JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-17日本女子代表候補、FIFA U-17女子ワールドカップ前 最後のトレーニングキャンプが始まる

ニュース

U-17日本女子代表候補、FIFA U-17女子ワールドカップ前 最後のトレーニングキャンプが始まる

2018年09月26日

U-17日本女子代表候補、FIFA U-17女子ワールドカップ前 最後のトレーニングキャンプが始まる

11月13日(火)から開催されるFIFAU-17女子ワールドカップ ウルグアイ2018に出場するU-17日本女子代表は9月25日(火)、福島県のナショナルトレーニングセンターJヴィレッジで、ワールドカップ前の最後のトレーニグキャンプを開始しました。

Jヴィレッジのスタッフにエントランスで迎えてもらい、緊張の面持ちの選手たちでしたが、練習前のミーティングでは表情が変わり、良い緊張感のままトレーニングをスタート。トレーニング初日は天気の影響もあり、9月8日から利用が開始された全天候型練習場でトレーニングを行いました。

アジリティを含むアップを行い、4分間のYo-Yoテストから始まり、その後パス&コントロール等を行いました。最後にはハーフコートサイズで3対3のゲーム形式のトレーニングを行い、初日のトレーニングを終えました。夜のミーティングでは、このチームについて話し合い、映像を確認してこの日の活動を終えました。

26日(水)は午前中にトレーニングを行い、午後はふたば未来学園高校(男子チーム)とトレーニングマッチを行います。

選手コメント

GK 伊藤有里彩 選手(前橋育英高)
今回のキャンプでは、前回で課題となった「状況を判断して正確にキックする」、「バックパスを受けた時のファーストタッチ」「次に繋げられるようにテンポよく、1つ1つのプレーを丁寧に行う」ことを特に意識して取り組みました。最初のキーパートレーニングでは基礎的なことも丁寧に行い、他のメニューも良くプレーすることができて自信にも繋がりました。しかし、次に3対3プラスフリーマンの練習では、最初の落ち着きが緊張へと変わってしまい、思ったプレーができずミスもありました。なので、今回のキャンプで、前回の課題を解決し、今日できなかったことに自信をもってできるようにして、コーチや仲間からのたくさんの刺激をもらい、チャレンジし、成長して、ワールドカップのメンバーに選ばれるように積極的に平常心でアピールしていきたいです。

MF 大西若菜 選手(浦和レッズレディースユース)
今回のキャンプでは久しぶりにチャンスをいただいたことに感謝し、チャンスを掴めるように気持ちを入れ変え、今日のトレーニングに臨みました。大会に向けて気持ちが高まっている中、いろいろな選手たちと多くの場面でコミュニケーションをとりました。その中でも練習などで連携ミスや意見の食い違いがあったので、それをその場で修正し合えるように、声を掛け合っていきたいです。今日のミーティングで自分たちは客観的にみてどのようなチームかを話し合い、足りないことのほうが多々あったので、それを今回のキャンプで少しでも改善していけるように、他人に頼らず自分の良さを生かし、多くのことを学べるようにしたいです。

MF 西野朱音 選手(常盤木学園高)
今回のキャンプが初招集なので、自分のプレーを出せるように積極的にコミュニケーションを取りたいと思います。また、4日間という短い期間の中で、多くのことを学び吸収し、自己の成長につなげていきます。FIFAU-17女子ワールドカップを1ヶ月後に控えた最終選考なので、自分のストロングポイントである展開力と空中戦を活かすとともに、味方のより良い所も引き出せるよう頑張りたいと思います。初日のミーティングで言われた通り、遠慮や他人任せをなくし、自分たちでU-17日本女子代表チームを作っていくために、自分のチームでやっていけることが、このキャンプでできるように1つ1つの練習を無駄にせず取り組んでいきたいと思います。明日には、ふたば未来学園高校サッカー部とのトレーニングマッチを控えているので、午前の練習で味方としっかり合わせられるようにし、トレーニングマッチでは失敗を恐れずチャレンジし、自分の納得行くプレーができるよう、良い準備をしていきたいと思います。

FW 城和怜奈 選手(JFAアカデミー福島)
到着すると、Jヴィレッジの方々が歓迎してくださいました。震災から復興したJヴィレッジでプレーできることを光栄に思います。この良い環境でプレーできることに感謝し、サポートしてくださる方々に恩返しするためには結果を出すことだと思うので、このキャンプで一つでも多くのことを学べるようにしたいです。今日のトレーニングでは、声がけが少なく、周りとプレーの食い違いが多くあったので、明日のトレーニングではこの点を解決できるように頑張りたいと思います。ワールドカップまで残り少ない期間しかないので、いろいろな人とコミュニケーションをとれるようにしたいです。

スケジュール

9月25日(火) PM トレーニング
9月26日(水) AM トレーニング
16:00 トレーニングマッチ 対 ふたば未来学園高校サッカー部(男子)
9月27日(木) AM/PM トレーニング
9月28日(金) 9:30 トレーニングマッチ 対 帝京平成大学女子サッカー部

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

U-17日本女子代表 今後の予定

11/1(木)~12(月) FIFA U-17女子ワールドカップウルグアイ2018直前合宿
11/13(火)~12/1(土) FIFA U-17女子ワールドカップウルグアイ2018
関連情報
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー