JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-16日本女子代表 U-16オランダ女子代表に競り勝つ

ニュース

U-16日本女子代表 U-16オランダ女子代表に競り勝つ

2019年06月27日

U-16日本女子代表 U-16オランダ女子代表に競り勝つ

国際親善試合 U-16日本女子代表 vs. U-16オランダ女子代表
2019年6月26日(水) キックオフ時間15:30(現地時間) 試合時間90分(45分ハーフ)
Sportmedisch Centrum KNVB(オランダ)

U-16日本女子代表 3-2(前半1-0、後半2-2)U-16オランダ女子代表

得点
10分 藤野あおば(U-16日本女子代表)
49分 失点(U-16オランダ女子代表)
50分 失点(U-16オランダ女子代表)
56分 藤野あおば(U-16日本女子代表)
78分 藤野あおば(U-16日本女子代表)

1本目メンバー
GK:服部茜汐香
DF:小山史乃観、林愛花、石川璃音、櫨川結菜
MF:丹野凛々香、天野紗、太田萌咲、箕輪千慧
FW:西尾葉音、藤野あおば

サブメンバー
GK:西川佳那、大熊茜
DF:朝倉加奈子、平中響乃、井手ひなた
MF:及川小枝、佐藤千優、猪瀨結子
FW:生田七彩、根府桃子

交代
HT 西尾葉音 → 根府桃子
64分 櫨川結菜 → 猪瀨結子
86分 太田萌咲 → 平中響乃

マッチレポート

オランダ遠征を行っているU-16日本女子代表は6月26日(水)にU-16オランダ女子代表と対戦しました。

試合開始直後はオランダがボールを保持する時間帯が続き、なかなか主導権を握ることができません。
攻め込まれる4分、相手のコーナーキックをGK服部茜汐香選手がキャッチし、ピンチを防ぎます。
徐々に日本がペースをつかみ、7分にはMF箕輪千慧選手が相手のゴール前でボールを奪い相手DFをかわしてシュートを打ちますが、ゴールの枠を捉えられません。
10分には、MF太田萌咲選手、FW藤野あおば選手とパスを繋ぎ、FW西尾葉音選手が相手DFの背後へ抜け出しますが、このプレーに対してはオフサイドの判定。
しかしこの直後に相手GKのパスをFW藤野選手がカット。そのままシュート決め、先制点を決めます。その後は、日本ボールの時間帯が続きますが、決定機を作り出せず、1-0のまま前半を折り返します。
後半、大きくメンバーが交代した相手に対し、ボールを保持できない時間が続きます。
49分、相手にPKによる失点で1-1と追いつかれ、50分には日本ハーフ内で相手にボールを受けられそのままシュートを決められ1-2と逆転されます。
日本も応戦する形で攻撃を展開し、56分にFW藤野選手が相手のバックパスをカットし、シュートまで持ち込み自身2点目を決め2-2と同点に追いつきます。
そして76分には、MF天野紗選手からのパスにFW藤野選手が反応し、この試合3得点目を挙げ3-2で勝利を飾りました。

U-16日本女子代表は、6月29日(土)にオランダのクラブチームDZC’68と対戦します。

選手コメント

GK 服部茜汐香 選手(JFAアカデミー福島)
前半、先制点を取ることができたことがチームの勢いにもつながって良かったです。相手は、体が大きくて強い選手も多かったですが、みんなで声を掛け合って全員で戦うことができました。後半、2失点し、逆転されてしまいましたが、失点後、みんなで話し合い、修正点を改善することが2点目、3点目につながったので良かったです。拮抗した展開の中で勝利することができたのを忘れず、AFC U-16女子選手権につなげられるように頑張ります。

MF 箕輪千慧 選手(日ノ本学園高校)
なでしこジャパンがオランダに負けてワールドカップ敗退となってしまったので、私たちは絶対に勝とうと思って試合に臨みました。前回のイタリア遠征や、先日のトレーニングマッチと比べて、攻守の切り替えや、相手のロングキックへの対応は良くなったと思います。後半の立ち上がりが悪く、1失点した後、悪い流れのまま連続して失点してしまったことが課題です。次の試合では、流れが悪い中でも、自分たちの力で流れを変えられるようにしたいです。

FW 藤野あおば 選手(十文字高校)
今回が初招集なので、自分のプレーを練習でアピールすることが重要だと思って活動に入りました。今日の試合の前に、所属チームの仲間が応援メッセージを送ってくれ、応援してくれる人たちのためにも、チームの勝利に関わるプレーをしようと思って試合に臨んだので、結果が出せてほっとしました。前半と後半で相手の勢いが変わりましたが、前半のうちにチャンスを決めきっていれば自分たちの流れのまま試合を運べたと思います。代表選手として注目され、プレッシャーのある中でも自分のプレーを出せるように頑張りたいです。

スケジュール

6月21日(金) PM トレーニング
6月22日(土) AM/PM トレーニング
6月23日(日) AM/PM トレーニング
6月24日(月) 8-0 トレーニングマッチ vs. PEC Zwolle
6月25日(火) AM/PM トレーニング
6月26日(水) 3-2 国際親善試合 vs. U-16オランダ女子代表
(Sportmedisch Centrum KNVB)
6月27日(木) AM/PM トレーニング
6月28日(金) AM/PM トレーニング
6月29日(土) AM トレーニングマッチ vs. U-17 DZC'68

※時間は全て現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

今後の予定

8月初旬 国内合宿
9月5日(木)~9月9日(月) AFC U-16女子選手権タイ2019直前合宿
9月9日(月)~9月28日(土) AFC U-16女子選手権タイ2019(直前合宿含む)

※日程は変更になる可能性があります。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー