JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-19 2016年 > 最新ニュース一覧 > U-19日本代表 Panda Cup 2016 第1戦 マッチレポート vs.U-19クロアチア代表

ニュース

U-19日本代表 Panda Cup 2016 第1戦 マッチレポート vs.U-19クロアチア代表

2016年06月16日

U-19日本代表 Panda Cup 2016 第1戦 マッチレポート vs.U-19クロアチア代表

Panda Cup 2016 第1戦 vs U-19クロアチア代表
2016年6月15日(水) キックオフ時間 15:00 試合時間 90分(45分×2)
Shuangliu Sports Centre Stadium(中国/成都)

U-19日本代表 5-0(前半0-0、後半5-0)U-19クロアチア代表

得点
55分 小川航基(U-19日本代表)
69分 堂安律(U-19日本代表)
80分 杉森考起(U-19日本代表)
82分 岸本武流(U-19日本代表)
84分 岸本武流(U-19日本代表)

スターティングメンバー
GK:小島亨介
DF:柳貴博、大南拓磨、中山雄太、浦田樹
MF:堂安律、坂井大将、冨安健洋、杉森考起
FW:小川航基、岸本武流

サブメンバー
GK:廣末陸
DF:小島雅也、町田浩樹
MF:長沼洋一、市丸瑞希、久保田和音、髙木彰人
FW:垣田裕暉、岩崎悠人

交代
74分 浦田樹 → 市丸瑞希
75分 冨安健洋 → 久保田和音
86分 杉森考起 → 長沼洋一

マッチレポート

Panda Cup第1戦はU-19クロアチア代表と対戦。クロアチアとは昨年8月にSBSカップでも対戦し、1対2で日本が敗れ、目の前で優勝を決められました。試合開始から両チームの攻防が続き、互いにシュートまでのチャンスを作りながらも得点は決められず0-0で前半を終えます。

後半に入ると、30℃を超える暑さで徐々に動きが遅くなってきたクロアチアに対し、日本が前線からプレスをかけてボールを奪い攻撃を仕掛ける回数が増えてきます。そして55分、日本が相手の右サイドでボールを奪い、代表復帰後初先発の浦田樹選手がドリブルで仕掛けてゴール前に絶妙なクロスボールを入れると、小川航基選手がヘディングシュートを決め、先制します。その後、クロアチアに攻撃を仕掛けられピンチの場面が続いてしまいますが、ゴールキーパーの小島亨介選手の好セーブもあり、日本にとって嫌な時間帯を断ち切りました。

すると69分には相手陣内でボールを奪い岸本武流選手、小川選手とパスがまわり、最後はゴール前に走りこんだ堂安律選手が相手ゴールキーパーの動きを冷静に見ながらシュートを決め2-0とします。そして80分以降は日本が優位に試合を進める展開となり、80分にはコーナーキックを素早くスタートし、途中出場の久保田和音選手がゴール前にクロスボールを入れ小川選手がヘディングシュート。一度は相手守備陣に防がれますが日本がクリアボールを繋ぎ最後は杉森考起選手が豪快にシュートを決めて3-0。

さらに82分にはルーズボールを奪った岸本武流選手が約30mドリブルで攻め込み、そのままシュートを決めて4-0。そして84分、途中出場の市丸瑞希選手が左サイドにスルーパスを入れ、堂安選手が走りこみゴール前に低くて速いクロスボールを入れると岸本選手が反応してボールに飛び込み再び得点を決めます。

そして試合はこのまま5-0で終了。日本はここ数大会勝ちきれなかった大事な初戦を見事勝利しました。第2戦は6月17日(金)にU-19チェコ代表と対戦します。

選手コメント

MF #10 坂井大将 選手(大分トリニータ)
初戦のクロアチア戦は、試合の立ち上がりから自分たちが意図した展開が攻守においてでき、無失点で終えたことが収穫だと思います。ですが、まだ試合の中で細かいミスがあるので、そこの質には全員がこだわることが大事だと思います。また、初戦を勝利できたのは良かったと思います。まだ2試合あるので次に向けて良い準備をしたいと思います。

MF #15 堂安律 選手(ガンバ大阪)
大会の初戦ということで、今までの大会で課題だった立ち上がりの入り方を意識して臨みました。前半は0-0でしたが後半は狙い通りの攻撃が多くでき、勝つことができて良かったです。優勝して帰れるよう次の試合もがんばります。

GK #1 小島亨介 選手(早稲田大学)
試合は初戦ということもあり、序盤は拮抗した戦いでした。その中で我慢強く耐え、後半相手の足が少し止まった時に隙を見つけて立て続けに得点が取れたことは良かったと思います。守備に関しては、相手の高さもありましたが、最後まで集中して体を張ることができたので無失点で終えることができました。個人的には、ビルドアップのところでボールを配給する質であったり、ボールが来る前の準備や自分が動いて相手の状況を変化させたりする工夫がなかったので、次戦までに少しでも改善できるように取り組んでいきたいです。

DF #2 柳貴博 選手(FC東京)
初戦は試合の入り方が非常に重要でしたので、チーム全員で意識して試合に臨みました。結果として集中したプレーが続けられ、とても良い流れで試合を運ぶことができました。後半も良い時間帯で先制でき、選手交代後も追加点を奪うことができて良いスタートをすることができました。残り2試合も勝って優勝したいと思います。

スケジュール

Panda Cup 2016
6月15日(水) 5-0 vs クロアチア(Shuangliu Sports Centre Stadium)
6月16日(木) TBC トレーニング
6月17日(金) 15:00 vs チェコ(Shuangliu Sports Centre Stadium)
6月18日(土) TBC トレーニング
6月19日(日) 15:00 vs 中国(Shuangliu Sports Centre Stadium)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

 

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー