JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 TOP > 最新ニュース一覧 > 横浜FCが桐生第一との打ち合いを制する 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 EAST第10節

ニュース

横浜FCが桐生第一との打ち合いを制する 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 EAST第10節

2022年06月27日

横浜FCが桐生第一との打ち合いを制する 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 EAST第10節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 EAST第10節が6月26日(日)に行われ、各地で熱戦が展開されました。

ピックアップマッチ

桐生第一高校 3-6(前半2-1、後半1-5)横浜FCユース

太田市運動公園陸上競技場では、桐生第一高校(群馬)と横浜FCユース(神奈川)が対戦しました。プレミアリーグに今季から初めて参入した桐生第一はここまで1勝2分4敗の勝ち点5と苦しい戦いが続いていますが、「成長はすごく感じている」と中村裕幸監督が語るように内容面では上向いており、「先輩たちが僕らに残してくれたこのリーグを後輩たちに残したい」(MF岡村葵選手/#7)という思いで戦ってきました。

対する横浜FCは3勝2分4敗と負け越しているものの、「自分たちで決めた目標はこのリーグのトップ3に入ることで、それは変わらない」(DF池谷銀姿郎選手/#3)と、この一戦を上位を狙っていくため絶対に落とせない試合と位置付けていました。

そんな試合は「点の取り合いになると思っていた」という桐生第一・中村監督の事前の予想どおりの展開となります。最初のゴールは開始2分。桐生第一はCKから巧みにつなぎ、小野剛史選手(#14)のアシストを受けた岡村選手が決めて先制点を奪い取ります。横浜FCも23分にスローインの流れから相手守備の隙を突き、最後は清水悠斗選手(#8)が「思い切り振り抜いた」と言う豪快なシュートを突き刺し、すかさず同点に追い付きます。

その後も桐生第一が多くのチャンスをつくる展開となり、40分には岡村選手が「相手GKが前に出ていたので、思い切って狙った。キックの精度には自信がある」と胸を張った見事な直接FKを沈め、勝ち越しに成功して前半を折り返します。

小野信義監督が「本当に苦しい前半だった」と振り返ったとおり、思うように試合を進めなかった横浜FCでしたが、後半から巻き返します。「守備のところを修正した」(小野監督)ことに加えて精神面でもリフレッシュして後半に臨んだ横浜FCが、「どこか気持ちが守りに入ってしまっていた」(中村監督)桐生第一を飲み込んでいきます。

まずは後半開始早々の50分でした。CKの流れから、池谷選手が「狙っていた」というスーパーショットを決めて同点とすると、続く55分には池谷選手のパスを受けたFW守屋颯人選手(#9)が抜け出してのシュートを決めて早くも逆転。さらに59分と67分に清水選手が連続得点を決めてハットトリックを達成すると、77分には守屋選手がダメ押しのゴールを決めて試合の流れを決定付けました。

桐生第一も諦めることなく攻撃を続け、88分にはこぼれ球をつないで岡村選手がハットトリックとなるゴールを決めますが、反撃もここまで。6-3の大差で桐生第一を下した横浜FCが勝ち星を五分に戻し、上位進出への重要な一歩を踏み出しました。

監督・選手コメント

中村裕幸 監督(桐生第一高校)
前半は点差を付けて折り返してもおかしくない内容だったと思いますが、敗因を前半の決定力不足にするべきではないと思っています。リードして戻ってきたにもかかわらず、ふわっとした雰囲気で後半に入ってしまう甘さや脆さ、青さについてチームとして見つめ直すべきだと考えています。プレミアリーグを戦う中でできるようになったことも間違いなくあるので、成長は感じています。

MF #7 岡村葵 選手(桐生第一高校)
後半に失点を多くしてしまっているのは本当に自分たちの課題です。1年で(プリンスリーグに)落ちるわけにはいかないと思っています。2点目のFKは最初クロスを上げるつもりでしたが、GKの立ち位置を見たら前に出てクロスに備えているようだったので、思い切ってシュートを狙ってみました。自分の理想は攻撃もできて守備もできるボランチなので、守備の部分がまだまだ足りていないと感じています。

小野信義 監督(横浜FCユース)
前の試合で川崎フロンターレU-18さんに大敗した後のゲームでしたが、選手たちは気持ちの部分をしっかり見せてくれたと思います。入りのところでやられたことで苦しい展開でしたが、後半の立ち上がりから行けたことが大きかったと思います。相手が焦る気持ちを理解してサッカーができましたし、後半のクーリングタイムでは、私の言おうと思っていたことを選手たちが自分で言い合っていたので、私は何も言う必要がありませんでした。

MF #8 清水悠斗 選手(横浜FCユース)
先制点を取られてしまったので早く点を返して自分たちのペースに持って行きたいと思っていました。(最初の得点は)パスも考えましたが、思い切って振り抜きました。後半は相手が(プレスに)来るなら裏へ、来ないならつなぐということを徹底できて、ショートカウンターもうまく繰り出せていたと思います。川崎フロンターレU-18との試合は外から見ていても悔しかったので、今回結果を出せて良かったです。

その他の試合結果

市立船橋高校 2-1(前半1-0、後半1-1)大宮アルディージャU18
流通経済大学付属柏高校 1-0(前半0-0、後半1-0)前橋育英高校
横浜F・マリノスユース 0-2(前半0-1、後半0-1)青森山田高校
柏レイソルU-18 3-1(前半2-0、後半1-1)JFAアカデミー福島U-18
FC東京U-18 1-3(前半1-3、後半0-0)川崎フロンターレU-18

市立船橋高校(千葉)はFW郡司璃来選手(#10)の1ゴール1アシストの活躍で大宮アルディージャU18(埼玉)を2-1で下し、今季2勝目を挙げました。流通経済大学付属柏高校(千葉)と前橋育英高校(群馬)の一戦は、後半立ち上がりのFW大堀柊人選手(#9)のゴールで流経大柏が勝利しました。横浜F・マリノスユース(神奈川)と対戦した青森山田高校(青森)は、前後半に1点ずつを挙げ2-0で勝利し、勝ち点3を手にしました。JFAアカデミー福島U-18(静岡)をホームに迎えた柏レイソルU-18(千葉)は、3分のMF花松隆之祐選手(#3)のゴールを皮切りに3得点を挙げ、今季3勝目をマークしました。FC東京U-18(東京)と川崎フロンターレU-18(神奈川)の一戦は、FC東京が先制するも、FW岡崎寅太郎選手(#20)の2ゴールなどで川崎Fが逆転勝利を収めました。

高円宮杯 プレミアリーグ 大会公式Twitter

大会期間:2022年4月2日(土)~2022年12月4日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー