JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-20フットサル日本代表、逆転でベトナムに勝利。準々決勝でイラクと対戦へ ~AFC U-20フットサル選手権イラン2019~

ニュース

U-20フットサル日本代表、逆転でベトナムに勝利。準々決勝でイラクと対戦へ ~AFC U-20フットサル選手権イラン2019~

2019年06月17日

U-20フットサル日本代表、逆転でベトナムに勝利。準々決勝でイラクと対戦へ ~AFC U-20フットサル選手権イラン2019~

U-20フットサル日本代表は16日(日)、AFC U-20フットサル選手権のグループステージでU-20フットサルベトナム代表と対戦しました。先制されたものの逆転し、後半は相手の攻撃を凌いで2-1で勝利、2連勝を飾っています。

日本とベトナムは、それぞれU-20フットサルタジキスタン代表に勝利をおさめ、決勝ラウンド進出を決めた状態で臨んだ一戦。日本は初戦のタジキスタン戦から先発を一人変更。GKに田淵広史選手、FPは畠山勇気選手、髙橋裕大選手、本石猛裕選手、そして山田慈英選手がスターティングファイブに名を連ねました。

両チームの力は非常に拮抗しており、序盤から両チームがチャンスをつくります。日本は10分過ぎから試合の主導権を握っていきます。ところが、前半14分に守備が寄せきれなかったところを突かれ、ミドルシュートを決められてしまいます。

それでも失点から30秒も経たないうちに、日本は左サイドから山田凱斗選手が左足でゴールを決め、1-1の同点に追いつきました。試合の流れ自体、悪くなかった日本は、その後も多くのチャンスをつくり出していくと、キックインから本石選手が強烈なシュートを突き刺し、2-1と逆転して前半を折り返しました。

後半に入ると、日本は何度も危ない場面を迎えます。24分には相手の強烈なシュートが枠を捉えますが、GKの田淵選手が鋭く反応して触ったボールはポストを叩きました。ピンチを凌いだ日本は、前半のリードを守り切って2-1で勝利しました。

この結果、日本はグループCの1位となり、前回大会に続き、準々決勝ではU-20フットサルイラク代表と対戦することになりました。初のベスト4進出を目指し、前回大会で敗れたイラクに借りを返せるか。注目の一戦は、18日(火)に行われます。

監督・選手コメント

鈴木隆二 監督
ベトナム代表との試合を2-1で勝利し、グループリーグを1位で突破することができました。失点直後に得点を奪い返したことや、苦しい時間帯にチーム全員でしっかり耐え抜いた選手を称えたいと思います。18日の準々決勝では前回大会で苦杯を嘗めたイラク代表と再び対戦することが決まりました。できる限りの準備をして決戦に臨みます。引き続き応援よろしくお願いいたします。

FP #10 山田凱斗 選手
先制された後に、すぐに取り返すことができて、チームに落ち着きを与えられたと思います。先制されてもチームに焦りはなく、自分たちのやることをやろうと、ベンチからも声が出ていましたし、監督からも指示がありました。そのなかで早い段階で同点にできたのは、よかったかなと思います。この先の戦いも、相手がどこであれ僕たちのやり方は変わりません。まずは前回大会の結果を超えられるように良い準備をしたいです。

FP #12 木村優太 選手
先制点を取られた後、すぐに取り返せたことが、すごく大きかったです。そのあと、もう1点取ることができたことで、チームとして勝利できたと思います。個人としては、どうしたらチームが機能するかを考えながら走っています。イラクは大きくて強いイメージなので、初戦で戦ったタジキスタンに似たイメージを持っています。自分たちのやることを変えなければ勝てると思うので、チームで一丸となって戦いたいです。

FP #14 山田慈英 選手
セットが変わりましたが、ピヴォのタケ(本石猛裕)は右利きなので、左利きの僕は斜めにパスを入れやすく、相性が良いんです。タケに当てていって、攻撃の流れをつくるということはできたかなと思っています。最後に決めないといけないのはありますが、良い感触をつかむことができました。次は前回大会で負けたイラクが相手なので、日本らしくハードワークをするフットサルで、その時のリベンジをする気持ちで戦いたいです。

スケジュール

AFC U-20フットサル選手権イラン2019
6月14日(金) 3-1 第1戦 vs. U-20フットサルタジキスタン代表
(Pour Sharifi Indoor Stadium)
6月15日(土) AM トレーニング
6月16日(日) 2-1 第2戦 vs. U-20フットサルベトナム代表
(Pour Sharifi Indoor Stadium)
6月17日(月) AM トレーニング
6月18日(火) 14:00 準々決勝 vs. U-20フットサルイラク代表
(Pour Sharifi Indoor Stadium)
6月19日(水) AM トレーニング
6月20日(木) TBC 準決勝(Pour Sharifi Indoor Stadium)
6月21日(金) AM トレーニング
6月22日(土) TBC 3位決定戦(Pour Sharifi Indoor Stadium)
TBC 決勝(Pour Sharifi Indoor Stadium)

※時間は全て現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更となる場合があります。

AFC U-20フットサル選手権イラン2019

期間:2019年6月14日(金)~2019年6月22日(土)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー