JFA.jp

JFA.jp

EN

U-20フットサル日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-20フットサル 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-20フットサル日本代表候補 AFC U-20フットサル選手権2019に向けたトレーニングキャンプを終了

ニュース

U-20フットサル日本代表候補 AFC U-20フットサル選手権2019に向けたトレーニングキャンプを終了

2019年05月30日

U-20フットサル日本代表候補 AFC U-20フットサル選手権2019に向けたトレーニングキャンプを終了

U-20フットサル日本代表候補は5月27日(月)からトレーニングキャンプを行い、6月に控えたAFC U-20フットサル選手権2019(以下、AFC本戦)に向けて強化を図りました。

5月28日(火)は午前中にFリーグの立川・府中アスレティックFCとトレーニングマッチを行いました。トップチームとの試合でしたが選手たちは臆することなく闘い、試合は1-1の引き分けに終わりました。同日午後は16:30からGKトレーニングを実施。内山GKコーチのもと3人のGKは精力的に汗を流しました。その後17:00から全体でのトレーニングを行い、午前のトレーニングマッチで浮き彫りとなった課題を確認しながら、翌日に向けて準備を行いました。

翌29日(水)は会場を移動し、多摩市にてFリーグのペスカドーラ町田のトップチームとのトレーニングマッチに臨みました。鈴木隆二監督は「昨日から大会の本番がスタートしていると考えれば、昨日引き分けている以上今日の試合は絶対に勝たないといけない状況だ。相手がトップチームとか関係なく、前のめりの姿勢で闘おう。」と選手をピッチへ送り出しました。
試合はフリーキックから大塚尋斗選手が豪快な先制点を奪うものの、終了間際に相手GKが攻撃参加するパワープレーで立て続けに失点を許し、1-2で悔しい敗戦となりました。

トレーニングマッチ終了後は会場に視察で訪れていたフットサル日本代表のブルーノ・ガルシア監督とペスカドーラ町田に所属するフットサル日本代表の森岡薫選手、ピレス・イゴール選手、滝田学選手、室田祐希選手、伊藤圭汰選手からAFC本戦に向けて激励を受け、チームは充実のキャンプを終えました。

監督コメント

鈴木隆二 監督
AFC本戦に向けて最後の国内トレーニングキャンプ。チームとしての活動はチャイニーズ・タイペイでの国際親善大会から1ヶ月ぶりとなりました。
今回のトレーニングキャンプでは、日本フットサルのトップレベルのFリーグ所属の立川・府中アスレティックFC、ペスカドーラ町田の胸をお借りし、トレーニングマッチをやらせていただきました。立川・府中アスレティックFC戦は1-1の同点に追いついての引き分け。ペスカドーラ町田戦は1-0でリードしているところからパワープレーで1-2の逆転負けという結果に終わりました。2試合とも最後まで勝利を目指しプレーをしましたが及びませんでした。シーズン中にも関わらず試合をしてくださった両チームの皆様に心から感謝を申し上げます。6月14日に開幕するAFC本戦にむけて、2試合から学んだことを生かせるよう取り組んで行きます。最後に、今回の合宿に足を運んでくださり、チームに力をくださった多くの方々にも感謝申し上げます。

選手コメント

GK 田淵広史 選手(Fリーグ選抜)
3日間のトレーニングキャンプは非常に良い経験になりました。これから短い間で強度上げ、良い準備でレベルアップをして、AFC本戦で自分の100%以上のプレーをピッチで表現したいと思います。日本のためにチームの力を合わせて全力で頑張ります。サポーターの皆様、応援よろしくお願いします。

FP 萩原真夏 選手(S.B.F.C LONDRINA)
AFC本戦前の最後のトレーニングキャンプでしたが、しっかりと自分達の実力、課題を知ることができました。結果だけ見ると勝つことは出来ませんでしたが、しっかりとチームとして成長することができたと思います。AFC本戦は必ず優勝したいと思います。

FP 畠山勇気 選手(Fリーグ選抜)
今回のトレーニングキャンプでは、2試合のトレーニングマッチが組まれていました。結果は一分一敗で、AFC本戦のことを考えるとリーグ戦で敗退しています。この2試合でチームの課題はより明確になりましたし、本大会までまだ時間があります。少しでもチームの勝利に貢献できるように、所属チームに戻って頑張ります。

FP 井口凛太郎(シュライカー大阪U-18)
今までFリーグの選手と対戦したことがなかったので今回のトレーニングキャンプで強豪の2チームとやれたことはすごくいい経験になりました。その中で一番感じたのは、試合をする前から対戦相手をリスペクトしすぎて受け身になったらいけないということです。監督からも言われていたので今回は自分の中でも相手に臆することなくプレーできたと思います。これからも自分やチームの力を信じて自分のプレーを出して頑張っていきたいと思います。

スケジュール

5月27日(月) PM トレーニング
5月28日(火) 1-1 トレーニングマッチ vs. 立川・府中アスレティックFC
PM トレーニング
5月29日(水) 1-2 トレーニングマッチ vs. ペスカドーラ町田

※スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更となる場合があります。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー