JFA.jp

JFA.jp

EN

U-18日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-18 2017年 > 第23回U18リスボン国際トーナメント > 最新ニュース一覧 > U-18日本代表 リスボン国際トーナメント第1戦 アメリカに2-0で勝利

ニュース

U-18日本代表 リスボン国際トーナメント第1戦 アメリカに2-0で勝利

2017年06月15日

U-18日本代表 リスボン国際トーナメント第1戦 アメリカに2-0で勝利

第23回U18リスボン国際トーナメント 第1戦 vs U-18アメリカ代表
2017年6月14日(水) キックオフ時間 16:00(現地時間) 試合時間 90分(45分ハーフ)
Municipal Sports Park(ポルトガル/Mafra)

U-18日本代表 2-0(前半0-0、後半2-0)U-18アメリカ代表

得点
81分 中村駿太(U-18日本代表)
90分 平墳迅(U-18日本代表)

スターティングメンバー
GK:若原智哉
DF:松田陸、早坂翼、谷口栄斗、伊藤研太
MF:入間川景太、川村拓夢、高橋大悟、中島元彦、郷家友太
FW:中村駿太

サブメンバー
GK:猿田遥己
DF:西洸瑠、阿部海大
MF:佐々木大樹、杉浦文哉、田中雄大
FW:平墳迅、奥抜侃志

交代
70分 郷家友太 → 平墳迅
70分 高橋大悟 → 杉浦文哉
89分 中島元彦 → 西洸瑠
90分 中村駿太 → 奥抜侃志

マッチレポート

ポルトガル遠征を行っているU-18日本代表は、6月14日(水)に第23回U18リスボン国際トーナメント第1戦でU-18アメリカ代表と戦いました。

今大会は、開催国のポルトガル、アメリカ、ノルウェー、日本の4カ国が参加し、総当りのリーグ戦で順位を決めていきます。

初戦のアメリカ戦は気温24度と涼しく、時折吹く風が肌寒い中、午後4時にキックオフしました。

試合前のミーティングで共有した通り、日本は立ち上がりから積極的にプレッシャーをかけていきます。その結果、相手のミスを誘発してボールを奪うことに成功しますが、なかなかシュートまで持ち込むことができません。12分には中島元彦選手がミドルシュートを打ちますが、相手ゴールキーパーの正面で得点は奪えず。一方、アメリカはカウンターからチャンスを作り、シュートがゴールポストに当たるなど決定的なシーンを何度か作ります。日本はGK若原智哉選手を中心にゴールを守り、0-0で前半を終えます。

後半も前半と同じメンバーで臨み、引き続きプレッシャーをかけ続けます。徐々に相手に疲労が見え始めてミスも増え、日本が決定機を作りますが、ゴール前の精度を欠いて得点は奪えません。アメリカは後半の序盤から選手交代を行い、流れを変えようとします。これに対して日本はメンバー変更をせずに主導権を握ろうと試みます。日本は前線からの守備でボールを奪い、カウンターやボールポゼッションからのコンビネーションでペナルティエリア付近までボールを運びますが、決定的なシュートは打てません。

影山監督は、70分に2人の交代を行い、平墳迅選手、杉浦文哉選手をピッチに送ります。すると81分、ついに待望の先制点を取ります。川村拓夢選手のパスにタイミング良く相手DFの背後に抜け出した中村駿太選手が相手ゴールキーパーの頭上を越すシュートを決めて1-0とします。その後は相手の猛攻を受けますが、チーム全員でプレッシャーをかけ続けて失点を許しません。そして後半アディショナルタイムに平墳選手が強烈なシュートを決めて2-0とし、そのまま試合終了となりました。

試合詳細はこちら

U-18日本代表は15日(木)にトレーニングを行い、16日(金)18時よりU-18ポルトガル代表と第2戦を戦います。

選手コメント

FW #11 平墳迅 選手(清水エスパルスユース)
初めての招集で緊張と不安がありましたが、良い雰囲気で練習をすることができています。今日は大会の開幕戦としてアメリカ代表と戦いました。途中からの出場で難しい部分もありましたが、得点を奪うことができました。今の自分に満足せず、次のポルトガル戦に向けて良い準備をしていきたいと思います。

DF #2 松田陸 選手(前橋育英高校)
初めて日本代表に選ばれ、小さい頃からの夢が叶って素直に嬉しかったです。試合では自分のプレーが世界でも通用することがわかったので、これからも自分の特徴を出していきたいです。残りの2試合も勝てるように全力を尽くします。

DF #6 谷口栄斗 選手(東京ヴェルディユース)
初めて代表に選ばれ、大変嬉しく思います。初めて一緒にプレーする選手が多く、難しい部分が多かったですが、トレーニングを重ねていくうちにコミュニケーションが取れて、チームの雰囲気もとても良くなっていると思います。初戦のアメリカ戦はとても強度の高い試合だったと感じています。良いかたちで初戦を勝つことができたので、この勝利を無駄にしないように、引き続き準備していきたいです。

スケジュール

第23回U18リスボン国際トーナメント
6月14日(水) 2-0 vs U-18アメリカ代表(Municipal Sports Park/Mafra)
6月15日(木) AM/PM トレーニング
6月16日(金) 18:00 vs U-18ポルトガル代表(Municipal Sports Park/Mafra)
6月17日(土) AM/PM トレーニング
6月18日(日) 11:00 vs U-18ノルウェー代表(National Stadium/Cruz Quebrada)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー