JFA.jp

JFA.jp

EN

U-20日本女子代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-20女子 2016年 > FIFA U-20女子ワールドカップ パプアニューギニア2016 > 最新ニュース一覧 > FIFA U-20 女子ワールドカップパプアニューギニア2016 U-20日本女子代表、6-0でU-20ナイジェリア女子代表に勝利

ニュース

FIFA U-20 女子ワールドカップパプアニューギニア2016 U-20日本女子代表、6-0でU-20ナイジェリア女子代表に勝利

2016年11月14日

FIFA U-20 女子ワールドカップパプアニューギニア2016 U-20日本女子代表、6-0でU-20ナイジェリア女子代表に勝利

11月13日(日)、FIFA U-20女子ワールドカップがパプアニューギニアで開幕しました。グループBに属する日本は、ナイジェリアとの初戦に挑みました。

陽が落ちたことで暑さが和らいだ19時、日本の戦いが始まりました。開始早々に、上野真実選手のゴールがクロスバーを叩きます。これを皮切りに、次々にゴールを狙う日本は、未知数の力を秘めたナイジェリアを相手に、主導権を握ります。しかし、ゴール前で粘るナイジェリアの守備を前に、なかなかゴールを奪うことができません。日本に待望の先制点が生まれたのは34分。左サイドから長谷川唯選手が上げたクロスに、籾木結花選手がダイビングヘッドで合わせてゴールネットを揺らします。その3分後、駆け上がってきていた乗松瑠華選手が中へ折り返したところを、DFを上手くかわしてポジションを取った上野選手が決めて2点目。日本は2-0で前半を折り返します。

後半に入ると、さらに日本の攻撃は威力を増していきます。51分、籾木選手がフリーキックを右上に沈めて3点目を挙げると、56分には籾木選手がゴール前に配給したボールがオウンゴールを誘って4点目。62分には杉田妃和選手の絶妙なスルーパスに反応した上野選手がこの日2点目となるゴールを決めます。


上野選手はその後、82分にもミドルシュートを鮮やかに決めてハットトリックを達成します。また、大量リードを得たことで、林穂之香選手、塩越柚歩選手、河野朱里選手をピッチに投入し、新たな可能性を探る展開もつかみました。高倉麻子監督が試合前に選手たちに伝えた“チーム全員で全力を出して勝つ”意識が見えた6ゴール。守備の面でも乗松選手、市瀬菜々選手を中心に、体を張った守りで無失点に抑え、初戦を6-0の白星で飾りました。

試合詳細はこちら

次戦までは中二日。同じく初戦でカナダを5-0で下し、波に乗るスペインと対戦します。

監督・選手コメント

高倉麻子 監督
ナイジェリアとの初戦は難しい試合になると思っていました。選手たちが非常に集中して戦ってくれたので、いい結果で終わることができました。選手たちは自分たちのサッカーをしてくれたと思いますが、まだまだ細かいところのプレーの精度は足りないと思っています。次に戦うスペインも、ヨーロッパの中で力をつけてきているチームですし、今日行われた試合を見て力のあるチームだと感じているので、いい試合になると思います。私たちは自分たちのプレーは基本的に変えず、日本のスタイルでスペインに挑んでいきたいと思います。

FW #10 籾木結花 選手(日テレ・ベレーザ)
自分の得点というよりは、チームで6点を取ったという印象が強い試合でした。今日の試合はチーム全員が全力を出そうと言われていたので、それがこの6得点につながったのだと感じています。実際にナイジェリアと対戦して、まだまだアフリカ勢の身体能力というのは、超えられないものを感じました。今日の試合は勝ったからこそ、良かったと言えますが、球際の部分では自分たちは勝ることができていません。これからもっと高めていきたいと思います。次に対戦するスペインのサッカーは、日本に似ているということで、どちらのサッカーがレベルが高いかということが勝敗を分けると思います。スペインも初戦を勝っていますし、自分たちがその勢いを止めることができるように、しっかりと準備をしていきたいと思います。

FW #18 上野真実 選手(愛媛FCレディース)
初戦なので、気を引き締めて勝つということは全体で共有しました。気持ちで負けないことは当然ですし、得点して、無失点で終わろうと話していました。1点目は乗松選手が中に切り込んでいたので、斜めの空いたスペースに入り、あとは決めるだけでした。3得点はしましたが、球際が甘かったり、前を向けるところで後ろ向きのプレーばかりになっていました。もっと前を向いてゴールに近づけたらいいと思いますし、90分間走りきれなかったというのが自分の課題でもあるので、そこを徹底してやりたいと思います。次のスペイン戦に出ることができたら、チームのために前から守備と連動をして、絶対に得点を取りたいです。

DF #5 乗松瑠華 選手(浦和レッズレディース)
結果として勝利で終えることができましたが、本当に課題が多く見つかった試合でした。何より、声がなかなか通らなくて、マークの受け渡しの連携がうまく取れていませんでした。練習の中で、アイコンタクトやジェスチャーなどで伝えるということを追求していかなければ、これからの戦いでやられてしまうこともあるのではないかと思います。ナイジェリアはフィジカルが高いと言われていますが、自分たちもこれまでのキャンプの中でしっかりとトレーニングを行ってきたので、そこは負ける気はしませんでした。この部分はこれからも継続してやっていきたいです。

スケジュール

FIFA U-20女子ワールドカップ パプアニューギニア 2016
11月13日(日) 6-0 vs  ナイジェリア(Bava Park)
11月14日(月) AM/PM トレーニング
11月15日(火) AM/PM トレーニング
11月16日(水) 16:00 vs  スペイン(Bava Park)
11月17日(木) AM/PM トレーニング
11月18日(金) AM/PM トレーニング
11月19日(土) AM/PM トレーニング
11月20日(日) 16:00 vs  カナダ(National Football Stadium)
11月21日(月) AM/PM トレーニング
11月22日(火) AM/PM トレーニング
11月23日(水) AM/PM トレーニング
11月24日(木) 16:00/19:30 準々決勝(National Football Stadium)
11月25日(金) AM/PM トレーニング
11月26日(土) AM/PM トレーニング
11月27日(日) AM/PM トレーニング
11月28日(月) AM/PM トレーニング
11月29日(火) 16:00/19:30 準決勝(Sir John Guise Stadium)
11月30日(水) AM/PM トレーニング
12月1日(木) AM/PM トレーニング
12月2日(金) AM/PM トレーニング
12月3日(土) 16:00/19:30 3位決定戦/決勝(National Football Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー