JFA.jp

JFA.jp

EN

U-16女子日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-16女子 2015年 > 最新ニュース一覧 > U-16日本女子代表 AFC U-16女子選手権中国2015 チャイニーズ・タイペイに6-0で勝利し、準決勝進出決定

ニュース

U-16日本女子代表 AFC U-16女子選手権中国2015 チャイニーズ・タイペイに6-0で勝利し、準決勝進出決定

2015年11月08日

U-16日本女子代表 AFC U-16女子選手権中国2015 チャイニーズ・タイペイに6-0で勝利し、準決勝進出決定

AFCU-16女子選手権 グループリーグ第2戦  vs  U-16チャイニーズ・タイペイ女子代表
2015年11月7日(土)キックオフ 15:00 試合時間 90分(45分×2)
Xinhua Road Stadium(中国/武漢)

U-16日本女子代表 6-0(前半5-0、後半1-0)U-16チャイニーズ・タイペイ女子代表

得点
18分 遠藤純(U-16日本女子代表)
24分 金勝里央(U-16日本女子代表)
31分 宮澤ひなた(U-16日本女子代表)
38分 宮澤ひなた(U-16日本女子代表)
40分 高橋はな(U-16日本女子代表)
88分 小嶋星良(U-16日本女子代表)

スターティングメンバー
GK:米澤萌香
DF:牛島理子、小野奈菜、高平美憂、金勝里央
MF:井芹夏稀、長野風花、菅野奏音、宮澤ひなた
FW:高橋はな、遠藤純

サブメンバー
GK:小暮千晶、田中桃子
DF:脇阪麗奈、金平莉紗、市瀬千里、宝田沙織、森中 陽菜
MF:米井朋香、唐橋万結
FW:植木理子、小嶋星良、三浦晴香

交代
HT 長野風花 → 金平莉紗
62分 井芹夏稀 → 小嶋星良

マッチレポート

AFCU-16女子選手権 中国2015 グループステージ第2戦、U-16日本女子代表はU-16チャイニーズ・タイペイ女子代表と対戦しました。

気温は5度、冷たい風が吹く中、15:00にキックオフ。日本は、第1戦のウズベキスタン戦から先発メンバーを9人入れ替えて臨みました。立ち上がりから試合の主導権を握りますが、相手の堅い守備をこじあけることができず、シュートで終えることが出来ません。15分を過ぎてようやく、丁寧にパスを繋ぎながら相手ゴールを脅かしていきます。18分、DF高平美憂選手のスルーパスFW宮澤ひなた選手が抜け出し、さらにパスを受けたFW遠藤純選手が冷静にゴールに流し込み、先制点を得ます。続く24分、MF菅野奏音選手が相手のパスをカットすると、ゴール前までドリブルで持ち込み、MF金勝里央選手にパス。ドリブルでゴール前まで運ぶも、ペナルティエリア内で倒され、PKを得ます。これを冷静に決め、2-0とします。攻撃の手を緩めない日本は、31分、38分に宮澤選手が、40分にFW高橋はな選手が得点を挙げ、前半を5-0で終えます。

後半、MF長野風花選手に変わりDF金平莉紗選手がピッチへ。ボランチに入ります。追加点を狙いに攻撃をしかけますが、なかなかゴール前をこじあけることが出来ません。それでも最後まで攻め続け、88分には途中出場したFW小嶋星良選手が得点を決め、6-0で勝利を収めました。この結果、日本の準決勝進出が決まりました。

監督・選手コメント

楠瀬直木 監督
1戦目のウズベキスタン戦から9人の選手を入れ替えて臨みました。選手たちには緊張があったものの、ボールを保持する時間が徐々に多くなるにつれ、日本のリズムで試合を運ぶことが出来ました。前半に5得点を挙げ、後半さらに相手がリトリートしてくると、なかなかシュートまで持っていくことが出来ず、後半は1得点にとどまりました。このような相手に対してどこを攻略するのか、相手を見ながら優先順位を共有することのクオリティーを上げていく必要があると思います。チームがさらに団結し、FIFA U-17女子ワールドカップ出場権獲得という目標に向けて頑張ります。

FW #25 遠藤純 選手(JFAアカデミー福島)
1戦目は出場せずに終わってしまい、とても悔しい思いをしました。そのため、2戦目では、点を決め勝ち切ることを目標にピッチに立ちました。初めての試合だったので、緊張や不安もたくさんありましたが、チームメイトが優しく声をかけてくれたので、90分間走り続けることが出来ました。初得点もとれたので良かったです。ただチャンスはもっとあり、決めきることができなかったので、次戦までに改善したいです。3戦目はいよいよ朝鮮民主主義人民共和国戦です。今までの試合以上に厳しくなることが予想されます。自分たちの特徴を活かし続け、フィジカルでも負けないようにしたいです。

FW #9 高橋はな 選手(浦和レッズレディースユース)
今大会初出場だったので緊張しましたが、絶対に点を決めてやるという思いを強く持って挑みました。日本が主導権を握り、チャンスも多くありましたが、決めきれないことが多かったです。次の朝鮮民主主義人民共和国戦やその先の試合に向けて、優勝するために、チームでもっと声を掛け合ったり、個人でも相手の嫌がるようなプレーを出来るように練習から全力で頑張ります。

スケジュール

AFC U-16女子選手権中国2015  
11月4日(水) AM/PM トレーニング
11月5日(木) 4-0 vs ウズベキスタン (Xinhua Road Stadium)
11月6日(金) AM/PM トレーニング
11月7日(土) 6-0 vs チャイニーズ・タイペイ (Xinhua Road Stadium)
11月8日(日) AM/PM トレーニング
11月9日(月) 15:00 vs 朝鮮民主主義人民共和国 (Xinhua Road Stadium)
11月10日(火) AM/PM トレーニング
11月11日(水) AM/PM トレーニング
11月12日(木) 15:00/19:00 準決勝 (Xinhua Road Stadium)
11月13日(金) AM/PM トレーニング
11月14日(土) AM/PM トレーニング
11月15日(日) 15:00/19:00 3位決定戦/決勝 (Xinhua Road Stadium)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

AFC U-16女子選手権中国2015

日本はグループB。グループAは中国、タイ、イラン、韓国。
本大会の上位2チームがFIFA U-17女子ワールドカップ ヨルダン2016の出場権を獲得。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー