JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > JFA 第6回全日本O-40サッカー大会 TOP > 最新ニュース一覧 > JFA 第6回全日本O-40サッカー大会が開幕 前々回王者の羅針盤倶楽部NAGOYA、T・ドリームスが白星発進
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

JFA 第6回全日本O-40サッカー大会が開幕 前々回王者の羅針盤倶楽部NAGOYA、T・ドリームスが白星発進

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

2018年11月04日

JFA 第6回全日本O-40サッカー大会が開幕 前々回王者の羅針盤倶楽部NAGOYA、T・ドリームスが白星発進

JFA 第6回全日本O-40サッカー大会が11月3日(土・祝)に千葉県市原市で開幕しました。初日には1次ラウンドの初戦が行われました。

今大会には、開催地も含めた各地の代表16チームが出場。4チームずつに分かれて総当たりのリーグ戦を行い、各グループの首位が決勝ラウンドに進出します。

グループAで、最初のゴールを奪ったのはFC香川(四国2/香川)でした。前半に動いたこの試合は時間が経つとともに熱さを増していき、ついには終了間際にBM-saga(九州2/佐賀)が追いつくことに成功します。試合はそのまま終了し、両チームは勝ち点を分け合いました。開催地代表のFC船橋(千葉)とアンフィニVANKEI.FC40(北海道2)の対戦はスコアレスドローに終わっており、4チームが勝ち点1で並んでいます。

グループBの2試合は、ともに最少得点差で勝負が決しました。後方から細かくボールをつなぐ徳島FC(四国1/徳島)は、ゴールわずか左にそれた開始3分のFKなど、KYOTO MAYUMAMARO FC(関西1/京都)相手に優勢に試合を進めます。後半に入っても流れは変わりませんでしたが、残り1分となったところで、KYOTO MAYUMAMARO FCが少ないチャンスをものにして先制。これが決勝点となりました。鶴岡FCドリーム(東北2/山形)も押される時間が続きましたが、粘り強い守備でしのぎ続けます。GK小玉真大選手が好守を連発し、PKのピンチも乗り切りましたが、終了間際に失点。土壇場で酒井フェニックスレジェンド(北信越/福井)が勝ち点3をつかみ取りました。

グループCでは、前々回の王者である羅針盤倶楽部NAGOYA(東海/愛知)に対して、初出場のフットボールクラブ西武台シニア(関東2/埼玉)が真っ向から勝負を挑みます。互いに力を見せながら突入した後半開始直後、西武台シニアが速攻で先制点を奪います。さらに自陣からカウンターに移ると、飛び出したGKもかわして追加点。1-1で引き分けた盛岡FCマスターズ(東北1/岩手)と兵庫サッカークラブ(関西2/兵庫)を上回り、グループ首位に立っています。

大会の常連がそろったグループDも、接戦となりました。3大会前の準優勝を乗り越えたい広島フォーティーズ(中国/広島)が幸先良く開始8分で先制しますが、その5分後に手にしたPKを決めたT・ドリームス(関東1/東京)が試合を振り出しに戻します。その後も足を動かし続ける広島に対して、試合の流れをうまくつかんだT・ドリームスが後半に2点目を奪って競り勝ちました。攻めながらもオッサンドーレ札幌40(北海道1)のゴールを割れなかった沖縄海邦クラブ(九州1/沖縄)は、セットプレーをものにします。残り10分でのゴール正面からのFKを直接ゴール左隅に決め、これを決勝点としました。

大会第2日には、1次ラウンド最終戦まで行われ、決勝ラウンドに進む4チームが決定します。

監督・選手コメント

月城征一 選手(坂井フェニックスレジェンド)
初戦で少し緊張していたものの、自分たちのサッカーはできていました。なかなか点数が入らずに焦ってしまいましたが、それでも勝てたので、この勝ち点は大きいと思います。丸岡高校や大野高校のOBの他、選抜チームなどで顔を合わせていた昔からの仲間でチームを結成して、今年で3年目になります。去年もこの大会に出場させていただき、2勝しながらも勝ち上がれなかったものの、良い経験ができました。全国大会というのは、やはりこの年齢になっても燃えるものです。本当に勝ちたい気持ちを強く持って、この大会に臨んでいます。

南條和彦 選手(FC香川)
最後の最後、やや足が止まったところで同点ゴールを決められてしまい、もったいなかったですね。前半は良かったのですが、後半の少し押し込まれた時間帯に、もう少し冷静に考えてできたら良かったのに、と思います。勝ち切れずに残念でしたが、また明日も試合があるので頑張ります。全国大会は、簡単なものではありません。この目標があるから、いくつになっても楽しいし、頑張ってサッカーができています。

櫛田祐造 選手(フットボールクラブ西武台シニア)
初出場の僕らのテーマは、これまでやってきたことを徹底して、日本一つなぐサッカーをすることです。どこまで通用するか分かりませんが、今日も良いチームを相手に目指すサッカーができて良かったです。真剣勝負は、やはりいいですね。オヤジになってもこれだけ真剣にサッカーをできるのだから、素晴らしい大会です。これだけ素晴らしい芝生も、なかなかあるものではありません。初日から結果も出ましたし、どこまでつなぐサッカーをできるか、明日も楽しみです。

平木伊久司 選手(広島フォーティーズ)
前評判を聞く限り、T・ドリームスさんの力が抜けているという印象を持っていたので、初戦から山場になりそうだと思っていました。できれば勝ちたかったし、良い試合ができただけに悔しいですね。今年は豪雨災害があり、練習に集中できない時期もありましたが、この大会への切符を手にできたので、チームでまとまって頑張ってきました。今年の広島では、プロ野球もJリーグも盛り上がりましたから、シニアサッカーも負けずにいきたいと思っています。まだまだチャンスはあるので、明日も頑張ります。

大会日程:2018年11月3日(土)~11月5日(月)
大会会場:千葉県/ゼットエーオリプリスタジアム、市原スポレクパーク
大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

過去の大会はこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー