JFA.jp

JFA.jp

EN

U-16日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-16 2016年 > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表オマーン遠征活動開始!

ニュース

U-16日本代表オマーン遠征活動開始!

2016年07月13日

U-16日本代表オマーン遠征活動開始!

7月11日(月)

中東・オマーンにてトレーニングキャンプを行う「00ジャパン」ことU-16日本代表の活動が始まりました。本遠征では、U-16オマーン代表と2試合、地元の強豪国クラブU-20Al-Seeb Clubと1試合、合計3試合のトレーニングマッチを行う予定です。

「00ジャパン」は、今年9月に開催されるAFC U-16選手権インド2016を勝ち抜いて、来年のFIFA U-17ワールドカップ2017に出場することを目指しています。AFC U-16選手権インド2016を2ヶ月後に控える「00ジャパン」にとって、今回の遠征は重要なものとなります。

集合場所・成田空港でのオープニングミーティングでは、森山佳郎監督が選手たちへ「本番まで残りの活動は、今回の遠征を含め2回。FIFA U-17ワールドカップ2017の出場権を獲得する決定戦のAFC U-16選手権インド2016の準々決勝は、中東諸国と対戦する可能性が非常に高い。中東のサッカーに慣れる上でも非常に貴重なこの遠征を大事にして過ごして欲しい」とアドバイスを送り、チームはオマーンへ出発しました。

7月12日(火)

乗り換えを含め16時間の長距離移動でしたが、無事にオマーン・マスカットに到着した「00ジャパン」は早速、夕方からトレーニングを開始しました。今回のメンバーは、4名の初招集選手を含む18名が参加しています。中馬健太郎コンディショニングコーチのもと、ジョギング、ウォーミングアップとしてムービングプレパレーション、コアワークと続きます。2人組での体幹ヘディング、ボールワーク、5対5+1フリーマンのトレーニングを消化していきます。初招集の選手たちも、自分の良さを出そうと積極的にメニューに取り組んでいました。その後は、個人ではなくグループで判断を共有できる攻撃、守備を意識した実践練習に入っていきます。GKを入れて6対6、8対7を行いましたが、暑さや移動や時差の疲れもある中、選手たちは集中してトレーニングに臨み、充実した初日のトレーニングが終了しました。明日は、早速U-16オマーン代表と対戦します。

*「00ジャパン」:2000年以降に生まれた選手たちで構成されたU-16日本代表チームの呼称

選手コメント

DF #16 監物拓歩 選手(清水エスパルスユース)
先日参加したU-16インターナショナルドリームカップ2016でU-16マリ代表と対戦し、完敗した悔しい思いがあります。今回は、初招集選手が多いですが、短い時間の中でコミュニケーションを多く取り、AFC U-16選手権インド2016本番まで残り2ヶ月なので、チーム力をより高めたいと思います。個人としては、ヘディングでの競り合い、ラインコントロール、1対1に関して課題を持って取り組んでいますので、常に課題を意識してプレーしていきたいです。本日のトレーニングでは、もっとボールに絡むプレーが必要だと感じましたので、明日の試合は積極的にボールにチャレンジして勝利に貢献したいと思います。

MF #15 熊澤和希 選手(流通経済大学付属柏高校)
今回初招集されて大変嬉しく思います。高円宮杯U-18プレミアリーグでの継続的な試合出場が招集された一つの要因だと思います。この非常にレベルの高い環境で、自分のプレーを積極的に出して、成長していきたいです。本日、初めてトレーニングに臨みました。分からないことだらけで、困惑した部分も多く、所属チームの時より声が出ず、指摘を受ける部分が多かったです。ただ、徐々にチームメイトのプレーの特徴も見えてきて、何度か連携プレーなど上手くいくようになりました。明日の試合までに多くのコミュニケーションを取り、自分の長所であるスルーパスなどを大いに発揮できればと思います。

FW #13 泉柊椰 選手(ヴィッセル神戸U-18)
初めて日本代表に招集されて大変光栄に思います。正直、驚きのあまりすぐには実感が湧いてきませんでしたが、何か結果を残したい、自分のプレーを一つでも発揮したいという気持ちが徐々に膨らんでいます。自分の長所であるチャンスメイクや、ゴールに直結するプレーが評価されて招集されていると思いますので、良さを表現できるようにプレーしたいと思います。初めてトレーニングに参加してみて、やはりチームメイトのレベルも高く、森山佳朗監督からの要求も非常に細かいので、個の技術をより上げる必要があると感じました。明日の試合は、ゴールやアシストなどの結果が残せるように、何より自分にしかできないプレーを表現していきたいです。

スケジュール

7月12日(火) PM トレーニング
7月13日(水) 19:30 親善試合  vs  U-16オマーン代表(Sultan Qaboos Sports Complex)
7月14日(木) PM トレーニング
7月15日(金) 19:30 練習試合 vs  U-20 Al-Seeb Club(Sultan Qaboos Sports Complex)
7月16日(土) PM トレーニング
7月17日(日) 19:30 親善試合  vs  U-16オマーン代表(Sultan Qaboos Sports Complex)
7月18日(月) TBC トレーニング

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー