JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > ユニバーシアード日本代表 トレーニングマッチでいわきFCに勝利

ニュース

ユニバーシアード日本代表 トレーニングマッチでいわきFCに勝利

2017年08月10日

ユニバーシアード日本代表 トレーニングマッチでいわきFCに勝利

トレーニングマッチ vs いわきFC
2017年8月9日(水) キックオフ時間 11:02 試合時間 20分×3本
いわきFCフィールド(福島県/いわき市)

ユニバーシアード日本代表 3-0(1本目1-0、2本目2-0、3本目0-0)いわきFC

得点
13分 名古新太郎(ユニバーシアード日本代表)
37分 ジャーメイン良(ユニバーシアード日本代表)
38分 岩崎尚将(ユニバーシアード日本代表)

1本目
GK:小島亨介
DF:岩武克弥、菊池流帆、坂圭祐、小池裕太
MF:守田英正、重廣卓也、名古新太郎、松田天馬、三笘薫
FW:中野誠也

2本目
GK:小島亨介
DF:坂圭祐、鈴木準弥、宮大樹、小池裕太
MF:守田英正、重廣卓也、戸嶋祥郎、名古新太郎、三笘薫
FW:旗手怜央

3本目
GK:永石拓海
DF:鈴木準弥、菊池流帆、宮大樹、岩崎尚将
MF:柴戸海、脇坂泰斗、戸嶋祥郎、旗手怜央、松田天馬
FW:ジャーメイン良

交代
31分 小島亨介 → 永石拓海
31分 小池裕太 → 岩崎尚将
31分 名古新太郎 → ジャーメイン良
31分 重廣卓也 → 脇坂泰斗
31分 守田英正 → 柴戸海

マッチレポート

8月18日(金)に開幕する第29回ユニバーシアード競技大会(2017/台北)に向け、国内最後の調整を続けるユニバーシアード日本代表は、9日(水)にいわきFCと練習試合を行い、3-0で勝利しました。

72年前、長崎に原爆が投下された同日同時刻にキックオフを迎えたこの試合は、犠牲者の方々への追悼の意を表し、全選手とスタッフが黙祷を捧げることから始まりました。20分×3本という短い時間の練習試合は、立ち上がりからユニバーシアード日本代表が圧倒。何度となく縦への鋭い攻撃を見せると、13分に松田天馬選手が右サイドを突破し、ゴール前にクロスをあげます。これに名古新太郎選手が頭で合わせユニバーシアード代表が先制。しかしその後は、中野誠也選手がたびたびゴール前に抜け出してセットプレーのチャンスを得るも、ゴールにはつながらず1-0で1本目は終了します。

続く2本目では、31分に5人の選手が一気に交代しました。すると、交代出場の選手がすぐに結果を出します。37分、まずは左サイドバックの岩崎尚将選手が中に入ってボールを受けると、阿吽の呼吸でジャーメイン良選手がゴール前に抜け出しました。ジャーメイン選手は岩崎選手からのパスを確実にゴールに叩き込み、2点目を挙げます。さらにその1分後、岩崎選手が左サイドから中に切れ込んでそのままシュートを放つと、これがゴール右隅に決まり3点目。ユニバーシアード代表がリードを広げます。

しかし3本目では、46分にジャーメイン選手、56分に旗手怜央選手、そして終了間際の60分に再びジャーメイン選手と、たびたび決定的なチャンスを迎えますが、いずれもゴールならず。60分を通じて相手に攻撃らしい攻撃をさせず無失点としたものの、3本目では追加点をあげることなく、3-0で国内合宿最後の練習試合を終えました。

選手コメント

DF #19 岩崎尚将 選手(桃山学院大学)
30分ほどの短い出場時間でしたが、その中で自分の持ち味を出すことを意識しました。今日はあまり守備の時間がなく、フリーでボールを受けることも多かったのでつなぎに入ったり、展開したり、ラストパスを出したり、いろいろと自由にやらせてもらいました。得点も狙っていたのですが、予想以上にいいところに入ってよかったです。個人的には、まず守備の面で相手に負けないようにしたいです。また守備から攻撃になったところで、裏に走ってフリーの状況をつくったり、おとりになったりと、自分の持ち味を出したいと思います。大会では、対戦相手のフィジカルも強くなると思うので、切り替えのところで負けないよう、全体の強度をあげていきたいと思います。

MF #8 重廣卓也 選手(阪南大学)
点をとれたことはよかったし、今日は攻撃の部分で縦へのボールがよく入ったと思います。ただもっと相手を見ながら、縦ばかりではなく横の動きも増やして攻撃できればもっとよかったです。守備面ではボールを失ったあとの切り替えが早く、ピンチも少なかった点は評価できると思います。個人的には怪我から復帰してまだ1週間ほどで、自分だけコンディションの調整が遅れていると感じています。ですが、チーム全員がそれぞれの立場での責任感や危機感を感じている中、今できることを一生懸命やっています。いい雰囲気の中で、金メダルに向けてこの合宿を迎えられていると思います。

FW #9 ジャーメイン良 選手(流通経済大学)
これまで失点が多いことがチームの課題とされていたので、無失点だったのはよかったと思いますが、3本目の試合で無得点だったことが反省点です。20分という短い時間でしたが決定機はありました。大会に勝ち進んで強い相手と対戦するようになれば、もっとチャンスは少なくなると思うので、1本のチャンスを決めきれる集中力をもって臨みたいです。以前の合宿より責任感をもってやらないといけないと思っていますし、グループリーグから大事な試合はたくさんあります。自覚をもって、この合宿に臨みたいと思います。

スケジュール

第29回ユニバーシアード競技大会(2017/台北)
8月19日(土) 11:00 vs マレーシア
8月21日(月) 16:00 vs カナダ
8月23日(水) 16:00 vs ウルグアイ
8月25日(金) TBC 順位決定戦
8月27日(日) TBC 順位決定戦
8月29日(火) TBC 順位決定戦

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

第29回ユニバーシアード競技大会(2017/台北)

2017/8/18(金)~2017/8/29(火)
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー