JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-18日本代表、AFC U-19選手権2020予選に向け、スペインで活動を開始!

ニュース

U-18日本代表、AFC U-19選手権2020予選に向け、スペインで活動を開始!

2019年09月04日

U-18日本代表、AFC U-19選手権2020予選に向け、スペインで活動を開始!

11月にベトナムで開催されるAFC U-19選手権2020予選、来年開催されるAFC U-19選手権2020を突破し、FIFA U-20ワールドカップ2021で活躍することを目標としたU-18日本代表が3日(火)、スペインで活動を開始しました。
U-18日本代表は、影山雅永監督の下で今年2月に立ち上がり、スペイン遠征、3月のUAE遠征、6月のポルトガル遠征と海外での活動をし、7月には初めてJヴィレッジでの国内ラージトレーニングキャンプを実施、8月はSBSカップ国際ユースサッカー大会に出場するなど国内外でチームを強化。いよいよ迫るAFC U-19選手権2020予選前に向けて今回が最後の海外遠征となります。

先月開催されたSBSカップでは、2連勝で優勝を懸けたU-18コロンビア代表戦に臨むも惜敗。世界の強豪国との差を改めて痛感する大会となりました。今回はFIFA U-20ワールドカップポーランドに参加したU-20日本代表も今年3月に遠征をしたスペイン・ムルシア州のPinatar Arenaにて、U-18スコットランド代表、U-18スペイン代表との4試合を行います。特にスペイン代表は2月に対戦し0-4で完敗した相手で、今回はリベンジの機会となります。FIFAマッチデー期間には、ほぼ欧州中心に各カテゴリー代表チームがこのPinatar Arenaに集結。温暖で気候が良く、天然芝7面が隣接する施設で、今回もドイツ、スペイン、スコットランドも強化試合を図っています。

チームは1日(日)に集合し、翌2日(月)に約24時間の移動を経て、深夜に大会開催地であるスペイン・ムルシアのチームホテルへ到着。3日(火)から早速グラウンドに向かい、トレーニングを開始しました。この州ならではの清々しく温暖な気候の下、ランニングとムーブメントプレパレーションにて固まった体をほぐすと、早速ボールを使い、パス回しからDFの背後を狙うハイサイドを狙うトレーニング、最後はホッケーゲームで締めくくりました。夜のミーティングでは影山雅永監督とからチームコンセプトを、冨樫剛一コーチからは将来的に海外でのプレーを目指す選手が多いのでスペインでの指導者時代の話があり、スペイン遠征の初日を締めくくりました。

4日(水)もトレーニングを行い、5日(木)にはU-18スコットランド代表と、6日(金)にはU-18スペイン代表と試合を行います。

選手コメント

DF #19 池田航 選手(横浜F・マリノスユース)
今回の遠征は初招集になりますが、自分の持っている力を全てチームのために出せるように頑張ります。とても長い時間をかけて移動してきての最初のトレーニングは、短い時間でも非常にハードで疲れました。早く時差ボケや疲労をとる努力をしていきたいと思います。U-18日本代表のサッカーを早く理解し、海外の選手との戦い方を学んでいき、今後の活動にも活かしていきたいと思います。

MF #14 川崎颯太 選手(京都サンガF.C. U-18)
初めてU-18日本代表に追加招集され、驚きはありましたが、とても嬉しく思います。選ばれたからにはチームの勝利のために、自分の球際の強さや、長短のパスでチャンスメイクすることなど、自分の持ち味を発揮していきたいです。時差が7時間ある中で、その時間に対応していくのはとても難しかったです。トレーニングではチームメートの個々の技術の高さを改めて感じました。この遠征では、スコットランドやスペインといった高いレベルの相手と試合ができるので、笛が鳴った瞬間から全力で闘って勝ちたいです。身長差がある相手に対して自分の武器がどれだけ通用するのか楽しみです。

FW #18 大森真吾 選手(順天堂大)
代表活動に参加することは初めての経験になりますが、積極的に取り組み、自分の特徴とチームメートの特徴を共有していこうと思います。また、大学生の代表であることを自覚し、結果にこだわり次回の活動にも選ばれるよう頑張っていきたいと思います。時差が大幅にある国に来ることは初めてであり、疲労は少し感じましたが、試合までの期間で調整していこうと思います。トレーニングでは自分のコンディションを上げると共にコミュニケーションに意識をして取り組みたいと思います。
この遠征では、ヨーロッパの強豪チームと対戦する貴重な経験ができるので、自分のプレーがヨーロッパの選手に対しどこまで通用するのかを確認し、この遠征で個人のレベルを上げられるよう取り組んでいきたいです。

FW #20 植中朝日 選手(JFAアカデミー福島U18)
今回U-18日本代表スペイン遠征に選ばれて嬉しく思います。移動はトランジットなども含めると24時間以上近くかかったので疲れもありましたが、スタッフのアドバイスを参考に、時差対策を意識しながら過ごしたので、トレーニングも良い雰囲気で全員が実施していたので良かったと思います。この遠征では、誰よりも走ること、切り替えを早くすること、コミュニケーションを取ること、この3つのコンセプトは強く意識したいと思います。この3つは、このチームの根幹であるコンセプトなので、自分も意識し、かつ自分の特徴も出しながら次のAFC U-19選手権2020予選にも呼ばれるように頑張りたいと思います。

スケジュール

9月3日(火) AM/PM トレーニング
9月4日(水) AM/PM トレーニング
9月5日(木) 11:00 第1戦 vs U-18スコットランド代表(ムルシア/Pinatar Arena) 
9月6日(金) 11:00 第2戦 vs U-18スペイン代表(ムルシア/Pinatar Arena) 
9月7日(土) AM トレーニング
9月8日(日) 11:00 第3戦 vs Callosa Deportiva CF(ムルシア/Pinatar Arena) 
9月9日(月) 11:00 第4戦 vs U-18スコットランド代表(ムルシア/Pinatar Arena) 

※時間は全て現地時間となります。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

国際親善試合 ~スペイン遠征~

大会期間:2019/09/02(月)~2019/09/11(水)
会場:スペイン/Pinatar Arena

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー