JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > キリンチャレンジカップ2014 9/5 TOP > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、始動! ~札幌合宿スタート~

ニュース

SAMURAI BLUE、始動! ~札幌合宿スタート~

2014年09月02日

SAMURAI BLUE、始動! ~札幌合宿スタート~

ハビエル・アギーレ監督を迎えたSAMURAI BLUE(日本代表)は9月1日(月)、初陣となる5日(金)のキリンチャレンジカップ2014第1戦のウルグアイ戦(札幌ドーム)へ向けて札幌市内で合宿をスタートさせ、2018FIFAワールドカップ ロシア大会へ向けた第一歩を踏み出しました。

初日に集まったのはJリーグ選手中心の16人。欧州で前日の日曜日に試合のあったFW本田圭佑選手(ACミラン)、DF長友佑都選手(インテル・ミラノ)ら7人は2日(火)に到着してチームに合流する予定です。
スタンドから約150人のファンが見守るなか、練習前にピッチ中央に選手を集めたアギーレ監督は「新しいプロジェクトが始まる。目的は2018年のロシア大会へ行くことだ」と伝え、練習が始まりました。
約1時間半の練習では、週末に所属クラブで試合に出た選手たちのコンディションを考慮して、ランニング、ボールを回しなどのリカバリー中心の内容でした。
FW武藤嘉紀選手(FC東京)やFW皆川佑介選手(サンフレッチェ広島)など5人の初招集選手たちも、練習の始めの頃は緊張した面持ちでしたが、次第に気持ちがほどけた様子で、コーチ陣も交えて行った3対3のフットバレーではほとんどの選手たちから笑い声が出るリラックスした雰囲気になりました。
そのなかを、「声をかけて、冗談を言うのが私のスタイル」と話すアギーレ監督は、積極的に選手たちに近づいて言葉を交わし、自らも満面の笑みを見せていました。
指揮官は、「全員がいい状態で来てくれた。選手たちの姿勢もとてもよかった」と初日の練習にまずまずという反応を見せていましたが、「明日から負荷を上げていく。規律の話もしたい」と、23選手全員が揃う2日目から本格化させる意向を口にしました。

代表チームは5日のウルグアイ戦後、9日(火)にキリンチャレンジカップ2014 第2戦(横浜国際競技場)でベネズエラと対戦します。

監督・選手コメント

ハビエル・アギーレ SAMURAI BLUE(日本代表)監督
今日はリカバリー中心のトレーニングでしたが、選手たちの姿勢はとてもよかったと思います。ベテランも若手も新しく入った選手たちも協力し合いながら練習が出来ました。2~3回の練習で一つのチームを作り上げるのは難しいことですが、サッカーは戦うものです。戦う姿勢は求めたい。今週末の試合で全員が良いプレーをしてくれたと思います。得点した選手も得点していない選手も、代表に入ってモチベーションが上がってそういう活躍をしてくれたのなら、うれしいことです。まずは選手たちを観察するところから始めて、グループの特徴を見たいと思います。そして良くないところがあればそこを修正するようにしたいと考えています。

MF 柴崎岳 選手(鹿島アントラーズ)
今日はリクリエーションや回復のためのメニューでしたが、楽しくできました。代表合宿には特に先入観もなく入りましたが、いい雰囲気だと思います。個人としては、監督やチームがどんなサッカーをしようとしているのかをしっかり理解して、練習から吸収できるようにしたい。それが大事だと思います。

MF 細貝萌 選手(ヘルタ・ベルリン)
自分は『こういうプレーをする』というインパクトを残せたらと思いますし、自分は自分ができることを精いっぱいやりたい。初選出された選手やこれまで関わりがなかった選手もいますが、彼らが気持ちよくプレーできるようにしたいですし、彼らには活躍してほしい。自分も彼らから学ぶものがありますし、お互いがベストを尽くすことでチームのレベルがアップできたらいいと考えています。今回のワールドカップには行けませんでしたが、期待して応援していてくれた人たちに励ましのメッセージをたくさんもらいました。そういう人たちの期待に応えて恩返しるつもりで、この2試合は戦いたいと思います。

FW 武藤嘉紀 選手(FC東京)
集合した時は緊張しましたが、先輩たちが気さくに声をかけてくれてとてもやりやすい雰囲気でした。トレーニングにもすんなり入れましたし、とても楽しく練習出来ました。選出されたことに満足することなく、試合で結果を出したいですし、自分の武器のドリブルやスピードを出していきたい。まずは練習からアピールして、試合に出場することが目標です。そして試合に出られたら、得点やアシストをしたいと思います。

FW 皆川佑介選手(サンフレッチェ広島)
最初は緊張しましたが、自分が溶け込みやすいように、みんなが声をかけてくれて、特に広島の先輩の水本さんが常に気にかけてくれていたので、初日でしたが入りやすかったです。今回選ばれることになった自分の持ち味を、代表でも出していけたらと思っています。より多く出すことと質を良くすることを心掛けています。今回、自分はサプライズ選出と言われていますが、良い意味で期待を裏切りたいと思っています。

JFA-TV

  • アギーレ監督インタビュー

  • 武藤嘉紀 選手インタビュー

  • 吉田麻也 選手インタビュー

  • 皆川佑介 選手インタビュー

キリンチャレンジカップ2014

2014年9月5日(金) vs ウルグアイ代表 
北海道/札幌ドーム
19:25キックオフ(予定)/ 16:25開場(予定)
大会情報はこちら

2014年9月9日(火) vs ベネズエラ代表
神奈川/横浜国際総合競技場
19:20キックオフ(予定)/ 16:20開場(予定)
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー