JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE アジアカップ奪還に向け、アブダビで始動~AFCアジアカップUAE2019(1/5~2/1)~

ニュース

SAMURAI BLUE アジアカップ奪還に向け、アブダビで始動~AFCアジアカップUAE2019(1/5~2/1)~

2019年01月04日

SAMURAI BLUE アジアカップ奪還に向け、アブダビで始動~AFCアジアカップUAE2019(1/5~2/1)~

AFCアジアカップUAE2019で王座奪還を目指すSAMURAI BLUE(日本代表)は3日(木)、早朝にアラブ首長国連邦(UAE)に入り、夕方からアブダビで初めてのトレーニングを行いました。

年末に千葉県内で5日間のトレーニングキャンプを行ったチームは12月30日の流通経済大学との練習試合後に解散し、大晦日、正月を経て、1月2日(水)の夜に再集合しました。新年を迎え、「新たにアジアカップに臨むという気持ちに切り替わっている」と話す森保監督は、「チャレンジャーとして準備する」とタイトル獲得に意欲を見せ、出発時の空港ではメディア・ファンの前で選手・スタッフとともに笑顔を見せていました。

アブダビでの初トレーニングとなったこの日は、長い移動の疲れから身体をほぐすようにランニングからスタート。体幹メニュー、パス交換などのボールフィーリングを確認する内容を挟みながら、スピードを変えてランニングを行い、フィジカルコンディションの向上に努めました。17:00のトレーニング開始時には、強い陽射しのもとで30度はあった気温も日の陰りとともに下がり、1時間ほど汗を流したあとは、ぐっと涼しくなりました。

夜遅くには、リーグ戦のため現地合流となっていたキャプテンのDF吉田麻也選手(サウサンプトン)、FW武藤嘉紀選手(ニューカッスル・ユナイテッド)、MF中島翔哉選手(ポルティモネンセSC)も現地入りしました。残り5日間で、グループステージ第1戦に向けてコンディションを高めるとともにチーム戦術の確認を進めます。

AFCアジアカップUAE2019は、5日(土)に開幕戦を迎え、地元UAEとバーレーンが対戦します。日本の初戦・対トルクメニスタン戦は、9日(水)15:00(日本時間20:00)よりアブダビのAl Nahyan Stadiumで行われます。

大会情報はこちら

選手コメント

DF #16 冨安健洋 選手(シントトロイデンVV/ベルギー)
12月26日に所属チームで試合もありましたし、移動の疲れはありますがコンディションに問題はありません。日本と比べると気温も高いですし、そこに慣れていく必要がありますので、トレーニングで積極的に身体を動かして汗を流して慣れていきたいです。(出場の有無が自分自身の)経験値として変わってくるので、ピッチに立てるようトレーニングからアピールしたい。また身体の準備はもちろんですが、心の準備、メンタルコントロールも大事にして、いい緊張感で初戦に臨めるように準備したいと思います。優勝には全員の力がないといけないですし、チームが一つになって戦う雰囲気づくりができれば優勝が近づいてくると思います。

MF #8 原口元気 選手(ハノーファー96/ドイツ)
細かな部分を詰めていかないといけない段階ですので、何かあったら話すというコミュニケーションはこの一週間で、より詰めていきたいです。良いときも悪いときも、こうした細かいところをやっていけるチームが勝つと思っています。

FW #11 北川航也 選手(清水エスパルス)
暑いイメージがありましたが、ここに来てみて、涼しいなというのが率直な気持ちで、サッカーをやりやすい環境だと思います。(初戦までに)自分自身のコンディションをいかにトップコンディションに上げられるか。チームとしてはどう戦うかの基盤があるなかで、全員とコミュニケーションを取りながら合わせていくことが必要だと思います。厳しい戦いになると思うので、23人全員で声を掛け合って戦っていきたいです。

スケジュール

SAMURAI BLUE(日本代表)のスケジュールはこちら

    • 長友佑都 選手(ガラタサライSK/トルコ) インタビュー

    • 北川航也 選手(清水エスパルス)インタビュー

    • 冨安健洋 選手(シントトロイデンVV/ベルギー)インタビュー

 

AFCアジアカップUAE2019

大会期間:2019/1/5(土)~2019/2/1(金)

グループステージ:
2019/1/9(水) 20:00キックオフ(日本時間)
vs トルクメニスタン代表

2019/1/13(日) 22:30キックオフ(日本時間)
vs オマーン代表

2019/1/17(木) 22:30キックオフ(日本時間)
vs ウズベキスタン代表

地上波放送:テレビ朝日系列にて生中継 予定
BS放送:NHKBS1にて生中継 予定

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー