JFA.jp

JFA.jp

EN

U-23日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-23 2016年 > 国際親善試合 [7/30] > 最新ニュース一覧 > フルコートでの実戦形式をブラジルで初めて実施 ~オリンピック直前合宿5日目~

ニュース

フルコートでの実戦形式をブラジルで初めて実施 ~オリンピック直前合宿5日目~

2016年07月27日

フルコートでの実戦形式をブラジルで初めて実施 ~オリンピック直前合宿5日目~

リオデジャネイロオリンピックに出場する日本代表チームは7月26日(火)、ブラジル北東部のアラカジュで直前合宿5日目に入り、フルコートを使った実戦形式の練習を初めて実施しました。

昼下がり、夏の強い陽射しが降り注ぐ中で約1時間半行われた練習では、6人一組で素早い動きを意識したパス交換を行い、10メートル四方ほどのエリアで、時間制限を設けながら1タッチでのパスワークと素早い切り替えをチェック。ボールを使った練習の合間には、ショートダッシュなどの瞬発系ランニングにも取り組みました。

その後、フォーメーションを組んでバックラインからのロングボールや左右からのクロスボールにFW陣が相手DFの裏に飛び出してシュートを狙う動きや、バックラインからボランチやサイドハーフを経由して素早く前線へボールを送る組み立てを繰り返し練習しました。

ロングボールでの展開を組み込んだ意図について、手倉森誠監督は、FW興梠慎三選手の加入で「足元にボールを収める形に偏らないように」と話し、選手たちには動きのタイミングを計るように指示しました。

さらに、フルコートを使ってトレーニングパートナーやコーチ陣の協力を得て、今合宿で初となる11対11の実戦形式を行なって全体的な動きを確認しました。

なお、MF大島僚太選手(川崎フロンターレ)は引き続き、微熱などの体調不良のため、この日も練習には参加しませんでした。

チームは27日(水)に地元クラブチームのC. S. セルジッペと当地で練習試合を行います。

監督・選手コメント

手倉森誠 監督
今日は午前中にオーバーエイジの選手たちとミーティングをして、「同時性と連動性。U-23日本代表でやってきたコンセプトに彼らの意識を持って行く。それが原則だ」という話をしましたが、彼らの理解力はやはり高いと感じました。興梠選手には裏を狙うからこそ足元が効いてくる、その優先順位を理解してもらいたいですし、そこでコンビネーションが生れればと期待しています。DFの二人には、ノーマルのブロックの守備と前から行く時のタイミングと、隣の選手との距離感について話をしました。これまでU-23日本代表が積み上げてきたものに、彼らの持っているポテンシャルが加わると、間違いなくU-23年代の選手たちを引き上げてくれると考えています。

チームの攻撃では、ボールを奪って早く攻めるということの共通理解が必要です。ボールを持つことが最終ではないと全員に理解しておいてもらいたいですし、ゲームの中でスコアが動いた時や、駆け引きのところでは上手く判断してほしいという話をしました。明日のトレーニングマッチでは、まずは個人個人のコンディションをしっかり確かめて、攻守におけるオーガナイズでの自分の場所をしっかり理解するという点を見たいと思っています。

MF #9 矢島慎也 選手(ファジアーノ岡山)
岡山で試合を終えてこちらに来て、あんなに長い移動は初めてだったので疲れはありますが、コンディションは徐々に良くなっていくと思います。試合に出続けているので、試合も全然問題ありません。明日はこちらに来て初めての試合ですし、オーバーエイジの選手も入って一試合をやるのは初めてなので楽しみです。自分はもともと他の選手に合わせるのは得意なので、うまく合わせられればいいなと思っています。これまでやってきたことの継続だと思うので、そういうところを確認してやりたいです。

MF #10 中島翔哉 選手(FC東京)
昨日は選手で食事会に出かけました。オリンピック最終予選の時にもこういう機会はありました。オーバーエイジの選手はみんな話しかけやすいですし、ご飯を食べて話をしただけですが、こういう機会でチームの一体感が生れたのは良かったと思います。2列目の選手が決まっていないのは最終予選の時もそういう感じでしたし、自分は毎試合良いプレーを続けることが大事だと思っているので、あまり関係ありません。明日の試合では、メンバーが変わっているところがありますし、自分がどういうプレーができるか、チームとして監督がやりたいことを表現できるか、確認したいと思っています。すごく楽しみです。

MF #3 遠藤航 選手(浦和レッズ)
みんなそれぞれ特長も分かってきていますし、オーバーエイジの選手からコミュニケーションをどんどん取ってもらっていますので、連携は徐々に良くなってきています。明日の試合ではもちろん勝ちにいきますが、個人個人が自分の良さを出すことや、オーバーエイジの選手が入って自分たちがどういうサッカーをするかが大事になります。チャレンジしてミスしても、その次をどうするかということを考えて行ければ良いと思います。みんなでチャレンジしていきたいです。(同じクラブの)興梠選手の良さは分かっていますし、(クラブでの)センターバックのポジションよりボランチの方が互いの距離も近くやりやすさを感じています。その辺の良さは明日の試合でも出せると思います。

スケジュール

7月19日(火) PM トレーニング ※一般公開
7月20日(水) PM トレーニング ※一般公開
7月22日(金) PM トレーニング
7月23日(土) AM/PM トレーニング
7月24日(日) AM/PM トレーニング
7月25日(月) AM/PM トレーニング
7月26日(火) AM/PM トレーニング
7月27日(水) PM  練習試合 vs C.S Sergipe
7月28日(木) AM トレーニング
7月29日(金) PM 公式練習
7月30日(土) 16:30 国際親善試合 vs U-23ブラジル代表(@Estádio Serra Dourada)
[日本時間:7月31日(日) 4:30]
第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ) サッカー競技(男子)
7月31日(日) 未定 トレーニング
8月1日(月) 未定 トレーニング
8月2日(火) 未定 トレーニング
8月3日(水) 未定 公式練習
8月4日(木) 21:00 グループB 第一戦 vs ナイジェリア(@Amazonia Arena)
[日本時間:8月5日(金) 10:00]
8月5日(金) 未定 トレーニング
8月6日(土) 未定 トレーニング
8月7日(日) 21:00 グループB 第二戦 vs コロンビア(@Amazonia Arena)
[日本時間:8月8日(月) 10:00]
8月9日(火) PM 公式練習
8月10日(水) 19:00 グループB 第三戦 vs スウェーデン(@Fonte Nova Arena)
[日本時間:8月11日(木) 7:00]
※以降のスケジュールは、勝ち上がりにより決定
8月13日(土) 16:00
22:00
準々決勝(グループ1位の場合)vs グループA 2位(@Fonte Nova Arena)
準々決勝(グループ2位の場合)vs グループA 1位(@Corinthians Arena)
8月14日(日) 未定 トレーニング
8月15日(月) 未定 トレーニング
8月16日(火) 未定 トレーニング
8月17日(水) 13:00
16:00
準決勝(@Maracana/リオデジャネイロ)
準決勝(@Corinthians Arena/サンパウロ)
8月18日(木) 未定 トレーニング
8月19日(金) 未定 トレーニング
8月20日(土) 13:00
17:30
3/4位決定戦(@Mineirao/ベロオリゾンテ)
決勝(@Maracana/リオデジャネイロ)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

「‪#‎若きサムライ応援‬」を付けてオリンピック日本代表への応援メッセージをツイートしよう!

日本サッカー協会では、第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)に出場するサッカー日本代表への応援メッセージをTwitter上で募集しています。応援投稿用ハッシュタグ「#若きサムライ応援」を付けて、応援メッセージをツイートしてください。

サッカー日本代表公式Twitterアカウント:@jfa_samuraiblue
「#若きサムライ応援」タイムライン:#若きサムライ応援

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー