JFA.jp

JFA.jp

EN

U-24日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-24 2021年 > 国際親善試合 [6/12] TOP > 最新ニュース一覧 > U-24日本代表、ジャマイカに4-0で勝利 次は本大会メンバーでキリンチャレンジカップ

ニュース

U-24日本代表、ジャマイカに4-0で勝利 次は本大会メンバーでキリンチャレンジカップ

2021年06月13日

U-24日本代表、ジャマイカに4-0で勝利 次は本大会メンバーでキリンチャレンジカップ

東京オリンピック2020を目指して活動を続けるU-24日本代表は6月12日(土)、愛知県の豊田スタジアムにてジャマイカ代表との国際親善試合に臨みました。

ジャマイカのフル代表を迎えて行われた今回の国際親善試合は、本大会に臨む最終メンバー18名を発表する前に行われる最後の試合であり、5月31日から続いた活動の締めくくりとなる一戦でした。また会場には新型コロナウイルスへの対策から人数を制限した形ではあったものの、ファン・サポーターの皆様を迎えることができ、心のこもった拍手や、熱い思いを込めた横断幕の掲示などがあり、選手の士気も自ずと高まりました。

またこの試合では、日本サッカー協会が取り組む「誰一人取り残さないサッカー体験」の一環として、聴覚障がいのあるお子さん11名とそのご家族(計20名)を招待することができました。これは、3月に行われたU-24日本代表の「SAISON CARD CUP 2021」においてファン・サポーターの皆様から投げ銭のウェブサービス「KASSAI」を通じてご支援をいただくことで実現したものです。

U-24日本代表戦を、聴覚障がいのあるお子さん11名が観戦 誰一人取り残さないサッカー体験~スタジアムでの感動を子どもたちに届けよう!プロジェクト

先発メンバーは、一週間前に行われたガーナ戦から数名を変更した形となりました。GKには谷晃生選手(湘南ベルマーレ)、最終ラインには酒井宏樹選手(浦和レッズ)、吉田麻也選手(サンプドリア)、町田浩樹選手(鹿島アントラーズ)、旗手怜央選手(川崎フロンターレ)が入り、中盤の底には遠藤選手と共に田中碧選手(川崎フロンターレ)が入り、二列目には堂安律選手(アルミニア・ビーレフェルト)、久保建英選手(ヘタフェCF)、三笘薫選手(川崎フロンターレ)、FWに前田大然選手(横浜F・マリノス)が入りました。

立ち上がりから試合の主導権は日本が握る展開となります。前田選手、久保選手ら攻撃陣から始まる積極的なディフェンスも見られ、中盤のラインを越えてくる相手に対しても酒井選手が厳しく1対1の守備で相手を封じるなど攻撃の形を作らせません。

そして前半も半ばを過ぎた32分、日本に先制ゴールが生まれます。酒井選手が素早く入れたスローインを受けた久保選手が巧みなドリブルからの左足シュートを放つと、相手DFとGKの股間をスルスルと破ったボールがゴールネットを揺らし、先制点が生まれました。「サッカーの世界では当たり前のこと。自分たちが相手の切り替えを上回った」と久保選手が胸を張った通り、相手の隙を見逃さなかった日本の選手たちの素早い判断が光るゴールでした。

日本は42分にも遠藤選手のインターセプトから始まった攻撃が繋がる流れで、最後は再び遠藤選手がミドルシュートを突き刺して2点目を奪い取ります。後半に入っても、交代出場のFW上田綺世選手(鹿島アントラーズ)が三笘選手のラストパスから3点目を奪い、64分には堂安選手がダメ押しの4点目を奪取。守っても、後半途中から交代出場のDF瀬古歩夢選手(セレッソ大阪)を加えた3バックに切り替えた守備陣がしっかり機能し、ジャマイカの攻撃をシュート0本に完封。6月シリーズ締めくくりとなる一戦を完勝で終えました。

試合後、横内昭展監督は「選手たちはトレーニング中でも、ピッチの外でも、本当にチームのために考えて活動してくれた。そのことに本当に感謝したい」とした上で、「ただこの中からやっぱり選考という作業に入る。オリンピックに選ばれる選手と選ばれない選手がいる」と告げたことも明らかにしました。ただ、同時に「みんながSAMURAI BLUEの候補になってくる選手。今回のオリンピックに選ばれなかったにしても、日本代表というのはずっと続く代表なので、しっかりそこを目指して欲しい」とも告げました。

U-24日本代表はこれで一旦解散となり、それぞれの所属チームに戻る、あるいは欧州でプレーしていた選手などは束の間のオフに入ります。そして本大会参加の18名を発表した上で、7月12日のキリンチャレンジカップ2021 対U-24ホンジュラス代表戦、17日のキリンチャレンジカップ2021 対U-24スペイン代表戦に向けて再集合することとなります。

監督・選手コメント

横内昭展 監督
この活動をスタートさせた時に比べると、選手間ですごくコミュニケーションが取れるようになってきました。みんなも努力し、それがピッチの中にも反映されるようになり、それは日に日に増してきたと感じています。選手の特徴もお互いに把握できて、すごく噛み合ってきたと思います。選考のところは、SAMURAI BLUEの活動が終わってから、森保監督とじっくり話をしながら決めていこうと思います。

MF #7 三笘薫 選手(川崎フロンターレ)
「結果を出さないといけない」と思いながらやっていましたけれど、そこまで気負わずにやることができていました。(アシストの場面は)上田選手が良い動きをしてくれたからこそ生まれているので、上田選手に感謝したいと思います。まず瀬古選手が良いパスを自分に付けてくれたことで生まれた得点でした。

MF #10 堂安律 選手(アルミニア・ビーレフェルト)
ジャマイカはガーナよりも強度が高く、強いチームでした。ちょっときつくなっていた時間帯で最初の1点を取れたのはチームとして大きかったと思います。後半は相手が疲れてきて3点、4点と取れました。自分のゴールは相馬選手から良いボールが来て決まったものですが、シーズンの最後の試合でゴールを奪えたことで、良いフィーリングでバケーションに入れます。

MF #11 久保建英 選手(ヘタフェCF)
(得点は)中に切れ込んでいったとき、その前にニアに打ってGKに当たってしまっていたので、ちょっとファー目に打とうと思っていました。股抜きの1枚目は狙いましたけれど、そのあと(続けて股を抜けたの)は狙っていません。一旦ここで解散して、あとはメンバー発表を待つのみになりますけど、自分のできることをやったつもりです。それは他のみんなも同じだと思います。

MF #14 相馬勇紀 選手(名古屋グランパス)
ジャマイカは繋いでくるチームだったのでプレスのところで狙っていこうと思っていました。アシストの場面の一番の理想はGKを抜いてそのまま決めるイメージだったんですが、それができなくなった中で堂安選手が非常に良いポジションを取ってくれていて、パスに切り替えることで、よりゴールになる確率の高い選択をすることができました。

FW #26 上田綺世 選手(鹿島アントラーズ)
相手がフル代表というのもありましたし、フィジカル的にも強度が高いだろうと思っていたので、まずアグレッシブにいこうと前向きな姿勢で試合に入りました。得点の場面は三笘選手がボールを持っていたからこそできた動き出しで、大学選抜などからずっと一緒にやっているので、きっと出してくれるというのがわかっていました。最後はループシュートという選択肢を持てていたことが良かったと思います。

国際親善試合

U-24日本代表 対 ジャマイカ代表
開催日時:2021年6月12日(土) 13:35 キックオフ(予定)
会場:愛知/豊田スタジアム

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー