JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 TOP > 最新ニュース一覧 > プレミア初参戦の川崎Fが初優勝を決める! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022EAST第20節

ニュース

プレミア初参戦の川崎Fが初優勝を決める! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022EAST第20節

2022年11月21日

プレミア初参戦の川崎Fが初優勝を決める! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022EAST第20節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022EASTは11月19日(土)と20日(日)に第20節が開催され、各地で熱戦が繰り広げられました。神奈川県立保土ヶ谷公園サッカー場では、川崎フロンターレU-18(神奈川)とFC東京U-18(東京)が対戦しました。

ピックアップマッチ

川崎フロンターレU-18 1-0(前半0-0、後半1-0) FC東京U-18

プレミアリーグEASTで首位に立つ川崎F。直前に行われた試合では勝ち点7差で2位につける横浜F・マリノスユース(神奈川)が青森山田高校(青森)に勝利したため、優勝を決めるためにはこの試合での勝利が必要でしたが、試合は立ち上がりからFC東京ペースで進みます。開始早々にはCKからMF永野修都選手(#41)のシュートがクロスバーをたたき、13分にはMF田邊幸大選手(#20)がFW今野光希選手(#18)との連係からシュートを放つなど川崎Fゴールに迫ると、その後もハイプレスでのボール奪取から果敢に仕掛ける速攻や、DF東廉太選手(#13)からのロングフィードで左サイドの今野選手に裏のスペースを突かせる攻撃で主導権を握ります。

後半もFC東京がゲームをコントロール。開始早々の52分にはCKからFW田口輝一選手(#15)がヘディングシュートをたたき込みますが、エリア内の競り合いでファウルがあったとしてノーゴールになります。川崎Fは55分にMF大関友翔選手選手(#10)が惜しいミドルシュートを放ちますが、FC東京はその直後に投入したMF俵積田晃太選手(#11)が右サイドを再三にわたって突破し、決定機をつくります。

しかし、川崎Fも選手交代を機に反撃を開始します。64分、左サイドに投入されたDF柴田翔太郎選手(#32)が、縦への突破からのクロスでFC東京守備陣を押し込んでいきます。そして84分、「相手が柴田の突破を嫌がっていたので、彼をうまく使おうと思っていた」という大関選手が柴田選手に展開し、戻したボールをDF土屋櫂大選手(#35)が右足でクロス。これにFW五木田季晋選手(#9)が飛び込んで合わせると、ボールは相手に当たりながらもゴールに転がり込んでいきました。先制点を見届けた大関選手はサポーター席に直行。チャントで後押ししていたサポーターと選手たちによる歓喜の輪ができました。

五木田選手が「めちゃくちゃ長く感じられた」という残り時間が消化され、試合終了のホイッスル。FC東京の奥原崇監督が「素晴らしい環境で試合ができて感謝したい」と語った“多摩川クラシコ”の激闘を川崎Fが制するとともに、プレミアリーグEAST初優勝を飾りました。

監督・選手コメント

長橋康弘 監督(川崎フロンターレU-18)
選手たちがトレーニングから本当に一生懸命やっているので、彼らならやってくれると思っていました。初めてのプレミアリーグで分からない部分はありましたが、選手たちは試合をやるにつれてどんどんたくましくなっていきました。普段のトレーニングがこういう結果を生んだのかなと思います。試合内容は本当に苦しかったので、先制点は本当に大きかった。この仲間で戦える(プレミアリーグファイナルを含めた)残りの3試合を大切に戦っていきたいと思います。

MF #10 大関友翔 選手(川崎フロンターレU-18)
今年1年間やってきたことが報われて自分自身うれしいですし、感極まって泣いてしまったのですが、感情が爆発するぐらいうれしいです。FC東京は前回、対戦した時に比べて1段階も2段階もレベルアップしていましたし、お互いに主力を欠き、自分たちには優勝が懸かっているということで難しい試合になりましたが、みんなの気持ちを乗せて1点を奪うことができました。優勝に向けての思いが、自分たちのほうが強かったのかなと思います。

奥原崇 監督(FC東京U-18)
前期に負けてしまった相手にどれだけできるかというところで夏から取り組んできたなかで、選手は本当によくやってくれて、今までのベストに近いパフォーマンスを出してくれたと思います。ただ、それを結果に結びつけられるかどうか最後まで集中を切らさずにゼロで推移できるかどうかというチーム、個人としての積み上げが我々には足りなかった。川崎Fのほうが一枚も二枚も上でしたし、改めておめでとうございますと伝えたいです。

MF #38 佐藤龍之介 選手(FC東京U-18)
前回、対戦した時は、個人として何もできなかったというか、自分のプレーを全く出すことができず、ものすごく悔しい思いをしました。それを払拭するために臨み、前期よりもやれることが増え、自分のプレーを表現できたと思います。テクニックやチャンスメークには手ごたえがありましたが、終盤にボールタッチの質が下がったこととシュートの質が低かったことが課題として出たので、そこは改善していきたいです。

その他の試合結果

横浜FCユース 3-3(前半1-0、後半2-3) 桐生第一高校
JFAアカデミー福島U-18 1-0(前半1-0、後半0-0) 柏レイソルU-18
青森山田高校 0-2(前半0-0、後半0-2) 横浜F・マリノスユース
前橋育英高校 1-0(前半1-0、後半0-0) 流通経済大学付属柏高校
大宮アルディージャU18 2-3(前半1-1、後半1-2) 市立船橋高校

横浜FCユース(神奈川)と桐生第一高校(群馬)の一戦は、横浜FCが先制したものの、その後は点の取り合いとなり、3-3で引き分けました。この結果、桐生第一のプリンスリーグ降格が決まりました。JFAアカデミー福島U-18(静岡)は9分のMF齋藤晴選手(#7)のゴールが決勝点となり、柏レイソルU-18(千葉)を破りました。青森山田高校(青森)と対戦した横浜F・マリノスユース(神奈川)は、終盤にFW望月耕平選手(#40)が2ゴールを挙げて勝利しました。前橋育英高校(群馬)と流通経済大学付属柏高校(千葉)の試合は、14分のFW堀川直人選手(#33)のゴールで前橋育英が勝ち点3をつかみました。大宮アルディージャU18(埼玉)と対戦した市立船橋高校(千葉)は、同点で迎えた後半アディショナルタイムにFW渡邉慎和ムセマ選手(#31)が勝ち越しゴールを挙げ、プレミア残留に向けて貴重な白星を手にしました。

高円宮杯 プレミアリーグ 大会公式Twitter

大会期間:2022年4月2日(土)~2022年12月4日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー