JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > キリンチャレンジカップ2017 [6/7] > 最新ニュース一覧 > 交流プログラムに参加するポーランドの審判団がJFAハウスを訪問

ニュース

交流プログラムに参加するポーランドの審判団がJFAハウスを訪問

2017年06月07日

交流プログラムに参加するポーランドの審判団がJFAハウスを訪問

5月24日~6月9日まで審判交流プログラムで来日しているポーランドの Daniel STEFANSKI(ダニエル・ステファンスキ)、Marcin BONIEK(マルチン・ボニエク)、Dawid GOLIS(ダビッド・ゴリス)レフェリーが6月5日(月)、JFAハウスを訪れました。

期間中、Jリーグ・ルヴァンカップ・キリンチャレンジカップの他、メディアブリーフィングやプロフェッショナルレフェリーのキャンプにも参加します。 

5月27日(土) 2017明治安田生命J1リーグ第13節 広島vs磐田
5月31日(水) JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第7節 清水vsFC東京
6月1日(木) 2017年第3回メディアブリーフィング
6月4日(日) 2017明治安田生命J1リーグ第14節 横浜Fマリノスvs川崎フロンターレ
6月7日(水) キリンチャレンジカップ SAMUAI BLUE(日本代表)vsシリア代表
6月8日(木) プロフェッショナルレフェリーキャンプ

コメント

審判団コメント
まず今回の交流プログラムに参加できたことを非常に嬉しく思います。日本のサッカーはとてもスピーディーな印象でした。ヨーロッパでは縦パスが多いのに対し、日本はパスサッカーが非常に機能していると思います。初戦のエディオンスタジアムで試合前ピッチインスペクションを行ったのですが、ピッチの5メートル前から芝生を見たとき「人工芝?」と見間違った程でした。それほど素晴らしい芝のクオリティが保たれているからこそ、パスサッカーがスピーディーに展開されるのだと強く感じました。滞在中はサッカーだけでなく、日本の文化にも触れ見識を深め、レフェリングに活かしていきたいと思います。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

関連情報

  • 4級審判員向けJFAラーニング
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー