JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表スペイン遠征 いよいよFIFA U-17ワールドカップインド2017に向けた活動がスタート

ニュース

U-17日本代表スペイン遠征 いよいよFIFA U-17ワールドカップインド2017に向けた活動がスタート

2017年02月23日

U-17日本代表スペイン遠征 いよいよFIFA U-17ワールドカップインド2017に向けた活動がスタート

今年10月に開催するFIFA U-17ワールドカップインド2017へ向けて、「00ジャパン」の活動が始まりました。

「00ジャパン」は昨年、9月にAFC U-16選手権インド2016に出場し、FIFA U-17ワールドカップインド2017の出場権を獲得した後、12月にチリで開催された「COPA UC 2016」に参加し、南米の強豪国との試合で、1対1の球際での闘いや試合での駆け引き、1点の重みを経験しました。チームは今回のスペイン遠征に始まり、3月にはアメリカ遠征、そして5月にアフリカ遠征を予定しており、この半年で4大陸の様々なサッカーに現地でふれ、厳しい経験を積み、世界との差を埋めていきます。今回のスペイン遠征でのテーマは、「日本の戦いを追求する」。個々のストロングだけでなく、チームの機動力と組織力を磨きます。

スペイン・マラガにてU-17スコットランド代表、U-17ロシア代表、U-17ベルギー代表と計5試合の親善試合を予定しています。対戦する3ヶ国は、3月中旬から開幕するUEFA U-17選手権に出場する為に勝ち残っている強豪チームです。

U-18日本代表同様、集合日翌日の21日(火)は、終日味の素ナショナルトレーニングセンターでフィジカルテストを行いました。各選手が自分の最大限の能力を測定する為、ハードな1日となりました。持久的な能力を測る「Yo-Yoテスト」では初招集となるデューク・カロルス選手が粘り強い走りを見せ、一番最後まで走りきった際には、全員で応援するなど素晴らしい雰囲気で遠征はスタートしました。その後、チームは乗り換えを含め約20時間の移動ののち、遠征先となるマラガに到着しました。

到着後は中馬健太郎コンディショニングコーチの元、時差対策とリフレッシュを兼ねて1時間ほどランニングを実施しました。

明日は2部練習を行い、明後日24日(金)にU-17スコットランド代表と対戦します。

選手コメント

DF #20 デューク・カルロス 選手(川崎フロンターレU-18)
U-17日本代表に招集されるとは思っていなかったので、素直に嬉しく思います。フィジカルチェックでは、種目ごとに特徴を持っている選手がストロングポイントでは能力を発揮しているなと感じたので、自身の足りない部分を今後、改善したいと思います。自分の長所である持久力をアピールできたことは良かったです。移動は長旅でしたが、時差ボケや体に対する負担の対策を取ったので、明日から全力でトレーニングに臨めます。自分の長所を出して、欧州の強豪国に対しても逃げずに、初めてだからといって遠慮するのはもったいないので、全てにおいて積極的にプレーしたいと思います。

DF #17 池髙暢希 選手(浦和レッズユース)
今回日本代表に招集されて大変嬉しいですし、自分がどれだけ通用するか楽しみです。しっかり自分をアピールして、今後の遠征のメンバーにも残っていきたいです。フィジカルチェックと移動の疲れがまだ残っていますが、到着後のランニングなどでリフレッシュできました。高いレベルの中で、相手チームと自チームから良さを奪いたいです。将来、海外でプレーしたいので今の自分に何が足りないのか、肌で感じ取りたいです。

FW #15 森海渡 選手(柏レイソルU-18)
10月の大阪トレーニングキャンプ以来の招集で、大変嬉しく思います。自分のプレーがどれだけできるかチャレンジしたいです。フィジカルテストでは、自分の体力のなさを改めて気付かされたので、所属チームで体力を向上させたいです。この遠征で学びたいことは、普段所属チームではプレーしていない2トップでの連携や、チーム全体で守備をすることを意識したいです。点を決める、アシストする、目に見える結果を残したいです。

スケジュール

2月22日(水) PM トレーニング
2月23日(木) AM/PM トレーニング
2月24日(金) 15:30 親善試合 vs U-17スコットランド代表
(Estadio La Línea de la Concepción)
2月25日(土) AM トレーニング
2月26日(日) 15:30 親善試合 vs U-17スコットランド代表
(Arroyo Enmedio)
2月27日(月) 15:30 親善試合 vs U-17ロシア代表
(San Pedro de Alcántara)
2月28日(火) AM トレーニング
3月1日(水) 15:30 親善試合 vs U-17ベルギー代表
(Estadio La Línea de la Concepción)
3月2日(木) 10:30 親善試合 vs U-17ベルギー代表
(San Pedro de Alcántara)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※時間は全て現地時間です。

 

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー