JFA.jp

JFA.jp

EN

U-18日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-18 2015年 > 2015長安フォードカップ CFA 国際ユース(U-18)フットボールトーナメント青島 > 最新ニュース一覧 > U-18日本代表 2015長安フォードカップ CFA 国際ユース(U-18)フットボールトーナメント青島 マッチレポート 第1戦 vs.U-18シリア代表

ニュース

U-18日本代表 2015長安フォードカップ CFA 国際ユース(U-18)フットボールトーナメント青島 マッチレポート 第1戦 vs.U-18シリア代表

2015年09月08日

U-18日本代表 2015長安フォードカップ CFA 国際ユース(U-18)フットボールトーナメント青島 マッチレポート 第1戦 vs.U-18シリア代表

2015長安フォードカップ CFA 国際ユース(U-18)フットボールトーナメント青島 第1戦 vs U-18シリア代表
2015年9月7日(月) キックオフ 16:00 試合時間 90分(45分×2)
Qingdao Guoxin Stadium(中国/青島)

U-18日本代表 4-0(前半1-0、3-0) U-18シリア代表

得点
30分 小川航基(U-18日本代表)
55分 小川航基(U-18日本代表)
71分 小川航基(U-18日本代表)
81分 岩崎悠人(U-18日本代表)

スターティングメンバー
GK:小島亨介
DF:藤谷壮、野田裕喜、町田浩樹、舩木翔
MF:堂安律、坂井大将、佐々木匠、長沼洋一
FW:吉平翼、小川航基

サブメンバー
GK:脇野敦至
DF:岩田智輝、岡野洵、冨安健洋、浦田樹
MF:三好康児、鈴木徳真、森島司、髙木彰人
FW:一美和成、岩崎悠人

交代
73分 吉平翼 → 岩崎悠人
78分 堂安律 → 三好康児
85分 小川航基 → 一美和成

マッチレポート

大会初戦の相手は、U-18シリア代表。

試合序盤は、日本よりも長い芝生に日本の選手が足を取られてしまう場面が見られ、自陣のコートでパスミスを犯して相手に得点のチャンスを与えてしまいます。しかし、徐々にミスも減ってプレーが安定し、自分たちのサッカーができてくると、30分には藤谷選手、堂安選手、佐々木選手のコンビネーションから相手の左サイドを突破し、佐々木選手がゴール前に低い弾道のクロスボールを入れると、これに小川選手が飛び込んで右足で合わせ、日本が先制。1-0で前半を折り返します。

後半に入っても日本の攻撃の勢いは止まらず、シリアゴールに襲いかかります。そして55分、相手陣内でボールを奪い、このボールを相手の右サイドでパスを受けた舩木選手がゴール前にクロスボールを入れると、小川選手が今度はヘディングシュートを豪快に決めて2-0とします。さらに71分には、またも相手の右サイドから長沼選手がドリブルで突破してゴール前に高めのクロスボールを入れると、相手ゴールキーパーが一度は弾きますが、こぼれたボールに小川選手が素早く反応してシュートを決め、ハットトリックを達成します。そして4点目は81分。途中出場の岩崎選手が佐々木選手からの正確なスルーパスにゴール前で反応し、相手ディフェンス陣の背後をついてボールを受け、冷静にシュートを決めて試合を決定づけます。試合はこのまま終了。日本はトレーニングを行ってきたサイド攻撃から得点を奪い、大事な初戦を勝利で収めました。

選手コメント

藤谷壮 選手(ヴィッセル神戸U-18)
まず、初戦のシリア戦に勝てたことは良かったと思います。今遠征は10月の予選に向けてのシミュレーションとなります。予選でも初戦は非常に大切な試合ですし、この勝利は良いイメージを持たせる結果になったと思います。まだ2試合あるので試合に向けて最善の準備をし、勝利を目指したいと思います。

長沼洋一 選手(サンフレッチェ広島ユース)
今大会は、10月の予選と同じく中1日で3試合という日程で、その初戦というのはとても大事な試合になり、勝てば良い流れで2試合目、3試合目につながると思っていたので、チーム全員が一丸となって勝利することができてとても良かったです。残り2試合もしっかり勝って予選に向けての良いシミュレーションにしたいと思います。

小川航基 選手(桐光学園)
結果的には4点取り、無失点で試合を終えられたことはとても良かったと思います。内容としてはまだまだミスが多く、連携も良くないところがあるのでもっとコミュニケーションをとって良い内容と結果がついてくるようにしたいです。個人的には、結果を出せてよかったところもありますが、もっと要求して連携を高め、さらに結果を出せるように頑張ります。

佐々木匠 選手(ベガルタ仙台ユース)
無失点でなおかつ得点もとれ、良い結果を出すことができました。得点差が開いてからも試合運びは良くなり、みんなで集中して足を止めずに最後まで戦うことができました。この遠征は10月の予選のシミュレーションのつもりで戦っているので、次に向けてしっかり準備して3試合とも良い結果を出せるようにしたいです。

スケジュール

2015長安フォードカップ CFA 国際ユース(U-18)フットボールトーナメント青島
9月7日(月) 4-0 vs U-18シリア代表 (青島国信スタジアム)
9月8日(火) AM トレーニング
9月9日(水) 19:35 vs U-18中国代表(青島国信スタジアム)
9月10日(木) AM トレーニング
9月11日(金) 16:00 vs U-18ウズベキスタン代表 (青島国信スタジアム)
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー