JFA.jp

JFA.jp

EN

U-18日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-18 2017年 > U19-Four Nations > 最新ニュース一覧 > U-18日本代表 終盤に2点差を追いつくもPK戦で敗れる 【U19-Four Nations】

ニュース

U-18日本代表 終盤に2点差を追いつくもPK戦で敗れる 【U19-Four Nations】

2017年09月26日

U-18日本代表 終盤に2点差を追いつくもPK戦で敗れる 【U19-Four Nations】

U19-Four Nations 第2戦 vs U-18カタール代表
2017年9月25日(月) キックオフ時間 19:00(現地時間) 試合時間 90分(45分×2) 
ASPIRE No,4(カタール/ドーハ)

U-18カタール代表 2-2(前半1-0、後半1-2、PK5-4)U-18日本代表

得点
5分 失点(PK)(U-18カタール代表)
64分 失点(U-18カタール代表)
77分 安藤瑞季(U-18日本代表)
86分 安藤瑞季(U-18日本代表)

スターティングメンバー
GK:大迫敬介
DF:田中陸、谷口栄斗、中村勇太、杉山弾斗
MF:古川大悟、川村拓夢、藤本寛也、奥抜侃志、杉浦文哉
FW:原大智

サブメンバー
GK:若原智哉、中野小次郎
DF:川井歩、中川創、角田涼太朗、荻原拓也
MF:堀研太、品田愛斗、伊藤洋輝、佐々木大樹、郷家友太
FW:安藤瑞季

交代
HT 古川大悟 → 堀研太
60分 川村拓夢 → 伊藤洋輝
60分 奥抜侃志 → 郷家友太
60分 田中陸 → 川井歩
70分 原大智 → 安藤瑞季

マッチレポート

U19-Four Nations 第2戦は開催国カタール代表との対戦。第1戦でクロアチア代表に逆転負けを喫した日本代表は、先制点を奪いに前線からプレスをかけてボール奪いに行きます。そして開始早々3分には相手の左サイドからクロスボールが入り、川村拓夢選手が胸でコントロールしシュートを打とうとしますが、これは相手ディフェンダーに防がれてしまいます。すると5分、カタールに左サイドから攻め込まれ、ペナルティエリア内で日本がファウルを与え、ペナルティキックを決められてしまい早い時間帯で先制を許してしまいます。その後は無理に攻めず日本の隙きをついて攻めてくるカタールに対し、日本はサイドにボールが入ったところでボールを奪い攻撃を仕掛けますが、なかなかシュートのチャンスを作れず前半を終えます。

そして後半、日本は前半よりも両サイドで攻撃の起点を作り、クロスボールを入れて同点ゴールを狙います。しかし64分、日本陣内で日本が相手にファウルを受けたと思われましたがこのファウルは取られず、そのまま右サイドをドリブルで突破されクロスボールが入りシュートを決められ追加点を奪われてしまいます。それでも日本は諦めずにサイド攻撃を続け、77分に相手の左サイドでフリーキックを得ると、堀研太選手からのボールをニアサイドに飛び込んできた安藤瑞季選手がヘディングシュートを決め1点を返します。86分には再び相手の左サイドを突破し、川井歩選手がゴール前に正確なクロスボールを入れると、またも安藤選手が今度は左足でシュートを決め終了間際に日本が追いついて試合終了となります。

その後PK戦が行われ、6人目までもつれましたが4-5で日本は残念ながら敗れました。影山雅永監督は試合後に『今日の試合はPK戦とはいえ勝てなくて悔しいと選手みんなが思っていると思う。しかし、2点のリードを許してしまう厳しい展開から同点に追いつけたことは選手が努力してくれたからの結果で、とても良かったと思うし、次につながる試合ができたと思う。まだ2試合あるので、もっともっと成長した試合ができるように良い準備をしていこう』と選手たちに声をかけ、27日(水)第3戦のオーストラリア代表戦に向けての準備をすぐにスタートさせました。

選手コメント

GK #1 大迫敬介 選手(サンフレッチェ広島ユース)
今日の試合は負けてしまいましたが、収穫も多かったです。完全アウェイの雰囲気でプレーできたことは自分自身良い経験になりましたし、チームとしてもAFC選手権の予選を前に課題も見つかりました。まだ試合は残されているので、直近の試合に向けてチームとしていい準備をしていきたいです。

DF #2 杉山弾斗 選手(市立船橋高校)
おとといの敗戦から切り替えて良い雰囲気で試合を迎えることができたと思いますが、前半は立ち上がりから失点をして相手のプレッシャーに飲まれかけたことで、自分たちがボールを保持する時間が短くなってしまいました。後半も序盤に失点をしてしまい、2-0になってしまいましたが、そこから気持ちを落とさずに追いつけたことは良かったと思いますし、今後のアジア予選などにも繋がってくる部分だと思います。後はPKになってからしっかりと勝ち切る強さを持たなくてはいけないと思いました。残りの2試合に向けて良い準備をして行きたいと思います。

DF #8 田中陸 選手(柏レイソルU-18)
チームとして前半は守備の共有ができず、奪ったボールをすぐに失ってしまい、自分たちがボールを保持する時間が少なくなってしまったので試合の中で改善できるようにしていきたいです。後半になりまた失点してしまったものの、追いつけたのはチームの成長だと思います。しかし、勝ち切れなかったのはとても悔しいです。個人として無駄なボールロストやオーバーラップの積極性が欠けていたので、残りの試合で全部出し切りたいと思います。

MF #16 奥抜侃志 選手(大宮アルディージャユース)
初戦のクロアチア戦で勝ちきることが出来なかったので、気持ちを切り替えて2戦目のカタール戦に臨みました。立ち上がりはわれわれのペースで試合を運んでいましたが、一本のカウンターからPKで失点してしまい、その後追加点を取られてしまう苦しい展開になりました。そこからチーム一丸となり2得点し追いつくことが出来たことは良い収穫になったと思います。残りの2試合を勝利で終われるようにしっかりトレーニングをしていきたいと思います。

スケジュール

U19-Four Nations  
9月23日(土) 2-3 vs クロアチア(ASPIRE No5)
9月24日(日) PM トレーニング
9月25日(月) 2-2
(PK4-5)
vs カタール(ASPIRE No4)
9月26日(火) PM トレーニング
9月27日(水) 19:00 vs オーストラリア(ASPIRE No5)
9月28日(木) PM トレーニング
9月29日(金) PM トレーニング
9月30日(土) 16:30
19:00
3/4位決定戦(ASPIRE No4)
決勝(ASPIRE No5)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

U19-Four Nations

大会期間:2017年9月23(土)~2017年9月30日(土)
日程・結果、招集メンバーなど大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー