JFA.jp

JFA.jp

EN

U-16日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-16 > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表 2点リードするも終了間際に追いつかれ痛恨のドロー

ニュース

U-16日本代表 2点リードするも終了間際に追いつかれ痛恨のドロー

2014年06月02日

U-16日本代表 2点リードするも終了間際に追いつかれ痛恨のドロー

カスピアンカップ2014
2014年6月1日(日)現地時間18:00キックオフ 80分(40分ハーフ)
Dalga Arena(アゼルバイジャン/バクー)

U-16日本代表 2-2(前半2-0、後半0-2) U-16グルジア代表

得点
30分 半谷陽介(U-16日本代表)
33分 安井拓也(U-16日本代表)
45分 失点(U-16グルジア代表)
80+3分 失点(U-16グルジア代表)

スターティングメンバー
GK:鶴田海人
DF:斧澤隼輝、堂安律、森岡陸、池田太成
MF:田中康介、佐藤颯汰、山原怜音
FW:杉田将宏、渡邊陽、半谷陽介

サブメンバー
GK:櫻庭立樹
DF:阿部雅志
MF:梶山幹太、藤本寛也、安井拓也
FW:菅大輝、杉浦文哉

交代
31分 半谷陽介 → 安井拓也
HT 杉田将宏 → 梶山幹太
46分 山原怜音 → 菅大輝
50分 渡邊陽 → 阿部雅志
61分 斧澤隼輝 → 杉浦文哉

マッチレポート

グループリーグ第2戦は、3点差以上で勝利すればグループC1位通過となり、準決勝への扉が開かれるという状況でキックオフ。
試合は序盤から日本がテンポのよいパスと流動的な動きでボールを保持し続け、グルジアは文字通り身を挺して決定機を凌ぐという展開が続きました。
それでも30分に田中康介からのパスを半谷陽介が決め先制すると、直後の33分には途中出場したばかりの安井拓也がFKのこぼれ球をプッシュし、リードを2点に広げました。
その後も何度か決定機を作り出しましたが決めきれず、2-0で前半終了。

後半も同じような展開となり、追加点を奪う機会を何度も迎えますが、前半と比べ運動量が落ち、ボールの動きも止まり、不用意なプレーからPKを与え、1点差に詰め寄られます。
もう一度攻勢を強めたい日本でしたが、グルジアの勢いと球際の厳しさに手を焼き、追加点を奪うことができません。後半アディショナルタイム、グルジアに再びPKを決められ同点で試合を終えました。結果、日本は5位-8位決定戦に臨むことになりました。

コメント

木村康彦 監督代行
初戦のタジキスタン戦に引き分け、準決勝へ進出するためには3点差以上の勝利が条件でした。この二日間、決定機を多くつくること、ゴールへの意識を高めることをイメージさせて、トレーニングに取り組んできました。前半はゴールへ向かうアクションやシュートも多く、2点をリードして終えましたが、後半は運動量が落ち、ボールを失うことも多くなり、またしても終了間際にPKから同点にされ悔しい結果となりました。ゴール前の精度と運動量という課題が明確になったので、明日の順位決定戦で対戦するアジアの強豪ウズベキスタン代表との対戦も良い準備をして試合に臨みたいと思います。

半谷陽介 選手(FC東京U-18)
今日はフリーマンとして試合に出場しました。ボールを受ける回数を増やすこととシュートを沢山打つことを意識して試合に入りました。しかしキックオフから運動量が少なく、なかなかチャンスを作り出すことができませんでした。この反省をしっかり受け入れて、次の試合ではボールを保持している時も保持していない時も積極的にプレーしていきたいと思います。

杉浦文哉 選手(名古屋グランパスU15)
今日の試合ではチームとしてシュートの本数を前の試合より増やすことと、相手のディフェンスラインの状況をみて、サイドの幅を広く使って攻めるのか、中央から攻めるのか、ということを意識して試合に臨みました。シュートの本数や攻めの意識は改善されましたが、もっともっと精度を高めていく必要があると思います。また個人としては、途中出場したものの、流れを変えることができなかったので、もっと積極的にプレーしなければいけないと感じました。

櫻庭立樹 選手(コンサドーレ札幌U-15)
今回の遠征では今日に至るまで沢山のトレーニングを消化してきました。その中でここでしか学べないこと、気付いたこと、感じたことを整理して、明日以降のトレーニングや試合に活かしていきたいと思います。

田中康介 選手(京都サンガF.C.U-18)
試合に向けて「どれだけ良い準備ができるか」が課題でしたが、個人的にはある程度納得の行く準備ができていました。前半はフリーでボールを受けてチームを動かすことができていましたが、後半になるとその流れが消えてしまい、なかなかいい状態でボールを受けることができなくなりました。こまめに水分補給をするといったことやまだまだ未熟な部分を改善して、自分のものにしていきたいと思います。

スケジュール

カスピアンカップ2014

5月29日(木) 1 - 1 対 U-16タジキスタン(Sumqayit)
6月1日(日) 2 - 2 対 U-16グルジア(Dalga)
6月2日(月) 17:00 順位決定戦 対 U-16ウズベキスタン代表
6月3日(火)   トレーニング
6月4日(水) 17:00 順位決定戦
6月5日(木)   トレーニング

※時間は現地時間

カスピアンカップ2014 参加国

グループA:アゼルバイジャン(U-17)、アフガニスタン、ブルガリア
グループB:アゼルバイジャン(U-16)、キルギス、イラン
グループC:日本、タジキスタン、グルジア
グループD:トルコ、ウズベキスタン、カザフスタン

今後の予定

7/7〜16 タイ遠征
8/4〜7 国内トレーニングキャンプ(調整中)
8/26〜9/3 直前キャンプ(調整中)
9/4〜20 AFC U-16選手権タイ2014

 

Japan National Team Partners

  • Official Sponsor

  • Official Supplier

Supporting Companies

  • Match Sponsor

 

日本代表
アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー