JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-18 2015年 > Panda Cup 2015 > 最新ニュース一覧 > U-18日本代表 Panda Cup 第3戦マッチレポート vs.U-18スロバキア代表

ニュース

U-18日本代表 Panda Cup 第3戦マッチレポート vs.U-18スロバキア代表

2015年06月29日

U-18日本代表 Panda Cup 第3戦マッチレポート vs.U-18スロバキア代表

U-18日本代表Panda Cup2015  予選リーグ第3戦  vs. U-18スロバキア代表
2015年6月28日(日)   キックオフ16:00   試合時間90分(45分x2)
Shuangliu Sports Centre Stadium(中国/成都)

U-18日本代表   2-1(前半2-0、後半0-1)  U-18スロバキア代表

得点
17分   小川航基(日本)
20分   小川航基(日本)
68分   失点(PK)(スロバキア)

スタメン
GK: 廣末陸
DF: 藤谷壮、野田裕喜、町田浩樹、舩木翔
MF: 岩崎悠人、佐々木匠、長沼洋一、久保田和音
FW:杉森考起、小川航基

サブメンバー
GK: 小島亨介
DF: 柳貴博、冨安健洋、浦田樹
MF: 森島司、鈴木徳真
FW: 一美和成、岸本武流

登録外メンバー
(出場停止、怪我など)
MF: 邦本宜裕

交代
HT  久保田和音 → 森島司
68分  杉森考起 → 一美和成
68分  長沼洋一 → 鈴木徳真
86分  小川航基 → 岸本武流
90+3分  舩木翔 → 浦田樹
90+3分  藤谷壮 → 冨安健洋

警告・退場
藤谷選手(反スポ)

マッチレポート

Panda Cup最終戦の相手は、U-18スロバキア代表。
勝利したチームが優勝という決戦は、守備ラインを下げてカウンター攻撃を狙うスロバキアに対し、日本はボールをピッチ全体に動かしながらスロバキア陣内に入り攻撃を仕掛けます。そして17分、センターサークル付近でボールを奪い、佐々木匠選手がゴール前でパスを受けスルーパスを送ると、小川航基選手が冷静にシュートを決めて日本が先制します。20分には、長沼洋一選手がセンターサークル付近から相手ディフェンスラインの背後にパスを送ると、再び小川選手がボールを受けて相手ゴールキーパーの頭上を越すループシュートを決めて2-0。日本が優位に立った状態で前半を終えます。

後半も引き続き日本がボールを支配し追加点を奪いに行きますが、なかなか得点を奪えない状況が続きます。68分に不用意のファウルで相手にペナルティキックを与えてしまい、これを決められて2-1となります。しかし、その後も日本はミスが目立つもののリズムを崩さず、攻撃を仕掛け続けて主導権を握ります。そして試合はこのまま終了し、日本は3戦全勝でPanda Cupを優勝しました。

なお、大会得点王には小川航基選手(5得点)、大会MVPには佐々木匠選手が選ばれました。

選手コメント

町田浩樹 選手(鹿島アントラーズユース)
今日の試合は、10月の予選と同じ条件の中1日の試合で、1、2試合目に比べ運動量が少なくなりましたが、しっかり勝利し優勝することができて嬉しいです。一方でチームも個人も攻守において課題はたくさんあるので真摯に受け止め、自チームに戻ってしっかり修正し、さらにレベルアップできるように取り組んでいきたいと思います。

杉森考起 選手(名古屋グランパスU18)
ロシアの大会(バレンティン・グラナトキン記念第27回国際ユースフットボールトーナメント)以来の国際大会で、結果にこだわってプレーし、3戦3勝で優勝できたことは、反省点もありますがチーム全員で最後まで闘えた結果だと思います。個人としては、FWとして貪欲に結果にこだわっていきたいので、チームに帰っても努力します。応援ありがとうございました。

鈴木徳真 選手(筑波大)
今回この遠征に招集されたことに本当に感謝しています。また優勝することができ、本当に嬉しく思います。海外の選手と試合を行う機会が少ない中、今回の遠征はすごく充実したものになりました。体の強さ、サッカーの文化を肌で感じることができ、自分の実力不足を改めて痛感しました。これを糧にまた自チームで実力をつけて海外に挑戦したいと思います。応援本当にありがとうございました。

舩木翔 選手(セレッソ大阪U-18)
今回の遠征では、ベンチのメンバーも含めチーム一丸となって戦うことを目標としてやってきましたが、最終日に優勝という結果を残すことができて本当に嬉しく思います。まだまだ個人の部分でも詰めていかなければならないところもあると思うので、チームで一生懸命頑張って、また代表に呼ばれるように頑張りたいです。

一美和成 選手(大津高)
3連勝で優勝することができたのは暑い中チーム全員が一丸となった結果だと思います。この遠征で自分自身の課題が見つかったので、また代表に選ばれるように頑張ります。

岩崎悠人 選手(京都橘高)
優勝という形で終えることができ、とても嬉しく思っています。今回は10月の予選と同様に中1日で試合が行われる大会で、予選に向けての良い遠征となり、その中で結果が残せたので非常に良かったと思います。個人としても、新たな課題を見つけたのでチームで克服し、また成長した姿でこの場所に戻ってこれるようにがんばります。

スケジュール

6月22日(月) AM トレーニング
6月23日(火) AM
PM
トレーニング
公式トレーニング
Panda Cup 2015
6月24日(水) 6-0 vs. U-18キルギス代表(Shuangliu Sports Center Stadium)
6月25日(木) PM トレーニング
6月26日(金) 5-1 vs. U-18中国代表(Shuangliu Sports Center Stadium)
6月27日(土) PM トレーニング
6月28日(日) 2-1 vs. U-18スロバキア代表(Shuangliu Sports Center Stadium)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

Panda Cup 2015
中国、日本、キルギス、スロバキアの4か国が参加し、総当たりで対戦する。

今後の予定

7/14~16 トレーニングキャンプ(新潟)
8/10~16 SBSカップ(静岡)
8/31~9/7 中国遠征(北京現代国際ユーストーナメント)
9/21~27 トレーニングキャンプ(調整中)
9/28~10/6 AFC U-19選手権バーレーン2016予選(開催地未定)
第1戦 10/2 vs. ラオス
第2戦 10/4 vs. フィリピン
第3戦 10/6 vs. オーストラリア
11/10~17 イングランド遠征
12/17~20 トレーニングキャンプ(調整中)
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー