JFA.jp

JFA.jp

EN

U-15日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-15 2015年 > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表候補 市立船橋高校、流通経済大学付属柏高校と対戦

ニュース

U-15日本代表候補 市立船橋高校、流通経済大学付属柏高校と対戦

2015年05月18日

U-15日本代表候補 市立船橋高校、流通経済大学付属柏高校と対戦

U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ トレーニングマッチ (2試合)
2015年5月17日(日) キックオフ 9:15 90分(45分×2)
帝京平成大学千葉キャンパス(市原市)

トレーニングマッチ1戦目 vs 市立船橋高校

U-15日本代表 0-5(前半0-2、後半0-3)市立船橋高校

得点
22分 失点(市立船橋高校)
44分 失点(市立船橋高校)
54分 失点(市立船橋高校)
58分 失点(市立船橋高校)
61分 失点(市立船橋高校)

スターティングメンバー
GK:井ノ尾匠
DF:中崎颯人、石尾崚雅、杉井颯、江川慶城
MF:森田晃樹、東城雅也、山崎大地、兵藤健斗
FW:山田寛人、宇津元伸弥

後半メンバー
GK:藤田和輝
DF:渡辺大貴、井上詩音、福田心之助、檀崎竜孔
MF:鬼京大翔、山下雄大、谷内田哲平、津野絢世
FW:今村涼一、中村敬斗

交代
32分 井ノ尾匠 → 藤田和輝
62分 藤田和輝 → 林祥太郎

トレーニングマッチ2戦目 vs 流通経済大学付属柏高校

U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ トレーニングマッチ 
2015年5月17日(日) キックオフ 15:30 90分(45分×2)
帝京平成大学千葉キャンパス(市原市)

U-15日本代表 3-4(前半1-2、後半2-2)流通経済大学付属柏高校

得点
7分 失点(流通経済大学付属柏高校)
19分 中村敬斗(U-15日本代表)
25分 失点(流通経済大学付属柏高校)
54分 失点(流通経済大学付属柏高校)
56分 山田寛人(U-15日本代表)
83分 失点(流通経済大学付属柏高校)
87分 兵藤健斗(U-15日本代表)

スターティングメンバー
GK:藤田和輝
DF:渡辺大貴、井上詩音、福田心之助、檀崎竜孔
MF:鬼京大翔、山崎大地、谷内田哲平、津野絢世
FW:今村涼一、中村敬斗

後半メンバー
GK:林祥太郎
DF:中崎颯人、石尾崚雅、杉井颯、江川慶城
MF:森田晃樹、東城雅也、山崎大地、兵藤健斗
FW:山田寛人、宇津元伸弥

登録外メンバー(出場停止、怪我など)
MF:山下雄大

交代
16分 山崎大地 → 森田晃樹
32分 森田晃樹 → 山田寛人
32分 藤田和輝 → 林祥太郎
61分 林祥太郎 → 井ノ尾匠

選手コメント

中村敬斗 選手(三菱養和SC巣鴨ジュニアユース)
市立船橋高校戦はスタッフからの指摘の通り仲間同士のコミュニケーションが不足していたと思います。自分の持ち味も出せず悔しかったです。特に前線から守備することに関してはFW同士でポジショニングや誰がマークに付くかなど深く話し合って共有すべきことでした。流通経済大学付属柏高校戦では得点が取ることができて嬉しく思います。まだまだDFラインの裏のスペースへの狙いなど課題があるので、明日の練習では課題を意識しつつも何事も思い切りトライしていきたいです。

山崎大地 選手(サンフレッチェ広島ジュニアユース)
今日の試合相手は両チームともフィジカル面が強く、かつボールを動かすスピードがとても早かったので勉強になりました。練習で学んだ通り、ゴール前で中途半端なポジショニングにいると体を張った守備が出来ずシュートを打たれてしまうこと、また正確なパスを出さないとすぐボールを奪われてしまうことが良く分かりました。もう少しボールを貰う数を増やし、攻守において予測する動きをさらに求める必要があると認識したので明日は実践したいです。フィジカル面など球際で負けなかったプレーが何度かあったことは自信になりました。

福田心之助 選手(コンサドーレ札幌U-15)
市立船橋高校戦はほぼ何も出来なかったです。サイド攻撃を何度も許してしまい、コミュニケーションや連携面の不足からDFラインを落ち着かせることができなかったです。流通経済大学付属柏高校戦ではMFとの距離やポジショニングを確認したこともあり、決定機を作らせる回数はかなり減らすことができたのではないかと思います。明日、自分の長所をしっかり出して良い形で遠征を締めくくりたいです。

マッチレポート

U-15日本代表候補は、帝京平成大学千葉キャンパスにて市立船橋高校、流通経済大学付属柏高校との練習試合を行いました。両試合ともU-15日本代表候補は前半後半の出場メンバーを総入れ替えし、千葉県を代表する強豪校との試合に臨みます。
午前は市立船橋高校と対戦。日本は試合序盤アグレッシブな攻守の切り替えで相手に決定機を作らせません。しかし徐々にサイド攻撃からリズムを掴まれると22分に失点します。さらに44分には、不用意なクリアミスにて2失点目。ハーフタイムに森山佳郎監督は「仲間同士のコミュニケーションが足りない。どのようにポジションを取るか、どのように仲間同士の距離を保つか皆で話し合うこと」と檄を飛ばしました。後半に入っても押し込まれる状況が続きます。日本も今村涼一選手のロングシュートが惜しくもポストに当たるなど何度かチャンス迎えますが、得点を奪うことができません。54分、相手のCKを一度クリアしたものの再度拾われ、失点してしまいます。疲れが見える日本は58分と62分にも連続して失点し、そのまま0-5で敗戦しました。

午後は流通経済大学付属柏高校と対戦。7分DFの背後を取られ失点するも、午前中に比べ攻守の切り替えの早さを見せる日本は森田晃樹選手が相手パスをインターセプト。スルーパスを送り、中村敬斗選手が冷静に1対1を決め同点とします。しかし25分にサイド攻撃から、53分にコーナーキックからそれぞれ失点し1-3となります。日本も56分江川慶城選手が見事なスルーパスを前線に送り、山田寛人選手がこれを決めて2点目とし、粘りを見せます。83分に失点するも、86分フリーキックから東城雅也選手のクロスを兵藤健斗選手がヘッドで合わせ1点差に迫ります。試合終了間際、山田寛人選手がシュートを放ちますが惜しくもこれは枠を越え、日本は3-4で敗戦しました。

スケジュール

5月15日(金) 15:00 トレーニング(市原スポレクパーク)
5月16日(土) 9:30 / 15:00 トレーニング(市原スポレクパーク)
5月17日(日) 0-5
3-4
練習試合 vs. 市立船橋高(帝京平成大学千葉キャンパス)
練習試合 vs. 流通経済大付柏高(帝京平成大学千葉キャンパス)
5月18日(月) 9:30 トレーニング(市原スポレクパーク)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

今後の予定

6/5~11 韓国遠征 
7/20~30 海外遠征 
8/25~28 トレーニングキャンプ(国内) 
9/3~11 トレーニングキャンプ 
9/12~20 AFC U-16選手権2016予選 
関連情報
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー
[an error occurred while processing this directive]
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー