JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > ハリルホジッチ新監督、今月下旬の初陣へ31選手を選出

ニュース

ハリルホジッチ新監督、今月下旬の初陣へ31選手を選出

2015年03月20日

ハリルホジッチ新監督、今月下旬の初陣へ31選手を選出

SAMURAI BLUE(日本代表)のヴァイッド・ハリルホジッチ新監督は3月19日(木)、初陣となる今月27日(金)のキリンチャレンジカップ2015 対チュニジア代表戦(大分/大分スポーツ公園総合競技場)と同31日(火)のJALチャレンジカップ2015 対ウズベキスタン代表戦(東京/東京スタジアム)へ向けて、代表メンバー31選手とバックアップ選手12人を発表しました。

ハリルホジッチ監督は、集まった報道陣を前に会見場に用意されたプロジェクターの脇に立ち、選出した選手をポジションごとに一人ずつ映し出して紹介しました。

31人のメンバーには、FW 本田圭佑選手(ACミラン)、FW 岡崎慎司(1.FCマインツ)、MF 香川真司選手(ボルシア・ドルトムント)ら代表では馴染みの顔ぶれに加えて、MF山口蛍選手(セレッソ大阪)、FW興梠慎三選手(浦和レッズ)らが入りました。

DF 長友佑都選手(インテル・ミラノ)、DF 内田篤人選手(FCシャルケ04)、MF 今野泰幸選手(ガンバ大阪)は怪我を抱えた状態ですが、「彼らの状態を把握し、我々の目的を知ってもらわなくてはならない」という監督の考えで招集されました。

代表初招集ではDF 藤春廣輝選手が入り、ガンバ大阪でチームメイトのFW 宇佐美貴史選手とFW 永井謙祐選手(名古屋グランパス)らも久しぶりの選出です。

さらにGKには川島永嗣選手(スタンダール・リエージュ)、東口順昭選手(ガンバ大阪)、西川周作選手(浦和レッズ)、権田修一選手(FC東京)の4選手が呼ばれました。

ハリルホジッチ監督は、「期待したいのは各ポジションでの競争。私には予め決まったベストメンバーはない。各時期の調子によって選手のパフォ―マンスも変わるので、その状態を見てベストパフォーマンスをする者を選ぶ」と話しています。

さらに「国民の代表としてプレーするということは、誇り高く、責任もあること。代表チームの一員としてプレーするためには素晴らしい人間性を持ち、行動を伴い、良い選手でなければならない」と語りました。

また、新指揮官の下でバックアップメンバー制が新たに導入されました。今回はウェスタン・シドニー・ワンダラーズMF高萩洋次郎選手、川崎フロンターレ DF 車屋紳太郎選手、FCバーゼル FW 柿谷曜一朗選手らが名を連ねていますが、怪我人などが出た時のためのもので、合宿には参加しません。

バックアップ選出の意図を訊かれたハリルホジッチ監督は、「これは『グループは大きい』、『準備しておいてくれ』というメッセージ。国内組、海外組、いろいろな選手に可能性がある。モチベーションを持って、競争が始まると心得ていてほしい」と説明しました。

チームは2試合へ向けて23日(月)から合宿を行います。

新指揮官は、「この2試合は勝つためにある。我々の最初の試合でどういう方向性で行くのか、2018年ロシア(で開催されるFIFAワールドカップ)へ向けて『これが我々の道』だというものを見せたい」と、力強く話しました。

試合は27日のチュニジア戦が19:30、31日のウズベキスタン戦が19:25キックオフの予定です。

コメント

ヴァイッド・ハリルホジッチ SAMURAI BLUE(日本代表)監督
来日してまだ日も浅く、各選手のことを十分知っているわけではないので、このリストを作るのは本当に簡単ではありませんでした。霜田技術委員長とディスカッションをし、日本で経験のある指導者など多く人に会い、あちこちで試合を観て、たくさんの映像もチェックしました。SAMURAI BLUEは全員に開かれています。今後もその時点でベストな者を呼びたいと考えていて、オリンピック代表チームからでもパフォーマンスレベルに問題のない、良い選手がいれば呼びたいと考えています。

SAMURAI BLUEの大きな特長はコレクティブにあり、それはチームです。これからの練習ではそういう点を主に取り組んで、グランド上で我々のアイデンティティを見つけていきます。そのためには、多くのメッセージを送り、たくさんのトレーニングをしていかないとなりません。このグループに私のやり方を知って欲しいと考えています。

勝つためには、ある程度のオートマティズムとメンタリティが必要で、そのためには少し時間が必要です。その時間でトレーニングして、選手たちと毎日ディスカッションを重ねて、試合の前には各選手が自分の役割を把握している状態にします。今回の2試合で、できるだけ多くの人数を使いたいと考えていますが、各選手には自分のメンタリティとプレーを100%出して、勝つことを強く求めています。私は、SAMURAI BLUEも我々が出す結果についても、どんどん向上させていけると確信しています。

霜田正浩 日本サッカー協会技術委員長
6月の2018 FIFAワールドカップ予選へ向けて、3月の2試合は大事な試合になります。短い準備期間ながら、新監督に指揮を執ってもらえることを非常に嬉しく思っています。良い準備ができるようにして、あくまでも勝利にこだわった、良い2試合にしたいと思います。 

JFA-TV

スケジュール

3月23日(月) PM トレーニング
3月24日(火) PM トレーニング
3月25日(水) PM トレーニング
3月26日(木) PM 公式練習
3月27日(金)19:30キリンチャレンジカップ2015   vs チュニジア代表 (大分スポーツ公園総合競技場)
3月28日(土) AM トレーニング
3月29日(日) AM/PM トレーニング
3月30日(月) AM/PM 公式練習
3月31日(火)19:25JALチャレンジカップ2015   vs ウズベキスタン代表 (東京スタジアム)

キリンチャレンジカップ2015

2015年3月27日(金) SAMURAI BLUE(日本代表) 対 チュニジア代表
大分スポーツ公園総合競技場 19:30 キックオフ(予定)/16:30 開場(予定)
テレビ放送:TBS系列にて全国生中継

大会情報はこちら

JALチャレンジカップ2015

2015年3月31日(火) SAMURAI BLUE(日本代表) 対 ウズベキスタン代表
東京スタジアム 19:25 キックオフ(予定)/16:25 開場(予定)
テレビ放送:日本テレビ系にて全国生中継

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー