JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 > 最新ニュース一覧 > 「スタイルを貫く」WEST王者、野田知監督(ヴィッセル神戸U-18)インタビュー 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2018

ニュース

「スタイルを貫く」WEST王者、野田知監督(ヴィッセル神戸U-18)インタビュー 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2018

2018年04月04日

「スタイルを貫く」WEST王者、野田知監督(ヴィッセル神戸U-18)インタビュー 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2018

高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2018が4月7日(土)に開幕を迎えます。今回は、昨年のプレミアWESTを制したヴィッセル神戸U-18の野田知監督に、優勝の要因や今シーズンの見どころなどを聞きました。

――昨年、プレミアリーグWESTで優勝できた要因はどのように分析していますか?

野田 正直、シーズン前は優勝争いできるイメージが湧きませんでしたが、前期(の9試合)を1敗で終えたことで選手が自信をつかんでいったことが大きかったように思います。自信をつかんだことで、第10節の米子北高校戦で負けても、それ以降の試合で気持ちが切れませんでした。引き分けも少なく粘り強く勝てた試合が多かったのが、優勝の要因ではないでしょうか。

――昨年は例年以上にファイトできる選手が多かったように感じました。

野田 昨年はハードワークできる選手やフィジカルが強い選手が多かったので、彼らの特長を生かそうと考えていました。チームの特長であるポゼッションの部分は、ボールが持てる佐々木大樹や佐藤昴に任せて、主将の谷川勇磨や前川智敬にはフィジカルの強さを生かした守備を意識させました。選手もやることが明確なのが良かったようで、リーグの終盤は谷川が黒子役に徹して、勝利に貢献してくれました。彼だけでなく、全員がそれぞれに与えられた役目をこなしてくれましたし、個性が上手く融合できた良い一年だったと思います。

――これまで6年間、プレミアリーグを経験していますが、良さを感じる部分はありますか?

野田 環境は違いますが、トップチームと同じようにアウェイゲームで遠征できるのは将来、プロを目指す選手にとっては良い経験です。また、プレミアリーグは「今年は、このチームが一番強い」と言われるチームでも、簡単には勝てないリーグです。対戦相手のレベルが高く毎週、勝つか負けるか分からない真剣勝負ができるのは選手の成長にとってプラスです。なんとなく試合をして、勝っているだけでは、選手は成長できません。昨年、僕らの前評判は決して高くなかったと思うのですが、一番強いと言われていたサンフレッチェ広島F.Cユースに必死で食らいついたことですごく成長できました。

――そうした真剣勝負をするからこそ、一敗の重みにも気付けるように思います。

野田 昨年の選手はまさに、一勝の重みを感じてくれたのではないでしょうか。第10節の米子北高校戦で負けたことで、最終節まで優勝が分からなくなりました。「あの試合に勝っていれば優勝できた」と感じるのは選手にとって良い経験ですし、勝点、総得点共に同じで得失点差で1つ上回った状況で最終節を迎えることができたのも、リーグ戦の面白みを知れたので良かったと思います。最終節の最後まで優勝できるか分からないシチュエーションは心臓に良くないのですが、指導者としても良い経験をさせてもらいました。

――今シーズンは連覇に期待がかかりますが、今のチーム状態はいかがでしょうか?

野田 正直やってみないと分からないというのが、本音です。開幕戦に向けてさまざまな試合をこなしてきましたが、公式戦とは違うので、始まってみないとどうなるか分かりません。いろいろな期待もありますが、適任者が見つからないポジションもありますし、選手層の面でも不安もあります。

――注目してほしいポイントは。

野田 プレミアリーグで7年も同じサッカーをしていると、相手もうちのチームのやり方が分かり、対策されるので、どうやって(その対策を)超えていくかを考えなければいけません。だからと言って、やり方を変えるのではなく、ボールをうまく動かしながら、相手に圧力をかけていくスタイルを今年も貫くので、そこに注目してほしいです。今までと変わらないサッカーですが、今年からはトップチームも同じサッカーを目指すと言ってくれたので、これまで以上にこだわっていきたいです。

――最後に今シーズンに向けての意気込みを。

野田 サッカーと同じで毎年変わらないのですが、まずは残留が目標です。とにかく1試合1試合勝点を積み上げて残留を達成し、その先でどれだけ勝点を積み上げることができるかを目指します。昨年のように最後まで優勝争いをして、消化試合を少なくして、緊張感のある試合ができるのが理想です。連覇できるのはうちしかないので、可能ならばチャレンジしたいです。ただ、シーズンは長いので、まずは開幕戦に向けて準備をしていきます。 

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

EAST 第1節

2018年4月7日(土)
11:00 流通経済大学付属柏高校 vs 清水エスパルスユース(味の素スタジアム 西競技場)
13:30 柏レイソルU-18 vs ジュビロ磐田U-18(味の素スタジアム 西競技場)

2018年4月8日(日)
10:30 市立船橋高校 vs 富山第一高校(味の素スタジアム 西競技場)
13:00 FC東京U-18 vs 青森山田高校(味の素スタジアム 西競技場)
15:30 浦和レッドダイヤモンズユース vs 鹿島アントラーズユース(味の素スタジアム 西競技場)

WEST 第1節

2018年4月7日(土)
11:00 セレッソ大阪U-18 vs アビスパ福岡U-18(ヤンマースタジアム長居)
13:30 ヴィッセル神戸U-18 vs サンフレッチェ広島F.Cユース(ヤンマースタジアム長居)

2018年4月8日(日)
10:30 ガンバ大阪ユース vs 名古屋グランパスU-18(ヤンマースタジアム長居)
13:00 阪南大学高校 vs 米子北高校(キンチョウスタジアム)
15:30 京都サンガF.C. U-18 vs 東福岡高校(キンチョウスタジアム)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー