JFA.jp

JFA.jp

EN

U-19日本女子代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-19女子 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-19日本女子代表候補 男子高校生とのトレーニングマッチを引き分ける

ニュース

U-19日本女子代表候補 男子高校生とのトレーニングマッチを引き分ける

2019年03月28日

U-19日本女子代表候補 男子高校生とのトレーニングマッチを引き分ける

トレーニングマッチ vs. ふたば未来学園高等学校
2019年3月27日(水) キックオフ時間15:30 試合時間90分(30分×3本)
Jヴィレッジスタジアム(福島県双葉郡)

U-19日本女子代表候補 0-0(1本目0-0、2本目0-0、3本目0-0)ふたば未来学園高等学校

1本目
GK:田中桃子
DF:船木和夏、高橋はな、田畑晴菜、松田紫野
MF:瀧澤千聖、中尾萌々、菅野奏音、三浦晴香
FW:小嶋星良、大澤春花

2本目
GK:近澤澪菜
DF:船木和夏、高橋はな、田畑晴菜、松田紫野
MF:瀧澤千聖、中尾萌々、菅野奏音、三浦晴香
FW:小嶋星良、大澤春花

3本目
GK:福田史織
DF:藤代真帆、高橋はな、長江伊吹、後藤若葉
MF:森田美紗希、大熊環、柴山史菜、加藤もも
FW:今田紗良、神谷千菜

交代
48分 小嶋星良 → 神谷千菜
48分 三浦晴香 → 加藤もも
50分 田畑晴菜 → 長江伊吹
50分 松田紫野 → 後藤若葉
53分 菅野奏音 → 柴山史菜
53分 中尾萌々 → 大熊環
53分 大澤春花 → 森田美紗希
57分 船木和夏 → 藤代真帆
57分 瀧澤千聖 → 今田紗良

マッチレポート

U-19日本女子代表候補は3月27日(水)、トレーニングキャンプ3日目を迎え、ふたば未来学園高等学校の男子高校生と30分×3本のトレーニングマッチを行いました。

開始早々から日本が試合の主導権を握ります。8分、DF高橋はな選手からのスルーパスを受けたFW大澤春花が、ゴール前にクロスを送ります。そのボールにMF三浦晴香選手が頭で合わせるも、惜しくもこれはゴールから外れます。
1本目を0-0で終え、2本目の開始早々35分、左サイドからDF松田紫野選手がゴール前にクロスをあげ、FW大澤選手が合わせるもゴール左にはずれます。45分を過ぎた頃からメンバーを大幅に入れ替えた日本は、果敢にゴールに向かいますがシュートまで持ち込むことができず、2本目も0-0で終えます。
3本目に入っても日本は攻撃の手を緩めません。88分、この日最大のチャンスが訪れます。左サイドをDF長江伊吹選手がオーバーラップし、ゴール前に低いクロスを送るとFW神谷千菜選手が合わせシュート。しかしこれは相手GKに阻まれ、先制点を挙げることができません。その後も多くのチャンスを作り出した日本ですがゴールには至らず、試合は0-0の引き分けに終わりました。
「攻守の切り替えを素早く行うこと」を目標の1つとして試合に臨んだU-19日本女子代表。結果は引き分けでしたが、相手に早いプレッシャーをかけてボールを奪い、すぐに攻撃に切り替えられた場面も多く見受けられ、トレーニングの成果が見られる試合となりました。

選手コメント

GK 田中桃子 選手(大和シルフィード)
足の速い相手に対する対応など、外国の選手を想定した良いトレーニングとなりました。チームとしてキーワードを作り、様々なイメージを共有しながらプレーすることで、よりスムーズに課題を修正することができています。今回の合宿のみならず、今後の合宿や大会に向けても課題や成果を積み上げていけるように積極的にコミュニケーションを取っていこうと思います。

DF 松田紫野 選手(日テレ・ベレーザ)
練習試合では、切り替えを早くすること、前への意識、裏への動き出しをテーマに取り組みました。足の速い相手に対して最初は吸収できず、振り切られるシーンが多くありましたが、だんだんと声を掛け合いながらラインコントロールがうまくできるようになり、無失点で抑えられたことは良かったです。今日は、チームメイトが私の誕生日を祝ってくれました。素晴らしいチームにいることを改めて実感しました。常に感謝の気持ちを忘れず、18歳も自分らしく充実した1年間を過ごせるように頑張りたいです。

MF 大熊環 選手(ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-18)
チームとしては、切り替えを早くする、前を意識する、ゴールまでのスプリントをすることを目標にし、積極的にトライすることができました。個人としては、判断スピードを上げること、たくさんチャレンジすることを意識して取り組みました。その結果、得点の決定機を作り出したり、前を意識してプレーすることができました。しかし、前を向くことはできたものの、判断スピードが遅く相手にボールを取られてしまったシーンがあったので、これからは常に判断スピードを上げるために、周りを見たりして修正していきたいです。

MF 三浦晴香 選手(日体大FIELDS横浜)
男子高校生はフィジカルが強くスピードがあるので、判断が遅かったり、パススピードが遅かったりするとボールを奪われてしまうことがありました。しかし、早く切り替えることや早く準備することをで、すぐにボールを奪い返すことができました。海外の選手と戦うときも早く切り替えることや、早く準備することはとても重要になってくると思うので、これからも意識して続けていきたいと思います。また、フィジカル面も強化して世界で戦う準備をしていきたいです

スケジュール

3月25日(月) PM トレーニング
3月26日(火) AM/PM トレーニング
3月27日(水) AM トレーニング
0-0 トレーニングマッチ vs. ふたば未来学園高等学校
3月28日(木) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

U-19日本女子代表 今後の予定

5月初旬~中旬 海外遠征
7月8日(月)~7月11日(木) 国内合宿(新潟)
8月下旬~9月初旬 海外遠征
10月15日(火)~10月26日(土) AFCU-19女子選手権タイ2019直前合宿
10月27日(日)~11月9日(土) AFCU-19女子選手権タイ2019
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー