JFA.jp

JFA.jp

EN

U-15日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-15 2022年 > 最新ニュース一覧 > 【Match Report】U-15日本代表候補、ROOKIE CUP in J-VILLAGEは2日目も勝利で終える

ニュース

【Match Report】U-15日本代表候補、ROOKIE CUP in J-VILLAGEは2日目も勝利で終える

2022年08月03日

【Match Report】U-15日本代表候補、ROOKIE CUP in J-VILLAGEは2日目も勝利で終える

8月2日(火)、ROOKIE CUP in J-VILLAGEの2日目に臨んだU-15日本代表候補。強い日差しと暑さの中、午前と午後に2試合を行いました。

1試合目(vs.前橋育英高)では良い形で試合に入りましたが、最初の20分は一進一退の戦いでした。23分にMF福島和毅選手(神村学園中)が相手のペナルティエリアでボールを奪い、右足シュートを決め先制。前半を1-0で終えました。後半は暑さの中、選手にも疲れが見えてきましたが、それでも積極的にボールを奪いにいくと、34分にMF當野泰生選手(ガンバ大阪ジュニアユース)が2点目を決めました。42分には相手のゴール前のワンタッチシュートでMF福島選手が得点を決めました。44分に右サイドからMF當野選手が相手のペナルティエリアにアプローチして4点目を決めると、MF福島選手が52分に最後のゴールを決め、5-0で試合を終えます。

メンバーを入れ替えて臨んだ2試合目(vs. 西武台高)も最初の20分は一進一退の戦いでした。その後FW神代慶人選手がファウルで自ら獲得したPKを確実に決めて1-0でリード。しかし26分にはPKを与えてしまい同点に追いつかれ前半を終了します。なんとか勝ちたいと互いにチャンスを作りますが、守備陣が集中力をきらさず、得点が入らないまま試合の終盤を迎えます。最後までベンチからもチームを鼓舞して勝利を目指すと、55分に右サイドの森壮一郎選手(JFAアカデミー福島U-15WEST)のクロスからFW関口航汰選手(東急SレイエスFC U-15)がヘディングで決めて試合終了。試合終盤の劇的なゴールで、2-1で試合を終えました。

2日目も良い形で勝利したU-15日本代表候補。翌日も試合が続きますが、良い準備をして次の試合に向かいます。

選手コメント

DF 島佑成 選手(ヴィッセル神戸U-15)
まず今日は二試合とも勝ち切ることができたので良かったです。1試合目は立ち上がりからうまく入れて完封して勝つことができました。2試合目は先制してから追いつかれて厳しい試合展開でしたが二点目を奪い取ることができ最後まで守ることができて良い試合ができました。明日からも良い試合を続けて優勝したいです。

DF 山口耀琉 選手(サガン鳥栖U-15)
今日の1試合目の前橋育英戦は、立ち上がりから、前への意識を強く持って入りました。前半に得点を奪い、そのままの勢いで後半に入り、点も奪えていい試合ができました。試合を通して個人では攻撃の部分でも守備の部分でもまだまだ質を上げてプレーしたいと思いました。明日の試合も成長したいと思います。

MF 川合徳孟 選手(ジュビロ磐田U-18)
まずU-15日本代表候補のROOKIE CUP in J-VILLAGEメンバーに選ばれたことを嬉しく思います。自分は初招集ということもあり、慣れない部分もありましたが、尚志高校との試合や西武台高校との試合でキャプテンを任されました。
今日の西武台高校との試合では、2-1で勝つことができましたが、個々の所でキャプテンの責任を持つことだったり、セカンドボールを拾う所や、前から積極的な守備をすることの意識が低かったりする課題があるので改善しつつ、自分の特徴であるドリブルを仕掛ける所や、背後へのロングパス、ワンタッチパスなどを活かしてアピールしていきたいです。そしてコロナ下の中でもサッカーができていることに感謝して、明日からまた頑張りたいです。

MF 福田武玖 選手(徳島ヴォルティスジュニアユース)
前日の尚志高校戦で自分の力のなさが凄く感じられました。個人のミスでカウンターを何回も受けてしまい、苦しい試合になりました。しかし、今日の1試合目(前橋育英高校戦)は前日にみんなで出した反省点を活かしてプレーできました。自分もできた部分はありましたが、簡単なミスなどの課題も見えたのでとてもいいゲームになりました。
2試合目はベンチにいたのでチームのために声を出し続けました。試合中は興奮しすぎて、チームメイトから落ち着け、静かにして、と言われる回数も多くありました。その結果、喉は潰れました。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー