JFA.jp

JFA.jp

EN

U-19女子日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-19女子 2017年 > 最新ニュース一覧 > U-19日本女子代表 アメリカ遠征第2戦も勝利で飾る

ニュース

U-19日本女子代表 アメリカ遠征第2戦も勝利で飾る

2017年05月24日

U-19日本女子代表 アメリカ遠征第2戦も勝利で飾る

国際親善試合 vs U-19アメリカ女子代表
2017年5月22日(月) キックオフ時間 17:00(現地時間) 試合時間(45分×2本)
アメリカ/ロサンゼルス

U-19日本女子代表 2-1(前半1-0、後半1-1)U-19アメリカ女子代表

得点
12分 児野楓香(U-19日本女子代表)
87分 失点(U-19アメリカ女子代表)
90分 牛島理子(U-19日本女子代表)

スターティングメンバー
GK:スタンボー華
DF:牛島理子、小野奈菜、南萌華、高平美憂
MF:宮川麻都、長野風花、唐橋万結、今井裕里奈
FW:児野楓香、村岡真実

サブメンバー
GK:福田まい、鈴木あぐり
DF:長嶋玲奈、冨田実侑、高橋はな
MF:佐藤渚、佐藤瑞夏、鈴木紗理、米井朋香、宮澤ひなた
FW:山田仁衣奈、目原莉奈

交代
HT 今井裕里奈 → 宮澤ひなた
HT 高平美憂 → 佐藤渚
51分 長野風花 → 鈴木紗理
59分 児野楓香 → 目原莉奈
59分 南萌華 → 高橋はな
72分 村岡真実 → 長嶋玲奈
72分 唐橋万結 → 米井朋香

マッチレポート

U-19日本女子代表はアメリカ遠征6日目となる22日(月)、U-19アメリカ女子代表と対戦しました。

 試合は15時にキックオフ。日本は「ハードワーク」「攻守の切り替えの早さ」「チームのために最後まで体を張る」をテーマに試合に臨みました。

3日前に行われた第1戦のU-18アメリカ女子代表に比べ、よりスピードとパワーに勝る相手に立ち上がり早々は苦戦したものの、徐々に日本がペースを掴みます。12分、MF唐橋万結選手が相手からボールを奪うと、MF長野風花選手が前線にスルーパスを送ります。このパスに反応したFW児野楓香選手がゴールに流し込み、日本は先制点を挙げます。26分、相手に左サイドを突破され、ゴール前にクロスを入れられるも、DF南萌華選手が体を張ってクリア、ゴールを守ります。

追加点を挙げたい日本でしたが、後半に入るとアメリカのパワーとスピードに押され、相手ペースで試合が進みます。試合終了間際の43分、裏に抜け出した相手にゴールを決められ1-1の同点に追いつかれます。このままでは終われない日本は、最後まで諦めずにチームのテーマである「ハードワーク」で、追加点を狙います。すると、90分、右サイドのDF牛島理子選手が挙げたクロスがバーに当たりそのままゴールに吸い込まれ、2-1とし、勝利を手にしました。

監督・選手コメント

池田太 監督
守備では切り替えの速さを強く求め、攻撃では動き出しのタイミングを意識して試合に臨みました。前線から連動した守備でボールを奪うシーンが増え、いくつかのチャンスを作ることが出来、選手の共通理解も増えてきました。ゲームコントロールやDFラインの背後へのボールに対する準備などを徹底し3戦目に臨みたいと思います。

GK #18 スタンボー華 選手(INAC神戸レオネッサ)
今日の試合では、相手とのスピードとパワーの違いを感じました。ディフェンスラインの裏に蹴られた際の対応を意識し試合に臨みました。前半はうまく対応できましたが、後半押し込まれた時間帯には対応に課題が残りました。勝利することは出来ましたが、最後のゲームの終わり方、チームがうまくリズムをつかめていない時の立て直し方が今後の課題だと思います。

DF #2 牛島理子 選手(日ノ本学園高等学校)
U-19のアメリカ代表と試合をしてU-18に比べて、スピードや体格、パワーなどで違いを感じました。立ち上がりはその違いに慣れるまで少し時間がかかってしまい、バタついてしまう場面もありました。でも、全員で声を掛け合い全員が戦うことで徐々に日本のペースになっていきました。ハードワークして日本らしいサッカーをできていましたが、試合終了間際に失点してしまいました。でも最後まで諦めず走り続けた結果、最後の最後にゴールを決めることができて本当に本当に嬉しかったです。代表での初ゴールが日本の勝利につながってよかったです。自分にとって忘れられない試合となりました。残り1試合も勝ってアメリカ遠征を締めくくりたいです。

FW #11 児野楓香 選手(日体大FIELDS横浜)
チームのテーマだった「足を振りシュートを決める」、「体を張る」ということを意識しました。私は今日のU-19アメリカ戦のキャプテンを任されました。チームとして、キャプテンとして、絶対に勝つという気持ちで臨みました。相手チームはU-18の選手より更に大きく、予想以上に足が延びてきました。最初は守備がうまくはまらなかったこともありましたが、徐々に安定してきました。もっともっとチーム全体のプレーの質を高めていき、次戦もゴールを狙いたいと思います。

スケジュール

5月16日(火) PM トレーニング
5月17日(水) AM/PM トレーニング
5月18日(木) AM/PM トレーニング
5月19日(金) 1-0 国際親善試合 vs U-18アメリカ女子代表
(U.S. Soccer National Training Center)
5月20日(土) AM/PM トレーニング
5月21日(日) AM/PM トレーニング
5月22日(月) 2-1 国際親善試合 vs U-19アメリカ女子代表
(U.S. Soccer National Training Center)
5月23日(火) AM/PM トレーニング
5月24日(水) TBC 国際親善試合 vs U-19アメリカ女子代表
(U.S. Soccer National Training Center)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※時間は全て現地時間です。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー