JFA.jp

JFA.jp

EN

ニュース

U-18日本代表、U-17ロシアに快勝し大会初勝利

2015年01月06日

U-18日本代表、U-17ロシアに快勝し大会初勝利

バレンティン・グラナトキン記念第27回国際ユースフットボールトーナメント 1次リーグ第2戦
2015年1月5日(月)    キックオフ 14:15    試合時間90分 (45分ハーフ)
Peterburgsky SCC (ロシア/サンクトペテルブルグ)
U-17ロシア代表   1-3(前半0-1、後半1-2)    U-18日本代表

得点
39分    岸本武流 (日本)
55分    小川航基 (日本)
57分    失点(PK)(ロシア)
71分    野田裕喜(日本)

スターティングメンバー
GK:  阿部航斗
DF:  藤谷壮、野田裕喜、中山雄太、浦田樹
MF:  小林颯、坂井大将、森島司、久保田和音
FW:  小川航基、岸本武流

サブメンバー
GK:  小島亨介
DF:  板倉滉、庄司朋乃也
MF:  三好康児、長沼洋一、佐々木匠
FW: 杉森考起

交代
60分   岸本武流 → 杉森孝起
73分   浦田樹 → 佐々木匠
84分   藤谷壮 → 庄司朋乃也

ベストプレーヤー賞 (※毎試合各チームから1名が選出)  小川航基 選手
警告・退場  なし

マッチレポート

1次リーグ第2戦の相手はU-17ロシア代表。当初はアルバニア代表が今大会に参加予定でしたが、参加辞退となったため、年齢が1歳下のU-17ロシア代表が急きょ大会に参加し対戦することになりました。
この試合に引き分けるか勝利すれば1次リーグ2位通過が決まる日本は、ツートップに入った小川選手と岸本選手が、試合序盤から相手の裏のスペースやボールサイドでボールを受けて攻撃の起点となり、中盤に入った久保田選手と小林選手が攻撃に加わってシュートの形を何度もつくります。また、セットプレーでもチャンスをつくり、ゴール前でのフリーキックでは浦田選手が鋭いシュートで直接ゴールを狙いますが、これは相手ゴールキーパーに防がれます。それでも攻め続ける日本は39分、右サイドからのコーナーキックでファーサイドに流れたボールを小川選手がニアサイドに折り返し、これを岸本選手がヘディングで決めて日本が先制。日本が1-0のリードで前半を折り返します。

後半は開始早々からロシアが前線からプレスをかけてきますが、日本はボールを失わずにパスをつないで相手の裏のスペースにボールを配給し、岸本選手や久保田選手がシュート放ち追加点を奪いにいきます。
そして追加点は55分、右サイドから藤谷選手が早めにクロスボールをゴール前に送ると、これを小川選手がヘディングで決めて2-0とします。しかし日本は57分に不用意なファウルでペナルティキックを献上し、これを決められ2-1となります。

それでも日本は追加点を奪いに攻め続けると、71分にはセットプレーの流れから左サイドで久保田選手がボールを受けゴール前にクロスボールを送ると、これに野田選手が飛び込み追加点を奪います。その後も日本は、ピンチを招くこともなく何度も攻撃のチャンスを作りましたが、追加点は奪えず試合は3-1で終了。日本は1次リーグを2位で通過し、2次リーグではスロバキアとフィンランドと対戦することになりました。

選手コメント

野田裕喜 選手 (大津高校)
今日の試合では、アゼルバイジャン戦で出た課題を意識してプレーしました。3得点取れたのは良かった事ですが、失点してしまったので次の試合でまた修正したいと思います。残りの3試合、犠牲心を持ってチームの勝利に貢献出来るように頑張りたいと思います。

小林颯 選手 (四日市中央工業高校)
ロシア遠征に招集され、嬉しく思っています。今日の試合ではスタートから出させてもらい、日本の国歌が流れた時にすごく気が引き締まりました。今日の試合ではチームが一つになり、しっかり勝てたので、残り3試合も結果を残して日本に帰りたいと思います。

久保田和音 選手 (大阪桐蔭高校)
今日はロシアU-17代表との試合でした。内容はセットプレーとサイドからの攻撃で3得点する事が出来ましたが、まだまだラストパスの精度であったり、フィニッシュの精度が低かったです。個人的にもひとつひとつのパスの精度や動きながらのプレーをするところで課題が見えたので、少しでも修正して次の2次リーグに向けて頑張りたいと思います。

今後の試合予定

1月7日(水) 14:15 vs スロバキア (Peterburgsky SCC)
1月8日(木) 14:15 vs フィンランド (Peterburgsky SCC)
1月11日(日) 順位決定戦 

スケジュール

1月1日(木) PM  トレーニング
1月2日(金) AM/PM  トレーニング(Peterburgsky SCC/SC Zenit)
バレンティン・グラナトキン記念第27回国際ユースフットボールトーナメント
1月3日(土)  0-1 1次リーグ第1戦 vs アゼルバイジャン (Peterburgsky SCC)
18:30 開会式
1月4日(日) AM トレーニング (Peterburgsky SCC/SC Zenit)
1月5日(月) 3-1 1次リーグ第2戦 U-17ロシア代表 (Peterburgsky SCC)
1月6日(火)  AM トレーニング (Peterburgsky SCC/SC Zenit)
1月7日(水) 14:15 2次リーグ第1戦 vs スロバキア (Peterburgsky SCC)
1月8日(木) 14:15 2次リーグ第2戦 vs フィンランド (Peterburgsky SCC)
1月9日(金) AM トレーニング (Peterburgsky SCC/SC Zenit) 
1月10日(土) AM トレーニング (Peterburgsky SCC/SC Zenit)
1月11日(日) TBC 順位決定戦
21:00 閉会式

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

バレンティン・グラナトキン記念第27回国際ユースフットボールトーナメント参加国

  グループA:ロシア、リトアニア、モルドバ
  グループB:ベラルーシ、エストニア、ラトビア
  グループC:ブルガリア、スロベニア、カザフスタン
  グループD:スロバキア、サンクトペテルブルグ、ギリシャ
  グループE:モスクワ、韓国、フィンランド
  グループF:日本、U-17ロシア代表、アゼルバイジャン

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー