JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 TOP > 最新ニュース一覧 > G大阪が苦しみながらも今季初勝利をつかむ 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022WEST第11節

ニュース

G大阪が苦しみながらも今季初勝利をつかむ 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022WEST第11節

2022年07月04日

G大阪が苦しみながらも今季初勝利をつかむ 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022WEST第11節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022WESTは7月2日(土)と3日(日)に第11節を実施しました。OFA万博フットボールセンターではガンバ大阪ユース(大阪)と名古屋グランパスU-18(愛知)が対戦しました。

ピックアップマッチ

ガンバ大阪ユース 1-0(前半0-0、後半1-0)名古屋グランパスU-18

「勝つのはすごく難しい。相手も必死なので、簡単には勝てない」とDF桒原陸人選手(#5)が口にする通り、G大阪はここまで2分4敗と未勝利が続き、最下位に沈んでいます。この日も、4分にPKを与える苦境を迎えましたが、GK張奥林選手(#21)が相手のキックを読む好セーブで難を逃れます。

立ち上がりのピンチをしのいだG大阪でしたが、以降も名古屋がペースをつかみます。名古屋のFW遠山湧斗選手(#9)と貴田遼河選手(#10)を中心に繰り出す前線からのアグレッシブなプレスに苦しみ、自陣でボールを奪われる場面が続きました。18分にはMF鈴木陽人選手(#15)にゴール前でクリアミスを拾われ、シュートを打たれましたが、クロスバーに助けられました。

耐える時間が続きながらも、G大阪がチャンスをうかがうと、21分にはFW鈴木大翔選手(#11)が左サイドを抜け出し、ゴール前にクロスボールを送ります。FW南野遥海選手(#9)がフリーで合わせましたが、シュートは枠を捉えることができません。44分には右サイドを抜け出した南野選手のクロスボールが、ファーサイドに流れ、それを拾ったMF安達晃大選手(#8)がシュートを狙いましたが、惜しくもサイドネットへ。

後半も名古屋の流れで試合が進みましたが、「とてもファイトするので、季生がカバーしたら盛り上がる」と森下仁志監督が評するMF小幡季生選手(#6)が身体を張った守備を繰り返し、ゴール前での仕事をさせません。48分には、鈴木陽人選手がカットインからのシュートを放ちましたが、小幡選手がスライディングで防ぎました。55分にMF宇水聖凌選手(#8)の右クロスから放った鈴木陽人選手のシュートに対しても、張選手が好セーブを披露しました。

息を飲む展開が続く中、試合が動いたのは74分でした。後半途中から左サイドに回ったMF大倉慎平選手(#23)がクロスボールを上げると、ゴール前でFW日笠蓮康選手(#17)が反応。こぼれ球を拾った鈴木大翔選手が「最初にファーに打とうかと考えたのですが、相手の足が出て来るのが見えて、ニアが空いているなと思ったので、ニアに蹴りました」と冷静に放った一撃がゴールネットを揺らし、G大阪が先制しました。

試合終盤は同点を狙った名古屋に押し込まれる場面が再び増えましたが、「後ろはゼロで絶対に行くぞと(井上)秀悟と話していた」と話す桒原選手が最後まで粘り強い守備を切らさず、リードを維持。1-0で試合を終えたG大阪が、待望の今季初勝利を奪い、最下位を脱しました。

監督・選手コメント

森下仁志 監督(ガンバ大阪ユース)
選手がファイトしているように見えましたが、相手に崩されたわけではなく、FKを含めて自分たちで相手にボールを渡している場面が多く見られました。相手はすごく走力があるチームなので、追い掛ける結果、走らされる形になりました。まだまだな部分はありますが、少しずつ成長し、試合の景色が昨年のようになってきました。1年生を含めてみんな成長しています。けがから復帰した3年生も、ユースでの残りの半年でまだまだ良くなるはずです。

DF #5 桒原陸人 選手(ガンバ大阪ユース)
前半に与えたPKだけでなく、3回ぐらいクロスバーに当たったピンチもあり、本当によく勝てた試合でした。見に来てくれている保護者の方もたくさんいたので、ホームで勝てたのがすごくうれしいです。今日はセカンドボールを拾う作業、中盤の球際で戦うところで五分五分のボールをマイボールにできました。3年生が中心になって戦うぞという気持ちは見せられたのかなと思います。FWも良く走ってくれたり、そうした細かい部分が1-0での勝利につながったと思います。

古賀聡 監督(名古屋グランパスU-18)
選手たちは自分たちの戦いを貫き通し、前からプレッシャーに行ってくれました。奪ってからも速く全員が関わって、アグレッシブに攻撃していました。チャンスを多くつくり出した中で、決め切れなかったですし、守備のところで連続して対応する部分が足りなかったです。ここが正念場と言いますか一つの大きな壁だと考えています。前期は、延期試合の鳥栖戦を含めて2試合あるので、そこで勝って少しでも上位への可能性をつなげられるようにやっていきたいです。

GK #1 北橋将治 選手(名古屋グランパスU-18)
2週間前から勝ちがなく、今日は波に乗るためのターニングポイントにしようとチームで言っていたのですが、守備で甘さが出ました。攻めている時間が多かった中で、一発で相手に決められたので、締めていかないと今日みたいに負け試合になります。これから始まるクラブユースは、昨年全国優勝した大会です。連敗のまま全国に挑むわけにはいかないので、これから勝ちをどんどん積み上げていき、それを自信につなげて全国に挑みます。

その他の試合結果

履正社高校 3-1(前半1-1、後半2-0)大津高校
セレッソ大阪U-18 7-1(前半4-0、後半3-1)清水エスパルスユース
ヴィッセル神戸U-18 1-0(前半0-0、後半1-0)静岡学園高校
ジュビロ磐田U-18 1-2(前半1-1、後半0-1)サガン鳥栖U-18
東福岡高校 1-2(前半0-0、後半1-2)サンフレッチェ広島F.Cユース

大津高校(熊本)に先制点を許した履正社高校(大阪)ですが、FW古田和之介選手(#9)のゴールを皮切りに3点を奪って、逆転勝ちを収めました。清水エスパルスユース(静岡)をホームに迎えたセレッソ大阪U-18(大阪)はMF皿良立輝選手(#12)の4得点などによって大勝しました。拮抗した展開が続いたヴィッセル神戸U-18(兵庫)と静岡学園高校(静岡)の一戦は、90+3分にDF本間ジャスティン選手(#18)が決勝ゴールを奪い、神戸が勝利。ジュビロ磐田U-18(静岡)とサガン鳥栖U-18(佐賀)による首位攻防戦は、FW楢原慶輝選手(#7)とDF大里皇馬選手(#11)の得点によって鳥栖が制し、暫定首位を維持しています。サンフレッチェ広島F.Cユース(広島)は後半に2得点を奪い、東福岡高校(福岡)から勝ち点3を奪いました。

高円宮杯 プレミアリーグ 大会公式Twitter

大会期間:2022年4月2日(土)~2022年12月4日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー