JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > 「新しい力」で3度目の頂点を狙うなでしこジャパン EAFF E-1選手権決勝大会に臨む23名のメンバーを発表

ニュース

「新しい力」で3度目の頂点を狙うなでしこジャパン EAFF E-1選手権決勝大会に臨む23名のメンバーを発表

2017年11月29日

「新しい力」で3度目の頂点を狙うなでしこジャパン EAFF E-1選手権決勝大会に臨む23名のメンバーを発表

なでしこジャパン(日本女子代表)の高倉麻子監督は11月28日(火)、JFAハウス(東京都文京区)で記者会見を行い、12月8日(金)に開幕するEAFF E-1選手権決勝大会に臨むメンバー23人を発表しました。

11月21日(火)から24日(金)にかけて行ったヨルダン遠征のメンバーを中心に、GK山下杏也加選手(日テレ・ベレーザ)、DF坂本理保選手(AC長野パルセイロ・レディース)、FW菅澤優衣香選手(浦和レッズレディース)がなでしこジャパンに復帰しました。

大会に臨む高倉麻子監督は、「今日まで積み上げてきているなでしこのサッカーをこのE-1で試したい。攻守ともに全員がアグレッシブに戦い続けるというスタイルを出していきながら優勝を目指してチーム一丸となって戦っていきたい」と意気込みを語りました。

なでしこジャパンは8日(金)に韓国女子代表、11日(月)に中国女子代表、15日(金)に朝鮮民主主義人民共和国(DPR Korea)女子代表とそれぞれ千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ)で対戦します。

高倉監督は「変わっているチームもあるし、情報を集めにくいところもある」と前置きしつつ、「韓国は大きくメンバーを変えずに、順調に組織的な部分でも強化をして積み上げている。中国は先日、監督が代わったという情報が入っている。どんなサッカーをしてくるかというのは未知数ではあるが、今までと同じように自分たちのフィジカル的な強さを生かしながら戦ってくるのではないか。DPR Koreaはワールドカップ予選には出場しないので、どのようにチームをつくっているのか、若手中心でくるのか、今までのメンバーを中心にくるのかは読めないが、今までどおり攻守共に力強いサッカーをしてくると思う」とそれぞれの対戦チームの印象を語りました。

また、なでしこジャパンの現状については「合宿ごとにチームらしくなっていっている。今まで皆さんが見る機会は少なかったと思うが、新しい選手が新しい力を発揮して躍動してくれると思う。このチームはセットプレーでの得点はまだ少ないが、逆に流れの中でいろいろな選手が得点を取るという良さもあるので、そこを見ていただければ」と語り、「2010年に日本で東アジア選手権(現E-1選手権)が開催されたときに優勝している。そのときも多くの方に応援していただいて、優勝を勝ち取ることができた。今回も多くの方に来ていただいて、選手の背中を押していただければ」と来場を呼びかけました。

FIFA女子ワールドカップフランスへの出場権を懸けて来年4月に開催される2018 AFC女子アジアカップに向けて試金石となる今大会。なでしこジャパンは3度目の優勝を目指します。

監督コメント

高倉麻子 なでしこジャパン(日本女子代表)監督
攻守共にさまざまな課題を持ちながら私たちのチームは進んでいますが、大事なのはプレーの精度と強度です。ディフェンスならば個々の力強さ、寄せのスピード、どこで奪いにいくのかをチームとして統一していきたい。攻撃ではさまざまなタイプのフォワード、点の取れる選手がいるので、どの組み合わせでどのような化学変化が起きるかというのを各試合で試していきたいと思います。カップの懸かった試合でチームが全力で戦いながら何を出せるのかをこの大会で見られると思っています。勝つチームになるためには経験が必要だと思っているので、この大会は選手一人一人の糧になってくれたらいいなと思います。ワールドカップのアジア予選に向かってチームとして勝ちに行くということを全面に出して戦っていきたいと思います。

スケジュール

12月4日(月) 17:00 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
12月5日(火) AM/PM トレーニング【一般非公開】
12月6日(水) AM
PM
PM
トレーニング【一般非公開】
公式会見【一般非公開】
トレーニング【一般非公開】
12月7日(木) AM
PM
トレーニング【一般非公開】
公式練習【一般非公開】
EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会
12月8日(金) 18:55 第1戦 vs 韓国女子代表
(千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ))
12月9日(土) 11:00 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
12月10日(日) AM/PM トレーニング【一般非公開】
12月11日(月) 18:55 第2戦 vs 中国女子代表
(千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ))
12月12日(火) 11:00 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
12月13日(水) AM/PM トレーニング【一般非公開】
12月14日(木) AM/PM トレーニング【一般非公開】
12月15日(金) 18:55 第3戦 vs 朝鮮民主主義人民共和国女子代表
(千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ))

※スケジュールや会場は急遽変更になる場合がございます。

JFA‐TV

EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会

男女ともに、中国、日本、朝鮮民主主義人民共和国、韓国の4チーム総当りによるリーグ戦で東アジアサッカーの頂点を競います。12月8日(金)から16日(土)まで、男子は味の素スタジアム(東京)、女子は千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ/千葉)で行われます。

▼チケット好評発売中!

 

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー