JFA.jp

JFA.jp

EN

U-16日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-16 2016年 > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表候補、大阪でトレーニングキャンプを開始

ニュース

U-16日本代表候補、大阪でトレーニングキャンプを開始

2016年11月01日

U-16日本代表候補、大阪でトレーニングキャンプを開始

10月31日(月)

来年のFIFA U-17ワールドカップの出場権を獲得し、準決勝で敗退したAFC U-16選手権インド2016から1ヶ月、「00ジャパン」ことU-16日本代表候補が再び集合しました。今回は、大阪府堺市のJ-GREEN堺にて、トレーニングキャンプを実施します。9月に開催されたAFC U-16選手権インド2016では大会の規定上招集できなかった2000年1月1日から2000年9月1日生まれの選手を中心に初招集が16名と、非常にフレッシュなメンバー25名で構成されています。トレーニングキャンプの2日目、3日目には履正社高校、セレッソ大阪U-18、ガンバ大阪ユースとトレーニングマッチを行う予定です。

オープニングミーティングでは、森山佳郎監督が選手たちへ「AFCU-16選手権バーレーン2016で素晴らしい結果を出してくれたU-19日本代表、FIFA U-17女子ワールドカップヨルダン2016で世界の強豪相手に準優勝したU-17女子代表と比べると、U-16日本代表はまだまだ足りないことが多い。日常の過ごし方を変えないと、意識を変えないと、世界では戦えない。今回は招集していないが、AFCU-16選手権インド2016で戦った23名に対して、全てにおいて乗り越える意識でこの4日間積極的にアピールして欲しい」とメッセージを送りました。

午後には早速トレーニングを開始しました。これまでU-16日本代表が繰り返しトレーニングしてきた、3対2、1対1、GKを含めて4対4、7対7を実施。集合時や最初の食事で大人しかった雰囲気がガラっと変わり、トレーニングに入るとみんなが集中して声を掛け合い、激しい攻防が各所で見られました。特に攻撃陣の積極性は顕著で、何度もゴールが生まれました。森山佳朗監督が常日頃選手たちに伝えている「自分の長所を最大限に発揮しよう」という言葉に沿った積極的なプレーが続き、良い雰囲気で初日のトレーニングが終了しました。

1日(火)は午前・午後と2部トレーニングを予定しています。

*「00ジャパン」:2000年以降に生まれた選手たちで構成されたU-16日本代表チームの呼称

選手コメント

GK 松田亮 選手(東福岡高)
日本代表に招集されて嬉しかったですし、良いパフォーマンスをして結果を出そうと思います。初めてのトレーニングでは、攻撃陣の決定力の高さに驚きました。タイミングを外すシュートや、どこからでも打ってくる選手が多いので、シュートに対しての反応スピードを上げたいです。この代表に残るには、気持ちを高く持つ必要があるので、メンタル面をさらに磨きたいと思います。明日のトレーニングでは、攻撃から守備の切り替えのスピードを上げること、メッセージのこもったパスを送ることを意識して取り組みたいです。

DF 岡井駿典 選手(市立船橋高)
初めて日本代表に招集されて大変嬉しかったです。どうしても挑戦したかった場所なので、このチャンスを活かしたいです。本日の2時間のトレーニングだけでも、スタッフ・チームメイトからさまざまなことを吸収できました。スピードがある選手、ドリブルやシュートが上手い選手、いろいろな特徴を持った選手の中で、自分の長所であるクロスの質やサイド攻撃を積極的に仕掛けていきたいです。今回の遠征で学んだことを、所属チームでも自分に厳しく、意識を変えて継続していきたいです。

MF 松本大弥 選手(サンフレッチェ広島ユース)
子供の頃から目標にしてきた日本代表に招集され、大変嬉しく思います。普段とは異なった環境で、学べることが多いので、自分の足りないところや通用するところを明確にして、日々のトレーニングを頑張りたいです。本日のトレーニングでは、自分の長所である粘り強い守備やシュートも積極的に打つことができました。この遠征ではさまざまなことにチャレンジして、チームメイトからも吸収して、プレーの幅を広げたいです。短い遠征ですが、皆でコミュニケーションを取って、良い雰囲気でトレーニング、トレーニングマッチに臨みたいです。

FW 榊原彗悟 選手(横浜F・マリノスユース)
日本代表に招集されたことを聞いたとき、すごく驚きました。目標であった年代別代表に入れる大きなチャンスだと思ったので頑張ってアピールしたいです。周りのレベルがとても高く、最初は不安でしたが、トレーニングが進むにつれて自分の長所であるボールの受けるタイミングや、守備のハードワークが発揮できるようになり、不安はなくなって楽しむことができました。スルーパスが最大の長所なので、FWとの連携を上手く取り、自分の良さを常に出していきたいです。体の小ささを感じさせないプレーをしたいと思います。

スケジュール

10月31日(月) PM トレーニング
11月1日(火) AM/PM トレーニング
11月2日(水) AM
15:00
トレーニング
練習試合 vs 履正社高(J-GREEN堺)
11月3日(木) 10:00
11:30
練習試合 vs セレッソ大阪U-18(J-GREEN堺)
練習試合 vs ガンバ大阪ユース(J-GREEN堺)       

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

  

関連情報
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー