JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-17女子 2018年 > 最新ニュース一覧 > ブラジルとスコアレスドローで勝点1を獲得 ~FIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ2018~

ニュース

ブラジルとスコアレスドローで勝点1を獲得 ~FIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ2018~

2018年11月14日

ブラジルとスコアレスドローで勝点1を獲得 ~FIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ2018~

U-17日本女子代表は現地時間11月13日(火)、FIFA U-17女子ワールドカップウルグアイ2018のグループステージ第1戦に臨み、U-17ブラジル女子代表と対戦しました。

大会全体の1試合目を飾った日本は、緊張からか立ち上がりはチーム全体に少し硬さが見られ、自らのミスも重なって思うようなサッカーを展開できません。それとは対照的に、勢いのあるブラジル両サイドバックの積極的な攻撃参加を許してしまいます。しかし日本は、GK大場朱羽選手の素早い飛び出しや、伊藤彩羅選手の鋭いボールカットによってゴールを守ります。日本は13分にチャンスをつくり、善積わらい選手のスローインを受けた大澤春花選手が、ペナルティーエリア内左に進入してグラウンダーのクロス。これに神谷千菜選手が合わせましたが、シュートはゴール右に外れました。

南米予選1位のブラジルは、序盤から勢いのある攻撃を仕掛けていましたが、30分頃からそれが弱まり、日本が徐々にボールをつなぎ始めます。32分にはセットプレーのチャンスを得て、キャプテンの松田紫野選手がゴール前にボールを上げると、後藤若葉選手が右足でシュートしましたが、これはゴール右に外れました。さらに時間の経過とともに、日本のミドルレンジパスやショートパスがテンポよくつながり、サイド攻撃も効果的になっていきました。

後半に入り、運動量が落ちたブラジルに対して、日本らしいドリブルとパスを織り交ぜた攻撃で相手を崩していきます。62分、左サイドからのクロスを相手GKがファンブルし、瀧澤千聖選手が拾って木下桃香選手にパス。木下選手が左足でミドルシュートを放ちますが、これはわずか左に外れました。

池田太監督は、63分と80分に山本柚月選手と田中智子選手を投入。日本はますます運動量を上げながら、幅のある攻撃を仕掛けていきました。連続して前線を動き回って山本選手がブラジル守備陣を慌てさせ、田中選手が攻撃に勢いをつけますが、南米予選で3失点というブラジルゴールは堅いまま。日本は後半のアディショナルタイム3分が終了するまでゴールを目指しましたが、スコアは動かず0-0で試合終了となりました。日本は強豪ブラジルを相手に得点こそ挙げられませんでしたが、後半は主導権を奪い返し、初戦で貴重な勝点1を手にしました。

また、試合のプレイヤーオブザマッチには森田美紗希選手が選出されました。

U-17日本女子代表は、中2日で16日(金)のグループステージ第2節・U-17南アフリカ女子代表戦を迎えます。

選手コメント

GK #1 大場朱羽 選手(JFAアカデミー福島)
勝点3は取れませんでしたが、みんなで団結して無失点で抑えられたことは良かったと思います。前半は攻められる時間が多く、後半は日本のペースになりましたが、ブラジルの選手はキック力やスピードがあるので、前線の選手が背後に抜けてくる部分のケアを意識していました。日本の前線の選手が体を張って、背後に出るようなボールを蹴らせなかったのはすごく心強かったです。これからいい準備をして次の試合はより良い試合をして、しっかり無失点で勝ち切りたいと思います。

MF #7 松田紫野 選手(日テレ・メニーナ)
初戦という難しさがあり、始めは自分たちも緊張からプレーが硬くなっていたと思います。前半の途中から自分たちが得意とするパス回しができるようになり、相手を圧倒することができましたが、フィニッシュの部分で課題が出てしまいました。ブラジルはスピードやパンチ力があり、ロングフィードが多いことは聞いていたので、そこの準備をしようと全員で声を掛け合えていたのでそこは良かったと思います。まだまだ試合は続くので、ここで落ち込まずに次戦で勝点3をつかめるように準備していきたいです。

MF #19 森田美紗希 選手(岡山県作陽高)
個人としてはもっとしかければ、ゴールを狙うプレーができればよかったと後悔している部分があります。初戦ということもありますし、自分でチャレンジすることが少なかったので50~60%くらいので出来だったと思います。手応えはそこまでありませんが、チームとして頑張れたのは良かったです。次は必ず勝点3を取り切ることと、個人としてはゴールに向かうプレーやアシストができればいいと思います。

スケジュール

FIFA U-17女子ワールドカップウルグアイ2018
11月11日(日)
~12日(月)
AM/PM トレーニング
11月13日(火) 0-0 グループステージ第1戦 対 ブラジル
(Estadio Domingo Burgueño Miguel)
11月14日(水)
~15日(木)
AM/PM トレーニング
11月16日(金) 14:00 グループステージ第2戦 対 南アフリカ
(Estadio Domingo Burgueño Miguel)
11月17日(土)
~19日(月)
AM/PM トレーニング
11月20日(火) 14:00 グループステージ第3戦 対 メキシコ
(Estadio Domingo Burgueño Miguel)
11月21日(水)
~23日(金)
AM/PM トレーニング
11月24日(土) 17:00 (グループステージ1位突破の場合)
準々決勝(Estadio Profesor Alberto Suppici)
11月25日(日) 16:00 (グループステージ2位突破の場合)
準々決勝(Estadio Charrúa)
11月26日(月)
~27日(火)
AM/PM トレーニング
11月28日(水) 16:00/19:00 準決勝(Estadio Charrúa)
11月29日(木)
~30日(金)
AM/PM トレーニング
12月1日(土) 16:00/19:00 3位決定戦/決勝(Estadio Charrúa)

FIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ 2018

大会期間:2018年11月13日(火)~12月1日(土)
初戦:グループステージ第1戦 11月13日(火) 14:00(日本時間:11月14日(水) 2:00)vs ブラジル
TV放送: フジテレビNEXTにて生中継

招集メンバー詳細や過去の戦績など大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー