JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > キリンチャレンジカップ2014 5/27 TOP > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE(日本代表) 攻撃を確認 ~指宿合宿3日目~

ニュース

SAMURAI BLUE(日本代表) 攻撃を確認 ~指宿合宿3日目~

2014年05月24日

SAMURAI BLUE(日本代表) 攻撃を確認 ~指宿合宿3日目~

日本代表チームは5月23日(金)、鹿児島県指宿市で2014 FIFAワールドカップブラジルへ向けた強化合宿の3日目に入りました。
前日に引き続いて午前・午後に分かれた2部練習が行われ、2日目には体調を考慮してホテルで静養に努めていたDF酒井高徳選手も復帰して、強い日差しが照りつける中、チームメイトと練習に励みました。

午前の部の冒頭では前日同様、フィジカルトレーニングに取り組むグループと、フィールドでトレーニングをするグループに分かれて、後者は攻撃での動き方を確認。選手間の連動性に注意しながら、スペースの作り方や生かし方、相手ディフェンスの崩し方など、アルベルト・ザッケローニ監督から細かい指示を受けながら体を動かしていました。
午後の部では、トレーニングパートナーの2人を加えたフィールドプレーヤー20人が2グループに分けて練習を開始。報道陣に非公開になるまで、フィジカルの強化を狙った動きを取り混ぜながら、4-2-3-1の陣形を組んでパス回しを行いました。

合宿3日目の約2時間の午後の練習終えてFW香川真司選手は、「(所属の)マンチェスター・ユナイテッドでもやっていないようなハードなトレーニング。今は苦しいですけど、これがワールドカップの初戦につながると信じて、ケガの予防をしっかりしながらやっていきたい」と話しました。
また、ケガから回復したDF吉田麻也選手は、「他の選手より元気なので、その分がんばらなきゃいけないなと思うし、ほかの選手と差があるとは思っていない」と復調に自信をみせていました。

練習終了から数時間後、イタリアから帰国したFW本田圭佑選手とDF長友佑都選手、ベルギーから戻ったGK川島永嗣選手が、チームホテルに入りました。3選手は明日24日(土)の練習から合流の予定です。

選手コメント

GK 西川周作 選手(浦和レッズ)
日本代表は子供の頃からの目標であり夢だったので、自分が代表チームでワールドカップへ行くことを目前にしていることは幸せなことです。ここまで来たら、試合に出て世界のチーム相手に勝ちたいという気持ちが強いです。いつでも出場のチャンスがもらえるように、もらった時に良いパフォーマンスができるかは自分次第だと思っているので、ケガをしないようにしっかりと集中してやりたいと思います。ミスを恐れずに自分の良さを出して、ぎりぎりのところを楽しんでやっていきたい。GKも今の時期はフィジカル中心ですが、その中でも試合を想定した動きなど、質の高い練習が出来ていると思います。

DF 吉田麻也 選手(サウサンプトン/イングランド)
(復帰して)やれることはやってきたつもりですし、出せるかどうかが大事だと思うので、それは試合を見て判断してもらえたらと思います。(練習では)効果的なボールを前に運ぶことと、味方が前線で有利な状況でボールを受けられるように、良いボールを配給する、相手をつり出すことを意識してやっています。

FW 柿谷曜一朗 選手(セレッソ大阪)
全員が一つの目標に向かって一つになっていくと感じています。(連日の練習で)体はきついですけど、きついとか言っていられません。監督からの指示はこれから出てくると思いますが、しっかりこなしたい。前で良い動き出しをすればチームにチャンスになるという思いがあります。これだけのメンバーが揃っているので、1トップに入っても良いボールが出てくると思うので楽しみです。

原博実 日本サッカー協会専務理事兼技術委員長
大会へ向けてここでしかできないので、私が予想していた以上にハードにやっている印象です。ここまで上げているのは、このチームなって初めてかもしれません。でも、フィジカルだけでなく、戦術的なことをいろいろと織り込んでいて、良い感じです。長谷部選手はリーグの最終戦に出ていますが、(ケガから復帰した)内田選手も吉田選手も普通にやれていますし、大久保選手も馴染んでいるようです。

 

スケジュール

5月21日(水)~25日(日) - トレーニングキャンプ(鹿児島)
5月25日(日) 18:30 「夢を力に2014」壮行会(東京/国立代々木競技場第一体育館)
5月27日(火) 19:30 キリンチャレンジカップ2014 vs キプロス代表(埼玉スタジアム2002)
5月29日(木)~6月6日(金) - トレーニングキャンプ(アメリカ)
6月2日(月)  21:00 国際親善試合 vs コスタリカ代表(アメリカ/タンパ)
6月6日(金) 19:30 国際親善試合 vs ザンビア代表(アメリカ/タンパ)
6月14日(土) 22:00 2014FIFAワールドカップブラジル vs コートジボワール代表(Arena Pernambuco)
6月19日(木) 19:00 2014FIFAワールドカップブラジル vs ギリシャ代表(Estadio das Dunas)
6月24日(火) 16:00 2014FIFAワールドカップブラジル vs コロンビア代表(Arena Pantanal)

※時間は現地時間

  • 柿谷曜一朗選手インタビュー

  • 齋藤学選手インタビュー

  • 大迫勇也選手インタビュー

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー