JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-20日本代表 ジュビロ磐田との練習試合に1-0で勝利

ニュース

U-20日本代表 ジュビロ磐田との練習試合に1-0で勝利

2017年05月13日

U-20日本代表 ジュビロ磐田との練習試合に1-0で勝利

U-20日本代表は12日(金)、ジュビロ磐田と練習試合を行い、1-0で勝利しました。

午前中に組み立てやセットプレー、PKなどのメニューをこなし、30分×2本の練習試合は午後5時半キックオフでスタートしました。1,100名の観客が見守るなか、5分、冨安健洋選手が左の三好康児選手へロングボールを送ります。三好選手がクロスを上げますが、小川航基選手のヘディングはうまく合いません。15分、久保建英選手からボールを受けた遠藤渓太選手がゴール前に持ち込もうとするも、これは磐田DFに阻まれます。得点シーンは24分。市丸瑞希選手のパスを久保選手がスルー、伊藤洋樹選手へと渡ります。伊藤選手のシュートがこぼれたところに反応した小川選手がゴールネットを揺らし、1-0とします。

後半、市丸瑞希選手をのぞいて全選手が入れ替わります。開始早々、ジュビロ磐田のシュートがバーを叩きます。その3分後にもシュートを打たれますが、これは波多野選手がセーブ。日本も38分、舩木翔選手が中盤でボールを奪うと素早く縦にパス、これを岩崎悠人選手が前線の田川選手へスルーパスを送るも、シュートはゴール右へと逸れます。その後も中盤の原輝綺選手、坂井大将選手らが関わって細かいパスワークで前線へとボールを運びますが決定的なチャンスは生まれず、試合は1-0のまま終了しました。

試合を終え、内山篤監督は「コンディションを確認することが狙いの一つ。まだばらつきがあるが、大会初戦に全員がベストの状態になるように積み上げていく」と語りました。唯一フル出場した市丸選手は、「パスの質やボールロストの多さが反省点。中盤でボールを失うと攻撃の起点にもなれないし、ピンチにもなる。修正したい」とコメント。遠藤渓太選手も「何度か相手にチャンスを作られてしまったし、得点以外ではチャンスの場面を作れなかった。もっと攻撃のバリエーションを増やしたい」と試合を振り返りました。

この日、前日の練習に参加していた森島司選手が、キャンプ前に痛めていた足首の状態を考慮してチームを離脱しました。急きょ、大会メンバーとして追加招集された髙木彰人選手は夕方に静岡に到着。髙木選手について内山監督は、「1次予選から参加し、チームのコンセプトを十分理解している選手。こうした状況でも落ち着いている」とコメントしています。

練習試合メンバー
1本目
山口瑠伊、初瀬亮、中山雄太、冨安健洋、藤谷壮、三好康児、伊藤洋樹、市丸瑞希、遠藤渓太、久保建英、小川航基

2本目
波多野豪、舩木翔、橋岡大樹、板倉滉、田中陸、坂井大将、原輝綺、市丸瑞希、堂安律、田川亨介、岩崎悠人

選手コメント

FW #9 小川航基 選手(ジュビロ磐田)
自分の持ち味は前で動きを止めないこと。それが出た得点だったと思います。ただ、もっと前線で起点になれたと思いますし、失う場面もあったので、本大会までの時間でコンディションを上げて、起点になって攻撃を活性化したいです。

DF #5 冨安健洋 選手(アビスパ福岡)
今日の練習試合では、縦パスやいい楔をもっと入れられればよかったと思います。そのためには、パススピード、テンポを上げていかなければいけません。相手を前に向かせないように守備をすることが大前提ですが、向かれても慌てずに、下がりながらでも対応しようという話をしています。後ろががたつくと全体が慌てるので、常に落ち着いてプレーすることを意識しています。

GK #21 山口瑠伊 選手(FCロリアン/フランス)
キャンプの数日前に日本に戻り、時差対策はしてきました。選手たちとはいいコミュニケーションが取れています。FIFA U-20ワールドカップは、日本がどれだけ結果を残せるかというのを、多くの人に見てもらえるチャンスだと思っています。

JFA-TV

      • FW #9 小川 航基 選手(ジュビロ磐田)コメント

      • MF #11 遠藤渓太 選手(横浜F・マリノス)コメント

      • MF #17 市丸瑞希 選手(ガンバ大阪)コメント

      スケジュール

      5月11日(木) PM トレーニング
      5月12日(金) AM
      1-0
      トレーニング
      練習試合 vs ジュビロ磐田(ヤマハスタジアム)
      5月13日(土)  AM/PM トレーニング
      5月14日(日) AM トレーニング
      5月15日(月) 18:30 親善試合 vs U-20ホンジュラス代表(エコパスタジアム)
      5月16日(火)    
      5月17日(水) PM トレーニング
      5月18日(木) PM トレーニング
      5月19日(金) PM トレーニング
      FIFA U-20ワールドカップ韓国2017
      5月20日(土) PM トレーニング
      5月21日(日) 17:00 グループステージ第1戦 vs U-20南アフリカ代表
      (Suwon World Cup Stadium/Suwon)
      5月22日(月) AM トレーニング
      5月23日(火) PM トレーニング
      5月24日(水) 20:00  グループステージ第2戦 vs U-20ウルグアイ代表
      (Suwon World Cup Stadium/Suwon)
      5月25日(木) TBC トレーニング
      5月26日(金) PM トレーニング
      5月27日(土) 20:00 グループステージ第3戦 vs U-20イタリア代表
      (Cheonan Sports Complex/Cheonan)
      5/30(火),31(水) or 6/1(木)   Round of 16
      6/4(日) or 6/5(月) 15:00/18:00
      17:00/20:00
      準々決勝(Jeonju/Daejeon/Suwon/Cheonan)
      6月8日(木) 17:00/20:00 準決勝(Daejeon/Jeonju)
      6月11日(日) 15:30/19:00 3位決定戦/決勝(Suwon World Cup Stadium)

      ※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
      ※時間は全て現地時間です。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー