JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、非公開練習で攻撃を確認

ニュース

SAMURAI BLUE、非公開練習で攻撃を確認

2015年11月11日

SAMURAI BLUE、非公開練習で攻撃を確認

SAMURAI BLUE(日本代表)は11月10日、2日後に控えた2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア2次予選第5戦のシンガポール戦へ向けて、所属クラブの試合日程の都合で合流が遅れていたMF香川真司選手(ボルシア・ドルトムント)とDF長友佑都選手(インテル・ミラン)も参加して、シンガポール市内で2時間近く調整を行いました。

日中に降ったスコールの影響もあり、曇天で蒸し暑い気候の中、選手たちはボール回しやランニング、フィジカルトレーニングなどで体をほぐし、フィールド選手らと別調整のGK3選手らは、近い距離2方向からのシュートブロックとフィジカルトレーニングを組み合わせた動きを繰り返して、コンディションを上げていました。

その後は非公開として、組み立てなど攻撃面を中心に戦術を入念に確認しました。

グループEで日本は他4チームより1試合消化が少なく、3勝1分けの勝ち点10で2位に付けていますが、シンガポールも3勝1分け1敗の勝ち点10で並んでいます。首位はシリアで勝ち点12です。

FIFAランキングでは日本の50位に対して、シンガポールは152位ですが、相手のホームということもあり、決して侮れません。

シンガポールは予選初戦の埼玉スタジアムでの対戦で日本と0-0の引き分けに持ち込み、それ以降の予選3試合で3連勝中です。日本戦が好調の契機となったという経緯もあって12日の試合への関心も高く、日本の練習にも地元紙の記者が数人訪れて、連日、チームの様子を報じています。

ドイツからの長い移動を経て前日シンガポール入りした香川選手は、「今日は少し体が重いが、この2日で軽くなる」と調整に自信を示し、「決める精度と決めるチャンスを作ること。チームとしての共通意識や崩し方のイメージを共有することが大事」と、試合のイメージを膨らませているようでした。

また、FW宇佐美貴史選手(ガンバ大阪)は、「アシストする前に相手を2~3人剥がしてチームにリズムを与えたいが、大事なのはフィニッシュの質。良い崩しをしても最後を決めないと意味がない」と話しています。

試合は12日19:15(日本時間20:15)から、ナショナルスタジアムで行われます。

選手コメント

MF 原口元気 選手(ヘルタ・ベルリン)
練習では攻撃の選択肢をいくつか与えてもらったので、それを試合でうまく表現したいと考えています。相手が引いて来る可能性は高いので、サイドからの攻めは間違いなく重要です。そこでうまく起点になりながら中へ入って行ければチャンスになりますし、タイミングよくサイドを崩すことを続けることがポイントになると考えています。自分としてはクロスボールやダイアゴナルなボールに入って行く質を高めたいですし、公式戦でそういうプレーができたら自信になります。

MF 香川真司 選手(ボルシア・ドルトムント)
フィニッシャーとしてゴール前に入って行く回数を増やすのと同時に、ボールに絡んでいく回数も増やしていければ自分もリズムが出ると思うので、それは意識してやりたいと思います。クロスの質が大事なので、サイドの選手がよりフリーな状況でボールを上げられればよりチャンスになりますし、ゴール前に人数をかけた入り方をうまくできればよりチャンスが増えます。実際にやるのは難しいところもあるので、しっかり準備して臨みたいと思っています。

MF 遠藤航 選手(湘南ベルマーレ)
サイドバックでもボランチでもどちらでもできる準備をしたいと思っていますが、ポジションは違っても、やることはそんなに変わらないので、自分の良さである、縦にボールをつけるところや、1対1で負けないことなどをしっかりと出していきたいです。サイドバックだったらしっかりクロスで終わること、ボランチだったらミドルシュートや縦への楔のボールなど相手の嫌なところにボールを送ることや、2列目から飛び出して行くという動きができればと考えています。

FW 宇佐美貴史 選手(ガンバ大阪)
自分がゴールを獲ることも、自分が走ったプレーがゴールになることも意識して、アシストの前に相手2~3人を剥がすプレーなどで、チームにリズムを与えたいですし、大事なのはフィニッシュの質なので、そこを出せるようにしたいと思っています。FWが多い少ないに限らず、競争はあると思っています。そこを良い刺激にして、そういう競争には勝っていかないとなりません。ポジティブにすべて自分の力に変えていければ良いと思っています。

FW 武藤嘉紀 選手(1.FSVマインツ05)
引いて来る相手に対して監督の戦術をやっていけば、この間のような結果にはならないと思うので、そこをしっかり実戦して、早めに得点できれば良い試合につながると思います。ドイツで好調なので良い形で試合に入れると思いますが、代表ではあまり納得のいく結果を出せていないので、結果にこだわりたいと思います。

JFA-TV

  • 香川真司 選手(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)インタビュー

  • 遠藤航 選手(湘南ベルマーレ)インタビュー

  • 宇佐美貴史 選手(ガンバ大阪)インタビュー

スケジュール

11月8日(日) AM トレーニング
11月9日(月) PM トレーニング
11月10日(火) PM トレーニング
11月11日(水) PM 公式会見
公式練習(ナショナルスタジアム)
11月12日(木) 19:15
(現地時間)
2018FIFAワールドカップロシア™ アジア2次予選 兼AFCアジアカップUAE2019予選
vs シンガポール代表(ナショナルスタジアム)
大会情報はこちら
11月13日(金) AM トレーニング
11月14日(土) PM トレーニング
11月15日(日) PM トレーニング
11月16日(月) PM 公式会見
公式練習
11月17日(火) 19:14
(現地時間)
2018FIFAワールドカップロシア™ アジア2次予選 兼AFCアジアカップUAE2019予選
vs カンボジア代表(ナショナルオリンピックスタジアム)
大会情報はこちら

2018FIFA ワールドカップロシア™ アジア2次予選 兼 AFC アジアカップUAE2019 予選

11月12日(木) 日本時間 20:15キックオフ(予定)
シンガポール/ナショナルスタジアム
シンガポール代表 vs SAMURAI BLUE(日本代表)
大会情報はこちら
スタジアムでのグッズ販売のお知らせ

11月17日(火) 日本時間 21:14キックオフ(予定)
カンボジア/ ナショナルオリンピックスタジアム
カンボジア代表 vs SAMURAI BLUE(日本代表)
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー