JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > フットサル日本代表候補 10月トレーニングキャンプを打ち上げる

ニュース

フットサル日本代表候補 10月トレーニングキャンプを打ち上げる

2020年10月30日

フットサル日本代表候補 10月トレーニングキャンプを打ち上げる

10月26日より活動しているフットサル日本代表候補は、10月27日に2部のトレーニングを実施し、最終日の10月28日にはFリーグ所属のY.S.C.C.横浜とトレーニングマッチを実施して今回のトレーニングキャンプを打ち上げました。

2部トレーニングを実施した2日目は、コロナ禍で過密日程のリーグ戦を戦う選手たちの疲労を考慮し、ブルーノ監督および下地フィジカルコーチのもと選手たちはコンディションを調整しながら、チームの戦術やセットプレーの確認を中心に取り組みました。また午後は内山GKコーチのもと、GKの選手はバランスボールやバレーボール、パンチングマシーンなどさまざまな用具を使いながらトレーニングを実施し、GKとして局面での判断や体の使い方を意識したメニューに約40分取り組みました。その後はFPの選手も合流し、翌日のトレーニングマッチに向けた最後の全体トレーニングを行いました。

最終日は14:30からY.S.C.C.横浜とトレーニングマッチを行いました。ブルーノ監督はチームミーティングで、トレーニング中に撮影している映像を見せながら選手たちに落とし込みを行い、最後はキャンプ初日に話した瞬間瞬間をどう過ごすかという部分に触れ、マインドセットを行い、選手達をピッチへ送り出しました。

トレーニングマッチはプレーイングタイム方式の1ピリオド20分の2本で実施されました。第1ピリオド早々に平田ネトアントニオマサノリ選手が先制点を奪ってチームに勢いをつけると、続く11分にも星翔太選手が追加点を奪います。スコアを2-0とするも終了間際に失点を喫して第1ピリオドを2-1で折り返します。第2ピリオドも前半の勢いそのままに攻め続けた日本代表候補チームでしたが前屈みになっていたところで相手のカウンターを受けてしまい、最終スコアは2-3と課題の残る結果となりました。

フットサル日本代表は年内も残すところあと2回の活動となります。コロナ禍でもさまざまな方のサポートのおかげで活動が実施できていることに感謝をしながら、2021年に開催が予定されているフットサルワールドカップの最終予選となるAFCフットサル選手権に向けてチームは継続的な強化を行います。

選手コメント

GK 矢澤大夢 選手(バサジィ大分)
今日の敗戦で代表は2連敗。この結果と真剣に向き合い、個々がそれぞれのチームで課題をもって取り組んでいかないといけない。個人としても、もう1つレベルを上げてボール回しの質や流れを変える決定的なセーブというのをチームに持ち帰り取り組んで行きたい。

FP 田口元気 選手(フウガドールすみだ)
このコロナ禍で無事キャンプを行えたことを、関わったすべての方に感謝します。最終日のトレーニングマッチでの敗戦はしっかりと受け止めないといけません。日本フットサルの代表として勝利をしなければならないことは誰しも分かっています。前回のバルドラール浦安戦から2連敗というのは僕たちが望む結果ではもちろんありません。しかし結果はもう変えられません。その上で、この敗戦という事実から絶対に目を背けてはいけません。言い訳はありません。今回のキャンプはもう帰ってこないので、責任と誇りを胸に、課題をチームに持ち帰りレベルアップし必ずこの場に帰って来ます。そして、このファミリーで打ち勝ちます。

FP 加藤未渚実 選手(シュライカー大阪)
今回も前回同様3日目にトレーニングマッチを行う流れの合宿となり、Y.S.C.C.横浜との試合を行いました。前回浦安に負けていることもあり、より気持ちを引き締めて戦いました。結果としては、2点リードした中での逆転を許してしまいました。リードを守りきれなかったことや、チャンスを決めきれないこと、パワープレーでのラストの精度などの課題があると思います。延期にはなりましたが、AFC選手権に焦点を合わせているだけにやるせない気持ちでいっぱいです。個人的には、膠着した状態でのチームを助けるプレーができなかったので、チームに戻ってそういうプレーができるように強い気持ちを持って練習していきたいと思います。

FP 平田ネトアントニオマサノリ 選手(名古屋オーシャンズ)
3日間の合宿が終わりました。代表チームとして浦安戦、横浜戦で2連敗してしまいました。絶対に負けてはいけない二試合でした。勝てるように悪いところを修正していくしかない。

スケジュール

10月26日(月) PM トレーニング
10月27日(火) AM/PM トレーニング
10月28日(水) 2-3 トレーニングマッチ vs Y.S.C.C.横浜

※スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更する場合があります。
※全チームスタッフ、選手は集合時にSmartAmp法での検査を実施します。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般の方におかれましてはトレーニングの見学は一切できません。
※選手やスタッフによるサイン、握手、写真撮影、プレゼント受け渡し等の対応も自粛させていただきます。
皆さまのご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー