JFA.jp

JFA.jp

EN

U-23日本女子代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-23女子 2015年 > 最新ニュース一覧 > U-23日本女子代表候補 清水エスパルスユースとトレーニングマッチを行なう

ニュース

U-23日本女子代表候補 清水エスパルスユースとトレーニングマッチを行なう

2015年11月26日

U-23日本女子代表候補 清水エスパルスユースとトレーニングマッチを行なう

トレーニングマッチ vs 清水エスパルスユース
2015年11月25日(水)キックオフ 17:30 試合時間 30分×3本
J-STEP(静岡県清水市)

U-23日本女子代表候補 0-9(1本目0-2、2本目0-3、3本目0-4)清水エスパルスユース

得点
6分 失点(清水エスパルスユース)
11分 失点(清水エスパルスユース)
40分 失点(清水エスパルスユース)
45分 失点(清水エスパルスユース)
54分 失点(清水エスパルスユース)
67分 失点(清水エスパルスユース)
69分 失点(清水エスパルスユース)
75分 失点(清水エスパルスユース)
86分 失点(清水エスパルスユース)

1本目
GK:林﨑萌維
DF:櫻井麻友佳、三宅史織、高木ひかり、上野紗稀
MF:猶本光、伊藤美紀、中里優、加藤千佳
FW:井上綾香、千葉園子

2本目
GK:林﨑萌維
DF:櫻井麻友佳、三宅史織、高木ひかり、上野紗稀
MF:猶本光、伊藤美紀、中里優、加藤千佳
FW:井上綾香、千葉園子

3本目
GK:井上ねね
DF:石井咲希、土光真代、三宅史織、葛馬史奈
MF:猶本光、三橋眞奈、大矢歩、伊藤美紀
FW:浜田遥、植村祥子

交代
46分 林﨑萌維 → 井上ねね
46分 櫻井麻友佳 → 石井咲希
46分 井上綾香 → 浜田遥

マッチレポート

U-23日本女子代表候補はトレーニングキャンプ2日目を迎え、清水エスパルスユースとのトレーニングマッチ(30分×3本)に臨みました。

U-23日本女子代表候補は立ち上がりからスピードとパワーのある男子ユース選手を相手に苦戦を強いられます。6分、右サイドの折り返しを流し込まれ、失点を喫すると、相手のスピードを抑えられないまま、11分にはループシュートを決められ、2点目を奪われます。

2本目、40分、45分と立て続けに失点を重ねますが、46分には選手3名が交代し、巻き返しを図ります。54分には、さらに失点を重ねるも、58分、MF中里優選手、MF猶本光選手、MF伊藤美紀選手らが中盤でパスを繋ぎ、チャンスを作りますが、シュートまで持ち込むことは出来ません。2本目終了間際の60分、相手CKからシュートを放たれるも、GK井上ねね選手が左手一本で防ぎ、相手の追加点を許しませんでした。

大幅にメンバーを代えて挑む3本目ですが、GK井上選手を中心に体を張った守備を見せるも、67分、69分、75分、86分と更に4点を許し、結果、0-9でトレーニングマッチを終えました。

監督・選手コメント

高倉麻子 監督
技術面、フィジカル面共に自分たちより勝る男子高校生を相手に厳しい試合展開を予想していました。今の自分達がどれぐらい出来るのか、見てみたいところもありました。主にDF面でチーム作りがまだできていない部分があり、また、少しの判断ミスやコントロールミスが命取りとなる場面が多く見受けられたので、個人個人の精度をもっと上げていかなければいけないと感じました。まだトレーニングキャンプは続くので、今日出た課題を少しでも改善すべく、トレーニングに励みたいと思います。

猶本光 選手(浦和レッズレディース)
スピードもパワーもある男子高校生を相手に試合を行い、1本目は早々に失点してしまいましたが、2本目、3本目になるにつれ、少しずつ対応することが出来たと思います。海外の選手はこのようにスピードもパワーもある選手がほとんどだと思うので、良い経験になりました。守備面では、ラインコントロールを意識しながら臨み、3本目にはうまくラインをコントロールすることが出来、オフサイドを取ることが出来ました。今日の試合を振り返り、また明日以降のトレーニングで課題を改善していきたいと思います。

三宅史織 選手(INAC神戸レオネッサ)
1本目は相手のスピードに圧倒され、相手のリズムで試合が進んでしまいましたが、2本目以降、DFラインを意識して試合に臨むと、少しずつ改善できました。パスの質やボールのコントロール1つで、失点に繋がってしまうということを、今日の試合で改めて実感しました。チームは集まってまだ2日ですが、その中でもやれることはたくさんあるはずなので、明日のトレーニングでは、もっと個人個人の精度にこだわって、取り組みたいと思います。

スケジュール

11月24日(火) AM/PM トレーニング
11月25日(水) AM
0-9
トレーニング
vs 清水エスパルスユース
11月26日(木) AM/PM トレーニング
関連情報
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー