JFA.jp

JFA.jp

EN

U-20女子日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-20女子 2016年 > 国際親善試合 > 最新ニュース一覧 > U-20日本女子代表 U-20ドイツ女子代表に勝利

ニュース

U-20日本女子代表 U-20ドイツ女子代表に勝利

2016年08月13日

U-20日本女子代表 U-20ドイツ女子代表に勝利

国際親善試合 vs U-20ドイツ女子代表
2016年8月12日(金) キックオフ時間 16:00 試合時間 90分(45分×2)
Sportanlage am Haus Lütz(ドイツ/メンヒェングラートバッハ)

U-20日本女子代表 1-0(前半1-0、後半0-0)U-20ドイツ女子代表

得点
44分 籾木結花(U-20日本女子代表)

スターティングメンバー
GK:松本真未子
DF:塩越柚歩、乗松瑠華、市瀬菜々、北川ひかる
MF:隅田凜、杉田妃和、林穂之香、守屋都弥
FW:籾木結花、上野真実

サブメンバー
GK:平尾知佳
DF:清水梨紗、松原志歩、南萌華
MF:大久保舞、長谷川唯、三浦成美、西田明華
FW:河野朱里、神田若帆

交代
HT 松本真未子 → 平尾知佳
HT 塩越柚歩 → 清水梨紗
HT 守屋都弥 → 長谷川唯
61分 林穂之香 → 西田明華
68分 上野真実 → 三浦成美
77分 籾木結花 → 松原志歩
87分 杉田妃和 → 大久保舞

マッチレポート

U-20日本女子代表は12日(金)、ドイツ遠征4日目を迎えました。

連日雨が続く中、今日の天気はうってかわり快晴。気温27度の中、午後4時からU-20ドイツ女子代表と対戦しました。

2014年にカナダで行われたFIFAU-20女子ワールドカップの優勝国であるドイツ。体格差のある相手ですが、日本は前線の高い位置からプレッシャーをかけボールを奪いにいきます。17分、左サイトのMF杉田妃和選手とのワンツーに抜けだしたMF守屋都弥選手がゴール前にボールを送るも惜しくも合いません。日本はサイドを起点に相手ゴールに攻め込みますが、なかなかシュートで終わることが出来ません。すると前半終了間際の44分、DF乗松瑠華選手のインターセプトからチャンスが生まれます。MF杉田選手、MF守屋選手とボールをつなぐと、最後はFW籾木結花選手が冷静にゴールに流し込み、日本は先制点を得ます。

後半に入り、3人の選手交代を行い、追加点を狙う日本。68分、ゴール中央でFW籾木選手のパスにMF長谷川唯選手が抜け出しシュートを打つも、これはGKに阻まれます。72分、途中交代で入ったMF三浦成美選手のパスにMF西田明華選手が抜け出しシュートを打つも、惜しくもゴール右に外れます。スピードとパワーのあるドイツに攻め込まれ、一進一退の攻防が続きましたが、DF陣を中心に全員が体を張りゴールを守り、このまま1-0で試合を終えました。

監督・選手コメント

高倉麻子 監督
ドイツ遠征4日目、W杯優勝候補の1つであるドイツと対戦しました。自分たちの「ボールも人も思考も動き続けるサッカー」が、前回大会王者のドイツを相手にどこまで通用できるか考えながら試合に臨みました。90分間のゲームの中で、体格の勝る相手に対して、ボールを動かしながら相手のゴール前に入っていくサッカーがある程度はできていたと思いますが、ビルドアップやコンビネーション、シュートの質にはもっとこだわりを持って改善しなければいけないと思います。自分たちが主導権を握っている時間に追加点を取れなかったことも課題として残りました。中2日で次戦を迎えますが、今日出た課題を少しでも改善したいです。

DF #4 市瀬菜々 選手(ベガルタ仙台レディース)
前回王者であるドイツに1-0で勝てたことは、チームとしてもDFである私自身としてもプラスになると思います。しかし、ドイツはパスを繋いでくるサッカーをしてましたが、11月に行われるW杯の1回戦で対戦するナイジェリアは、足の速い選手が裏をどんどんついてくると思います。それに90分間しのぎ、耐え切る精神力や走力、またヘディングなどを含める個の強さなど、プレー1つ1つに対するレベルアップを残りの3ヶ月で徹底的にトレーニングしなければいけないと感じた試合になりました。今日の試合をしっかり振り返り、出た課題を改善して次の試合に臨みたいです。

FW #10 籾木結花 選手(日テレ・ベレーザ)
U-20女子ワールドカップの前回女王と試合が出来るということで、とても楽しみな一戦でした。試合では、チーム全員の守備の意識が高く、前線からプレスを掛け、ボールを高い位置で奪うことが出来ました。そしてその流れから得点することが出来ました。しかし攻撃の部分で、相手のペナルティエリア付近でのボール回しの精度や、シュートシーンを作り上げる回数が少ないというところが課題です。今回の試合で良い手応えを得ることが出来ましたが、個の結果に満足せず、さらに高みを目指してチーム全員でトレーニングに励みたいと思います。

スケジュール

8月9日(火) AM/PM トレーニング
8月10日(水) AM/PM トレーニング
8月11日(木) AM/PM トレーニング
8月12日(金) 1-0 国際親善試合
vs U-20ドイツ女子代表(Sportanlage am Haus Lütz)
8月13日(土) AM/PM トレーニング
8月14日(日) AM/PM トレーニング
8月15日(月) 19:00 練習試合
vs ボルシアVfLメンヘングラットバッハ
(Grenzlandstadion Mönchengladbach)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※時間は全て現地時間

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー