげたいです。メンバーが変わって新鮮味があるなかで、代表の誇りを持ってやりたいと思います。

トニー・レディングス ニュージーランド女子代表監督
日本のことはよく知っているつもりです。弱点を見つけにくく、一つの要素を止めたからといって脅威を止められるチームではありません。こちらがボールを保持していても、そのボールを奪いに来るので、なるべく早いボール回しでプレーしたい。2011年のワールドカップ以降、我々の選手の多くが海外に拠点を移しました。全員で集まる機会が年間25日から30日と少ないのはマイナスですが、個々の選手がより良い環境でプレーできていることは技術、戦術面を考えるとプラスです。日本との試合はタフで難しいゲームになりますが、来年のワールドカップ、その先のオリンピックを見据えた強化をしている我々にとって素晴らしい機会。昨年の対戦から成長したところを見せたいと思います。

 

なでしこジャパン WORLD MATCH

なでしこジャパン(日本女子代表) vs ニュージーランド女子代表
5月8日(木)19:35kick off(予定) 大阪/キンチョウスタジアム
チケット絶賛発売中!チケット情報は、こちら!

スケジュール

5月8日(木) 19:35 なでしこジャパン WORLD MATCH vsニュージーランド女子代表(キンチョウスタジアム)
5月14日(水) 20:15 AFC女子アジアカップベトナム2014 vsオーストラリア女子代表(Thong Nhat Stadium)
5月16日(金) 20:15 AFC女子アジアカップベトナム2014 vsベトナム女子代表(Thong Nhat Stadium)
5月18日(日) 19:15 AFC女子アジアカップベトナム2014 vsヨルダン女子代表(Binh Duong Stadium)
5月22日(木) 17:15/20:45 AFC女子アジアカップベトナム2014 準決勝(Thong Nhat Stadium)
5月25日(日) 16:45/20:15 AFC女子アジアカップベトナム2014 3位決定戦/決勝(Thong Nhat Stadium)

※5/13~ 時間は現地時間

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー