btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 > プレミアリーグ > 最新ニュース一覧 > 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST 広島が西日本のチャンピオンに!

ニュース

高円宮杯U-18プレミアリーグWEST 広島が西日本のチャンピオンに!

2016年12月05日

高円宮杯U-18プレミアリーグWEST 広島が西日本のチャンピオンに!

ピックアップマッチ

神戸弘陵学園高校 1-4(前半1-2、後半0-2)サンフレッチェ広島F.Cユース

高円宮杯U-18プレミアリーグは12月3日(土)と4日(日)にWEST第17節が開催され、神戸弘陵学園高校(兵庫)とサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)が対戦しました。キックオフ前には、先日コロンビアで発生したブラジル・シャペコエンセの選手と関係者を乗せた飛行機事故の犠牲者を追悼するため、選手、スタッフ、観客で黙とうを行いました。

試合の序盤、優勢に進めたのは、引き分け以上でWEST優勝が決まる広島でした。素早いパス回しで神戸弘陵を押し込むと、15分にはゴール前を抜け出した山根永遠選手がシュートを決めて先制に成功。21分には「ボールが来た瞬間、縦に仕掛けようと思っていた」という川井歩選手が右サイドを突破し、ゴール前にクロスボールを送ると、山根選手が打点の高いヘディングシュートでゴールに叩き込み、点差を2点に広げました。

幸先の良いスタートを切った広島ですが、2-0とした後は「裏に蹴られたボールに対して、慌てる必要がなかったのにナーバスになってピンチを招いた」(沢田謙太郎監督)と、神戸弘陵の速攻に苦しみます。前半終了間際には続けざまCKを受けると、45+1分に「広島のGKはハイボールに強いので、ニアサイドで(パスを)合わせようと思っていた」という谷後滉人選手にボレーシュートを決められ、1点差に詰め寄られました。

嫌な流れでハーフタイムを迎えた広島は、後半開始直後の攻撃で再び攻撃的姿勢を発揮します。47分に山根選手がハットトリックとなるPKを決めて再びリードを広げます。以降は交代カードを切って、攻勢を強めた神戸弘陵に押される場面もありましたが、キャプテンのイヨハ理ヘンリー選手を中心に守備の集中を切らさず、神戸弘陵に2点目を与えません。すると85分に再び広島にチャンスが到来。右サイドからのクロスボールがこぼれたところを山根選手が押し込み、この日4点目となるゴールを奪い、そのままのスコアでタイムアップ。4-1で快勝した広島が3度目のWEST制覇を成し遂げました。

JFA-TV

神戸弘陵学園高校 vs サンフレッチェ広島F.Cユース ハイライト

監督・選手コメント

谷純一 監督(神戸弘陵学園高校)
勝点1獲得を狙うために5バックで試合に挑みました。無失点で終わるとは考えられなかったので、守る時間が多くなると覚悟しつつ、常にチャンスを狙うつもりでいました。前半の立ち上がりに喫した2点はもったいなかったですが、以降は竹村(史明)がチャンスをつくっていましたし、前半終了間際にはセットプレーから1点を奪いました。後半の立ち上がり10分、しっかりと守ることができれば引き分けに持ち込めると踏んでいましたが、PKでの失点が痛かったです。

谷後滉人 選手(神戸弘陵学園高校)
前半終了間際に点差を縮め、士気も高く後半に挑んだのですが、立ち上がりにもったいない形で失点してしまいました。ハンド(でのPK)だったので仕方ない部分もありますが、もっとチームとして気を引き締めなければならなかったように思います。僕たちは高校選手権への出場を逃し、最終節の大分トリニータU-18戦が3年生にとって高校サッカー最後の試合になります。気持ちが高まっているので、勝って残留を決めたいです。

沢田謙太郎 選手(サンフレッチェ広島F.Cユース)
前半に3点目を奪えそうなタイミングで失点してしまうなど難しい時間帯もありましたが、神戸弘陵の守備を攻略し、後半に入ってからはいい試合運びができたと思います。首位という立場になってから期間が長かったので、早く優勝してチャンピオンシップ行きを決めたいと思っていました。優勝することができて、うれしさとともにホッとした気持ちもあります。チャンピオンシップでは、これまで積み上げてきたことをしっかりと継続しながら試合に挑みたいです。

川井歩 選手(サンフレッチェ広島F.Cユース)
今節は引き分け以上で優勝が決まる試合でしたが、みんなで「プレミアリーグ18試合を全て同じ気持ちで戦おう」と話しており、いつもどおりの広島らしいサッカーができました。プレミアリーグの後期に入ってから勝利を重ねることで自信を持って戦えるようになりました。WEST優勝を決めることができてうれしいですし、安堵感もありますが、最終節のセレッソ大阪U-18戦が残っています。今日と同じ姿勢で次節に向かい、いい状態でチャンピオンシップに臨みたいと思います。

その他の試合結果

大分トリニータU-18 1-2(前半1-0、後半0-2) 東福岡高校
名古屋グランパスU18 1-1(前半1-1、後半0-0) ガンバ大阪ユース
大津高校 2-5(前半2-1、後半0-4) ヴィッセル神戸U-18
セレッソ大阪U-18 0-1(前半0-0、後半0-1) 京都サンガF.C. U-18

東福岡高校(福岡)との「九州ダービー」を迎えた大分トリニータU-18(大分)は、24分に戸高航汰選手の得点で先制しましたが、後半に2点を失い、逆転負け。この結果、最終節を残しての降格が決定しました。9位の名古屋グランパスU18(愛知)は、ガンバ大阪ユース(大阪)と対戦。27分に杉田将宏選手がゴールを奪いましたが、前半終了間際に足立翼選手のゴールで追いつかれると、そのまま試合終了を迎えました。大津高校(熊本)とのアウェイ戦に挑んだヴィッセル神戸U-18(兵庫)は、一度は大津に逆転を許しましたが、70分以降に4得点を挙げて勝利を手にしました。セレッソ大阪U-18(大阪)と京都サンガF.C. U-18(京都)の一戦は麻田将吾選手のゴールで京都が勝利しています。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグWEST順位表はこちら

高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 チャンピオンシップ

日時:2016年12月17日(土) 13:00キックオフ
会場:埼玉スタジアム2002

大会情報はこちら

第3回みんなが選ぶ高円宮杯プレミアリーグベストゴール賞投票受付中!

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP