JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、カンボジア戦へ練習開始 ~ワールドカップ・アジア予選再開~

ニュース

SAMURAI BLUE、カンボジア戦へ練習開始 ~ワールドカップ・アジア予選再開~

2015年09月01日

SAMURAI BLUE、カンボジア戦へ練習開始 ~ワールドカップ・アジア予選再開~

SAMURAI BLUE (日本代表)は8月31日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア2次予選のカンボジア戦(3日、埼玉)とアフガニスタン戦(8日、中立地テヘラン)へ向けて、さいたま市内で練習を開始しました。

合宿初日となったこの日は、所属クラブのスケジュールの都合で1日に合流するMF香川真司選手(ボルシア・ドルトムント)、MF原口元気選手(ヘルタ・ベルリン)、DF長友佑都(インテル・ミラノ)選手を除いた20人が集合しました。

6月に始まったアジア2次予選は約2ヶ月半ぶりの開催で、日本は初戦となった6月16日のシンガポール戦を0-0で引き分けました。その後、8月上旬に中国で開催されたEAFF東アジアカップでは2分け1敗に終わり、4試合続けて勝ち星がなく、カンボジア戦では勝利が期待されています。

練習の冒頭でヴァイッド・ハリルホジッチ監督は選手を集めて、「ここ4試合勝っていない。この2試合は絶対に勝利することを目標にやらなければならない」と話をして、チーム意識の統一を図りました。

時折小雨が降る中で始まった練習は、ほとんどの選手が週末の試合を経て集合していることから、リカバリーを中心とした軽めの調整になり、ランニングやフィジカルトレーニングのあと、GKの西川周作(浦和レッズ)と六反勇治選手(ベガルタ仙台)、MF山口蛍(セレッソ大阪)選手以外は室内に移動して体幹強化に取り組みました。

週末の試合に出場しなかった山口選手は、中盤でボールを繋いだあと前線に上がってシュートを打つ動きに取り組みました。ハリルホジッチ監督がパス交換の相手を務めながら、パスの質を高めることやシュートの場面で「最後に慌てない」などの注意点を伝え、山口選手はそれを受けながら何度も動きを確認していました。

練習の終わりには、FW出身の監督が西川選手を相手に自らがPKを数本蹴って、セービングの練習相手を務めました。

なお、DF槙野智章選手(浦和レッズ)は負傷が判明したため、大事をとって所属クラブで治療にあたることになり、チームから離脱しました。代わりにDF丸山祐市選手(FC東京)が招集され、31日夜、チームに合流しました。丸山選手は代表初選出になります。

アジア2次予選は今回からAFCアジアカップ2019UAEの予選も兼ねており、日本はグループEでシンガポール、カンボジア、アフガニスタン、シリアとホーム・アンド・アウェイで対戦します。各グループ1位と2位の中で成績上位4チームがワールドカップ・アジア最終予選へ進出し、アジアカップ出場権を獲得します。

アフガニスタンとシリアのアウェイゲームは、それぞれの国内情勢を考慮して中立地での開催になり、9月8日のアフガニスタン戦はテヘランで行われます。

選手コメント

FW 本田圭佑 選手(ACミラン)
日本代表は結果を残さなくてはいけないものですが、最近は不甲斐ない結果を出してしまっているので、結果を出すべく、プレーしていかなくてはいけないと感じています。得点チャンスにゴールが入らずに悪循環になるのが今までの流れですが、そこで一つひねったプレーやテンポを変えるようなプレーも加えたいと思っています。状況に応じて臨機応変にやりたいです。自分自身のコンディションは非常に良いので、ピッチ上で皆さんにそういうプレーを見せることができると思っています。

MF 遠藤航 選手(湘南ベルマーレ)
今日は軽めの練習でしたが、ほかの選手と少しコミュニケーションをとることができました。これからが楽しみです。守備では1対1で負けないところやボールを奪うところ、攻撃では縦につけるところや攻撃参加していくところなどが自分の良さなので、それを練習の中から出していきたいです。ポジションは、いろいろなポジションができることを自分のよさとして出していくことを意識してやりたいと思っています。EAFF東アジアカップで3試合戦って結果が残せなかった悔しさがあります。まずはしっかり試合に出ることを目標に、チームの勝利に貢献できるように頑張りたいです。

FW 武藤嘉紀 選手(1.FSVマインツ05)
コンディションも良いので、次の試合で自分自身もいい結果を残せるように、しっかりと調整していきたいです。まずは日本の勝利に貢献するということで、とにかくチームのために走ることが大事だと思っています。戦う姿勢やファイティングスピリッツという面ではドイツで揉まれてきたと思うので、そこで日本代表にいい勢いを与えられるようにプレーしたいですし、勝ちきることが絶対に必要なので、ゴールをしっかり狙っていきたいです。

DF 吉田麻也 選手(サウサンプトン)
まず勝たないといけません。それが大前提の中で、新しい選手も加わって、カンボジア戦では良いスタートを切れるといいと思います。EAFF東アジアカップでも良い結果が出ていないので、勝って流れを変えたいです。今回、そのために必要なのはゴールです。サッカーで一番難しく、大事なものですが、1点を取れば変わると思うので、なるべく早く点を取りたいです。

JFA-TV

  • 武藤嘉紀 選手(1.FSVマインツ05)インタビュー

  • 遠藤航 選手(湘南ベルマーレ)インタビュー

  • 本田圭佑 選手(ACミラン)インタビュー

スケジュール

8月31日(月) PM トレーニング
9月1日(火) PM トレーニング
9月2日(水) 17:00
17:30
公式会見(埼玉スタジアム2002)
公式練習(埼玉スタジアム2002)
9月3日(木) 19:25 2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選 兼 AFCアジアカップUAE2019 予選
vs  カンボジア代表(埼玉スタジアム2002) 
大会情報はこちら
9月4日(金) AM トレーニング
9月5日(土) PM トレーニング
9月6日(日) PM トレーニング
9月7日(月) 17:00 公式練習(アザディスタジアム)
9月8日(火) 16:55 2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選 兼 AFCアジアカップUAE2019 予選
vs  アフガニスタン代表(アザディスタジアム)
大会情報はこちら
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー