JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー

ニュース

長谷部キャプテン、若手に期待

2014年06月28日

長谷部キャプテン、若手に期待

日本代表MF長谷部誠選手は現地時間6月25日、2014 FIFAワールドカップグでのループステージ敗退を受けて、ブラジル・サンパウロ州イトゥ市郊外のチーム本拠地で報道陣の取材に応じ、次のワールドカップへ向けた日本代表チームの成長のために若手の奮起に期待を寄せました。
日本は前日、Cグループ最終戦でコロンビアに1-4で敗れて1分け2敗の成績に終わり、2大会連続でのセカンドステージ進出は叶わずにブラジルを後にすることになりました。
最終戦から一夜明けたこの日、「気持ちの整理はまだついていない」と言いながらも、「初戦の入り方で、チームが多少ナーバスになってしまい、それが大きかった」と大会を振り返りました。さらに、「スタイルは継続していった方がいい。ただ、試合の入り方や戦いのしたたかさなど、日本のサッカーはまだまだ成熟していない」と指摘しました。
退任の意向を示したアルベルト・ザッケローニ監督については、「監督はこれまでも結果が出ない時は選手のせいにせず、自分のせいだと言ってきた。今大会へトップレベルの準備をしてくれたのに結果をだせなかったのは、選手に責任がある」と話し、「この4年間、言葉も文化もまったく違う国に来て、日本人を尊重してくれる、素晴らしい人間性を持った人。一緒に闘えなくなるのは残念」と語りました。
また、同監督の下で4年間キャプテンを務めてきた長谷部選手は、今後の日本代表の進化と成長には若手の奮起が不可欠との認識を示し、「日本代表は若い世代がもっともっと出てこなければいけない。僕を押しのけるくらいに育っていかないと世界でも勝てません。もちろん、僕も負ける気はありませんが、若い世代には頑張って欲しい」と話しました。
長谷部選手の思いに応えるように、MF清武弘嗣選手は「(2018年の)ロシア大会では自分たちの世代が中心にという気持ちは強いですし、みんなが4年後、頑張ろうと言っていました」と、次の目標へ踏み出そうとしていました。

コメント

GK 川島永嗣 選手(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
4年間、監督と一緒にやらせてもらって最後の最後にピッチの上で表現できず、残念です。結果も内容も見ている人たちを満足させられるものを見せられなかった。でも、守備的なサッカーから攻撃的なサッカーへシフトしていく積み重ねは、確かなものがあります。ワールドカップの大きな舞台では一瞬の中で自分たちの力を発揮しないとなりませんが、強いメンタリティが足りなかったのだと思います。いい準備をしたと思いますが、そう思うのも慢心になったのかもしれません。

DF 長友佑都 選手(インテル・ミラン/イタリア)
初戦の入り方のところで、チームとしてまったく連動できませんでした。初戦で負けて、次の試合では気負いが生じてプレッシャーも大きくて、チームの連動が少しチグハグになりました。1対1でもやれているけれど、最後の最後で合わないという部分がすごくありました。そこは実力と認めて反省しないといけません。4年間、この大会に懸けてきて、こんな一瞬で終わってしまうのかと、昨日はいろいろ考えました。でも原点に返って、日の丸を背負ってワールドカップの舞台に出られることはサッカー選手として幸せで最高だと感じました。だからこそ、この大きな舞台で次こそは結果を残したいと思います。

DF 内田篤人 選手(FCシャルケ04/ドイツ)
この3試合のために4年間やってきましたし、それができなかったのは本当に悔しいけれど、サッカー人生の中ではもっと難しい試合もありました。この3試合だけがすべてではないと思っています。勝ちがないと報われない気はしますけど、サッカーをやってきて、そういう努力は報われないことの方が多いです。優勝してトップに立たなければ報われないので、勝負の世界という気がします。

DF 今野泰幸 選手(ガンバ大阪)
みんなで高い目標を持ってやってきたので、ここでチームとしても結果が出せず、自分もまったくもって、いいところを出せませんでした。大会へ向けてもっとやっておくことはあったと思うし、世界との差というか、まだまだ甘かったなと思います。ザッケローニ監督は攻撃にも戦術がすごくあって、自分にもマッチしていましたし、面白いと感じました。『こうやれば崩せる』というのを学びました。

FW 岡崎慎司 選手(FSVマインツ05/ドイツ)
(コロンビア戦の同点ゴールは)失点は自分の責任もあったので、取り返したい気持ちもありました。ハーフタイムにギリシャ戦が1-0と聞いて、コートジボワールはそのまま終わらないと思って、自分たちは基本的には3-1にしようと、攻撃的に行ったと思います。自分の中では大きかったゴールだと思いますが、あれをもっと、1試合目からやらなくてはいけなかった。監督は最後まで信じて使ってくれたと思うので期待に応えたいと思っていましたし、勝ちたかった。ワールドカップは自分の夢でもあります。このまま負けたままでは終われないことだけは、はっきりしています。

MF 山口蛍 選手(セレッソ大阪)
個の力はまだ全然足りません。個で相手と対等になることが大事で、そこからチームとしてまとまってやらないと戦えないと感じました。普段通りのプレーが出きればもっとできると思いますが、W杯だからと気負ってしまったところはあったかと…。監督がいなければここに来られたかもわかりません。4年後、自分が目指している理想の選手像に近づけていたいと思っています。

FW 柿谷曜一朗 選手(セレッソ大阪)
やり切ったと思っている選手は誰一人いません。いろいろ準備して臨んでも、それでも勝てない舞台だと感じましたが、今回のことでメンタルでより強くなれると思います。なかなか試合に出られないもどかしさはありましたが、ここで気持ちが入っていないというのは、選ばれていない人たちに失礼だと思いましたし、Jリーグ代表で来ているという気持ちもありました。(トレーニングパートナーを含めた)25人全員が一つになっていました。だからこの地を去るのが悔しい。日本を強くしたいと思います。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー