JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-19日本代表選手紹介vol.7 AFC U-19選手権インドネシア2018

ニュース

U-19日本代表選手紹介vol.7 AFC U-19選手権インドネシア2018

2018年10月18日

U-19日本代表選手紹介vol.7 AFC U-19選手権インドネシア2018

10月18日(木)から11月4日(日)にかけて「AFC U-19選手権インドネシア2018」が開催されます。

予選を勝ち抜いた16チームが4チームずつの4グループに分かれてグループステージを戦い、上位2チームがノックアウトステージに進みます。上位4位以内でFIFA U-20 ワールドカップ ポーランド 2019への出場権を獲得します。

AFC U-19選手権インドネシア2018に出場するU-19日本代表を全7回にわたり紹介していきます。今回は下記4人をご紹介します。

FW 20 宮代大聖(川崎フロンターレU-18)

宮代 大聖

昨年、日本がベスト16進出に進んだFIFA U-17ワールドカップインド2017の主軸メンバー。今年1月のスペイン遠征から初めて一つ上の年代に当たるU-19日本代表入りを果たし、AFC U-19選手権2018を戦う最終メンバーにも食い込んできた。常にゴールから逆算した動き出しを見せる、得点に対してどん欲なストライカーだが、同時にポストプレーヤーでもある。前線でボールを収める能力に優れ、周囲の動き出しを引き出すこともできる。またU-19日本代表の練習試合ではサイドハーフとしてもプレーし、器用さも備えている。育成年代ではジュニアから川崎フロンターレのアカデミーでプレーを続けており、高校生ながら今年4月からプロ契約も締結している。

DF 21 荻原拓也(浦和レッズ)

荻原 拓也

埼玉県川越市の出身で、小学校時代は地域の強豪クラブである1FC川越水上公園にてプレー。中学年代から浦和レッズのアカデミーへ加入した。今季からトップチーム昇格を果たすと、3月のJリーグYBCルヴァンカップにおいて初出場で2ゴールをあげる衝撃的なデビューを飾った。爆発的なスプリント能力と左足から繰り出す強烈なキックが売りの選手で、育成年代やU-19日本代表では主に左サイドバックとしてプレー。浦和のトップチームではより攻撃的なポジションでも経験を積んできた。年代別日本代表には高校3年生だった2017年6月のリスボン国際トーナメントで初招集され、以降は昨年のAFC U-19選手権予選を含めてほとんどの海外遠征に参加。U-19日本代表に定着している。

DF 22 三國ケネディエブス(青森山田高)

三國 ケネディエブス

野火止サッカー同好会、東京 NOBIDOME FCを経て、青森山田中学校へと進学。現在は青森山田高校の主力選手として活躍を見せている。もともとはFW、あるいはサイドアタッカーとしてプレーしていた選手で、U-15日本代表の一員として参加したAFC U-16選手権2016予選でもFWとしてプレーしていた。しかし、昨年6月の東北高校サッカー選手権大会において自ら願い出て、センターバックへコンバートされることになった。身長192cmの高さを生かしたヘディングに加えてスピードもある。またキックの質が高く、左右両足均等にロングフィードを蹴ることができる。来季からはアビスパ福岡への加入が内定している。


GK 23 大迫敬介(サンフレッチェ広島)

大迫 敬介

鹿児島県出水市出身の大型GK。地元の江内サッカースポーツ少年団からFELICIDOD FOOTBALL CLUBを経て、高校年代からサンフレッチェ広島ユースへ加入。昨年プロ契約を結んだ。U-16から各年代別の日本代表を経験しており、FIFA U-20ワールドカップ2017へも飛び級で最終候補入りしていた。昨年12月にタイで行われたM-150 CUPにも、森保一監督率いるU-20日本代表の一員として出場を果たしている。大柄な体格を生かして相手FWに圧力をかける1対1の強さに加えて、DFライン後方にできるスペースを幅広くカバーする能力もある。またDF陣に安心感を与えるコーチングにも定評がある。

AFC U-19選手権インドネシア2018

大会期間:2018/10/18(木)~2018/11/4(日)
グループステージ第1戦 vs朝鮮民主主義人民共和国
CSテレ朝チャンネル2で日本戦を生中継予定
TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー