JFA.jp

JFA.jp

EN

U-18日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-18 2017年 > U-18 International Tournament "Copa del Atlantico"  > 最新ニュース一覧 > U-18日本代表 カナリア諸島代表との初戦に勝利!【U-18 International Tournament "Copa del Atlantico"】

ニュース

U-18日本代表 カナリア諸島代表との初戦に勝利!【U-18 International Tournament "Copa del Atlantico"】

2017年02月08日

U-18日本代表 カナリア諸島代表との初戦に勝利!【U-18 International Tournament

Copa del Atlantico 第1戦 vs U-18カナリア諸島代表
2017年2月7日(火)キックオフ時間 16:00(現地時間)試合時間90分(45分ハーフ)
Municipal Maspalomas(スペイン/カナリア諸島)

U-18カナリア諸島代表 1-2(前半0-0、後半1-2)U-18日本代表

得点
67分 堀研太(U-18日本代表)
84分 失点(U-18カナリア諸島代表)
90分 安藤瑞季(U-18日本代表)

スターティングメンバー
GK:大迫敬介
DF:杉山弾斗、阿部海大、中川創、俣野亜以己
MF:田中陸、井澤春輝、藤本寛也、酒井将輝
FW:田川亨介、中島元彦

サブメンバー
GK:若原智哉
DF:橋岡大樹、生駒仁、川井歩
MF:堀研太、伊藤洋輝、郷家友太、山田康太
FW:安藤瑞季

交代
60分 酒井将輝 → 堀研太
60分 藤本寛也 → 山田康太
75分 井澤春輝 → 伊藤洋輝
75分 田川亨介 → 安藤瑞季
85分 中島元彦 → 郷家友太

マッチレポート

U-18日本代表 影山雅永監督の初陣は、スペイン/カナリア諸島でのU-18 International Tournament "Copa del Atlantico"の第1戦 地元U-18カナリア諸島代表との試合となりました。

「走る」「切り替え」「コミュニケーション」をキーワードに、全力を出し切るように伝え、選手をピッチに送り出しました。

日本は試合開始から激しくボールを追いプレッシャーをかけ、チャンスメイクするも、相手も会場にきた地元サポーター200名を味方につけ、屈強なフィジカルで対応。若干押し込み気味に相手ピッチ内での攻防が繰り広げられました。前半23分、影山監督はトップ下の中島元彦選手と左MF田中陸選手のポジションを変更させると、その後試合が少しづつ動き出します。34分、左サイドから田中選手のパスを受けて杉山弾斗選手がシュートを放つも惜しくもクロスバーの上へ。39分、中島選手のスルーパスから、田中選手がシュートするもディフェンダーに阻止されます。そのままスコアレスで前半終了。

後半に入っても互いに激しいボールの奪い合いが続きましたが、58分田川享介選手が中央をすり抜けゴールキーパーと一対一になるも好セーブに阻まれます。62分、再び田川選手が中央をすり抜けようとしたところを倒されPKを獲得。自ら蹴るもゴール左に外れ得点できません。なかなか得点できずにいた日本でしたが、67分、途中出場の山田康太選手からタイミング良く抜け出した堀研太選手にスルーパス、一瞬の隙をつき先制ゴールが生まれました。しかし84分、中央を突破され失点、同点に追いつかれます。しかし、慌てることなく、自分たちのサッカーを貫こうと、終盤になっても運動量が落ちることなくプレッシャーをかけ続けていたロスタイム、自陣深くから山田選手のロングフィードに反応した安藤瑞季選手がDFラインを突破し、ゴールキーパーの出鼻をくじく見事なシュートで2点目のゴール。そのまま試合は終了し、初戦を2-1で飾りました。

試合詳細はこちら

監督・選手コメント

影山雅永 監督
厳しい試合でしたが、選手が最後まで信じて戦ってくれた結果、勝利を収めることができました。ただし、まだまだ改善点が多いのも確かです。これからです。

DF #3 杉山弾斗 選手(市立船橋高校)
まずは初戦をしっかりと勝ちきれたという部分では良かったです。しかし、チームとしての試合運びや個人としての課題も多くあったので、しっかりと修正し明日からの試合に繋げて、しっかりと3勝できるように準備していきたいです。

DF #20 阿部海大 選手(東福岡高校)
今日のカナリア諸島代表との試合は、チームで勝ち取った貴重な1勝です。でもこの試合で修正しないといけないところがたくさん出たので、話し合って修正し、明日のベルギー代表との試合をチームみんなで勝ちにいきたいと思います。

MF #7 堀研太 選手(横浜F・マリノスユース)
初戦カナリア諸島代表相手に少ない練習、小さなトラブルがあったなか勝てたことは素晴らしいと思います。試合開始の笛がなったと同時に自分たちのやりたいみんなで走るサッカーができていました。後半の途中から出場して自分のプレースタイルを見せられ点を取れたので良かったです。同じチームメイトの山田選手から素晴らしいスルーパスがきて、後は流し込むだけでした。次のベルギー戦もチーム一丸となって戦います。

MF #8 井澤春輝 選手(浦和レッドダイヤモンズユース)
まず、初戦を勝ちきれたのは良かったです。勝つことの難しさ、小さなミスが命取りになることを改めて感じました。個人的には、切り替えをもっと早くすることや、球際で負けないことはもっと表現できたと思います。また、攻撃面では状況に応じてのボールの動かし方をもっと考えてプレーできたと思います。残り2試合あります。積極的にチャレンジしたいと思います。

FW #18 安藤瑞季 選手(長崎総合科学大学附属高校)
スペインでの初の公式戦、「勝ちきる事は簡単じゃない」だからもっと自分たちのレベルアップが必要、本当にそう感じた試合でした。まだこのチームはスタートしたばかり。チャレンジ精神でミスがあったら、みんなで改善していきます。スタッフ、メンバーが一つになり、次も勝利に繋げたいです。

スケジュール

   U-18 International Tournament "Copa del Atlantico" 
2月7日(火) 2-1 vs U-18カナリア諸島代表(Maspalomas)
2月8日(水) 16:00 vs U-18ベルギー代表(Alfonso Silva)
2月9日(木) AM/PM トレーニング
2月10日(金) 18:30 vs U-18スペイン代表(Alfonso Silva)
2月11日(土) AM/PM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※時間は全て現地時間です。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー