JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > 国際親善試合 [11/13,11/17] TOP > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE パナマ戦へ向けて23選手が集結

ニュース

SAMURAI BLUE パナマ戦へ向けて23選手が集結

2020年11月11日

SAMURAI BLUE パナマ戦へ向けて23選手が集結

11月13日(金)のパナマ代表、17日(火)のメキシコ代表との試合に向けてSAMURAI BLUEはオーストリアで9日(月)から活動をスタートさせました。2日目のトレーニングには今回招集した23選手全員が集まりました。

代表活動へ合流直前の日曜日に試合を行った選手たちは引き続き疲労回復、コンディションニングを主としたメニューでトレーニングを終えましたが、それ以外の選手たちは約90分、精力的にトレーニングを行いました。森保一監督の掲げるコンセプトをプレーの中で思い出させる、身に付けさせるパスゲームから始まり、両サイドでのシチュエーションを変えながら行ったクロスからのシュートトレーニング、そしてハーフコートでのゲーム形式のトレーニング、質・量共に充実した時間をチームとして共有することになりました。

選手コメント

DF 酒井宏樹 選手(オリンピック・マルセイユ/フランス)
パナマもメキシコも対戦する機会が少ない相手とやれるということがただただ喜びですし、その相手に対し、どういうプレーができて、どういう結果をもたらすことができるのかということに集中しています。
まだ映像を見ていないのでどういうチームか分かりませんが、相手の特長や長所を消せるように守備はやっていきたいと思います。こういう状況でチームとしての方向性を定めづらいのかもしれないですが、こういう時だからこそいろいろトライした上で勝つ、結果を残すことでチームとしてのモチベーションや自信は深められると思います。
また個々が自身のプレーをアピールするということもあっていいと思います。
チームが締まるときは自ずと締まると思いますので、それまでに自信やチームとしてのモチベーションが上がっていればいいと思います。

MF 柴崎岳 選手(CDレガネス/スペイン)
前回のオランダ遠征で出た収穫と課題、守備の連携など守備面での収穫と試合中の戦い方、戦術等の変更で自分たちの良いイメージをもたらしていくというところは継続して、この11月の試合でも良くしていきたいところです。
またチャンスクリエイト、ゴールをもたらすという課題にも着目して質と精度を高め、アイデアを全員で共有していくことがこの遠征ではやりたいと感じています。
前回の遠征に引き続き意識していきたいところは、試合の中で勝利するためにその場その場で何をしていくのかを、僕のところから発信してチームに良い波を作っていけたらと。守備においても、攻撃においてもチームとしてよりすべきことをチームに伝えていく、プレーで示していけたらと思っています。

MF 伊東純也 選手(KRCヘンク/ベルギー)
10月の2戦、結果の部分では満足していません。得点もアシストもできていないので、そういう部分ではまだまだかなと思います。得点に絡む部分やチャンスメークなど自分にしかできない部分を代表でも出していきたいと思います。
もっとチャンスを多く作るということもありますが、相手が強くなるとチャンスも少なくなってくるので、その少ないチャンスをいかにモノにするか、フィニッシュの精度が大事になってくると思います。
常にチームで結果を出したり、代表で良いプレーをしないと、次は選ばれないと思っているので、常に危機感をもってやっています。

FW 鈴木武蔵 選手(KベールスホットAC/ベルギー)
ベルギーに来て、代表でもレギュラーを勝ち取って絶対的な選手になりたいという気持ちというのは日本にいるときよりさらに強くなったというのは感じます。10月の代表戦で自分の良さは出せたと思いますが、結果も欲しかった。
FWとしてそこは本当に悔しかったという思いは強いです。背後を取ることやゴール前の動きというところを常に意識して出していきたいと思っています。
前回シュート数が少なかったと思っていて、1試合を通して1本でも多くシュートを打つということは意識しないといけないと思います。どんどん自分を出して、試合に臨みたいと思います。シュート数は自分の中で意識していて、FWとしてどれだけシュートチャンスに顔を出せるかということが、点を取るにあたって一番大事なことだと思っているので、そこをさらに意識してやっていきたい。
相手のマークは厳しいですが、その中でも必ず相手の隙は1試合に1度はあると思いながらやっているので、もっと点を取れる場面もありました。
僕自身としては、点は取れていますが、まだ全然満足できない自分がいます。

スケジュール

11月9日(月) PM トレーニング
11月10日(火) PM トレーニング
11月11日(水) PM トレーニング
11月12日(木) 未定 公式会見、公式練習
11月13日(金) 15:15 国際親善試合 パナマ代表戦(Stadion Graz Liebenau)
11月14日(土) PM トレーニング
11月15日(日) PM トレーニング
11月16日(月) 未定 公式会見、トレーニング
11月17日(火) 21:00 国際親善試合 メキシコ代表戦(Stadion Graz Liebenau)

※スケジュールを変更する場合があります

国際親善試合

2020年11月13日(金) 15:15 キックオフ(日本時間 23:15)vs パナマ代表
2020年11月17日(火) 21:00 キックオフ(日本時間 翌5:00)vs メキシコ代表
会場:Stadion Graz Liebenau(オーストリア/グラーツ)

大会情報はこちら

 

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANY
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー